Home >  11011.ソニンクの06 >>  11 . ランフォルセ(ソニンクの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

11 . ランフォルセ(ソニンクの06)

【馬名】 11 . ランフォルセ(ソニンクの06)
【由来】Renforcer 音楽用語で「ますます強く」の意。留まるところを知らない成長力でチャンピオンホースになることを期待して。(仏語)

【性別】 牡
【毛色】 黒鹿毛
【父】 シンボリクリスエス
【母】 ソニンク (母父 マキャヴェリアン )
【生年月日】 2006年3月28日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 4,000 万円(一口価格 10 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 平均サイズで横見姿のバランスが良い本馬のポイントは、窮屈さのないしなやかな肩先と胴の動き、リズム良く大地を蹴る脚捌きと言えます。また、体型的にまだまだ若さを残すなか、人に従順かつ伸び伸びとした性格がスムーズな育成をうながしてもいます。放牧地で他馬と駆ける姿からは、レースにおいて不可欠な積極的な闘争心が窺え、常に自発的に行動を起こす賢さも持ち合わせています。兄弟はすべてサンデー系種牡馬にて母系のスプリント色が濃く出ておりましたが、父がかわった本馬は、持ち前のスタミナで距離延長もものともしない競走馬になりそうです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1996 生まれ、本馬は 10 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
----------
【初仔の生年月日】 2001/3/6
【競走年齢に達した産駒数】 5 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 3 頭
【代表産駒】 モンローブロンド(父サンデーサイレンス、牝)4勝
【産駒のデビュー時期の傾向】 2歳夏デビューが2頭、3歳春デビューが2頭です。
【産駒の馬場・距離適性】 芝短-中距離、ダート短距離

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 母は産駒の傾向を見ても繁殖ポテンシャルがかなり高い馬です。ただ、これまで思いのほか爆発を見せていません。自分に合う種牡馬にあたればクラシッククラスが出てもおかしくないですね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× ミスタープロスペクター 系
【同系の主な活躍馬】 ゼンノロブロイ、サイレンススズカ、フサイチエアデール、ザッツザプレンティ、スズカマンボ、ノーリーズンほか
【本馬のクロス】 ヘイルトゥリーズンの4×5、ナタルマの5×5、Nashuaの5×5
【牝系の特徴】 祖母ソニックレイディは、全欧3歳牝馬チャンピオンで英仏8勝、愛1000ギニー(GI)、サセックスS(GI)、ムーンランドロンシャン(GI)とGI3勝で、重賞7勝の名牝です。その産駒(母ソニンクの兄弟)からもシャーマン(父ブラッシンググルーム)、ハザーム(父ブラッシンググルーム)と2頭の重賞勝ち馬を輩出しています。曾祖母スタンプトも英4勝で重賞勝ち馬、5代母に英チャンピオンスプリンターのルーカスランドがいます。一本筋のとおった牝系に間違いありません。
----------
【父シンボリクリスエス】
【競走成績】 日で2~4歳時に15戦8勝。02年、03年年度代表馬、02年最優秀3歳牡馬、03年最優秀4歳以上牡馬。青葉賞-GⅡで初重賞制覇。東京優駿-GⅠはタニノギムレットの末脚に屈するも2着。秋は神戸新聞杯-GⅡを快勝後、古馬中距離戦線に挑戦し、天皇賞・秋-GⅠ、有馬記念-GⅠを制した。4歳時の天皇賞・秋-GⅠを1分58秒0のレコードタイムで駆け抜ける。有馬記念-GⅠでも9馬身もの大差をつけ、従来のレコードを破る2分30秒5の驚異的なタイムで有終の美を飾る。
【種牡馬実績】 04年より供用。この06年1歳世代が初年度産駒となる。
【2007年種牡馬リーディング】 222 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 0 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 0 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 0 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 0 %、2歳勝馬率 0 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
(3歳勝率 なし %、3歳勝馬率 0 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 初年度産駒が25頭目に初めて勝利しました。もしかしてちょっと晩成、あるいは勝ちみが遅い?いえいえ、まだ決めつけるのは時期尚早です。産駒は、骨格が良くて、早い時期から前後躯のバランスが良いのが特徴です。個人的には父に似て無駄な筋肉が少なく、胸囲があって、飛節が力強いタイプを選びたいですね。父系はヘイルトゥリーズン系としてはスタミナ傾向の強いロベルト系のKris Sで、その母父にタフでスタミナがあるプリンスローズ系のプリンスキロがいます。一方、母父はスピード持続力のあるボールドルーラー系(シアトルスルー)種牡馬で、母系の底流には底力のあるトムフールなどが入っています。総じて仕上がりの良さと成長力にあふれ、芝の中-長距離をベースにしたタフなスピード持続型の血統と言えるでしょう。相手繁殖が”スピード”と”切れ(決め手)”を軸とする血統であればバランスは文句なしですね。
----------
【母父マキャヴェリアン】
【競走成績】 英愛仏で7戦4勝。モルニ賞-GⅠ、サラマンドル賞-GⅠ、英2000ギニー-GⅠ2着、愛2000ギニー-GⅠ4着
【種牡馬成績】 ヴェットーリ(仏2000ギニー-GⅠ)、タイブラック(仏1000ギニー-GⅠ)、アルムタワケル(ドバイWC-GⅠ、ジャンプラ賞-GⅠ)、ストリートクライ(ドバイWC-GⅠ、スティーブンフォスターH-GⅠ)、ライトアプローチ(ドバイDF-GⅠ)、ストーミングホーム(英チャンピオンS-GⅠ、CLハーシュ記念ターフCS-GⅠ)、メディシアン(ロッキンジS-GⅠ、エクリプスS-GⅠ、セレブレイションマイル-GⅡ)、レベッカシャープ(コロネーションC-GⅠ)、パタヴェリアン(アベイユドロンシャン賞-GⅠ)、ベストオブザベスツ(イスパーン賞-GⅠ、ギョームドルナノ賞-GⅡ)、インヴァーマーク(カドラン賞-GⅠ)
【母父成績】 シャマーダル(仏ダービー-GⅠ、仏2000ギニー-GⅠ、デューハーストS-GⅠ、セントジェームズパレスS-GⅠ)、アサクサデンエン(安田記念-GⅠ、同2着、京王杯SC-GⅡ)、エンシャントワールド(ヴィトリオディカプア賞-GⅠ)、マイネルスケルツィ(NZT-GⅡ)、フライトオブファンシー(英オークス-GⅠ2着)、スウィフトカレント(小倉記念-GⅢ、日経新春杯-GⅡ2着)、モンローブロンド(ファンタジーS-GⅢ2着)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ 牝系がすごくしっかりしています。配合的には父シンボリクリスエスがスタミナ重視の配合に対して、母は、スタミナベースにスピードを配合した非常にバランスの良い血統です。マキャヴェリアンは、父馬だと短-マイルが主体ですが、母系に入ると距離が伸びてマイル-中距離までこなします。父シンボリクリスエスということを考えると十分クラシックディスタンスを走れる馬と言えます。一見”決め手”不足という感じもありますが、そこは新種牡馬キングカメハメハの”瞬発力”が”決め手”として遺伝するのに期待しましょう。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 萩原清
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 33 位
勝ち数 26 勝、勝率 12.0% 、連帯率 25.0%
主な管理馬 プリサイスマシーン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ この厩舎は毎年コンスタントに勝ち星をあげている厩舎です。超大物こそ出ていませんが、仕上げは上手で、複勝率が高い厩舎です。騎手は後藤騎手、横山騎手、松岡騎手などを主に使います。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:445kg
体高:155.5cm
胸囲:176cm
管囲:19.8cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ 強い意志が感じられる目をした馬です。手綱から人には従順そうで、馬には闘争心むき出しというタイプではないでしょうか。馬体は、母ソニンクの産駒特有の柔らかそうな筋肉を身にまとっています。繋ぎの角度、トモの幅、奥行きとも申し分なく、飛節にもう少し力強さが欲しいですが、現状ではまずまずでしょう。ソニンクの代表産駒になってもおかしくない好馬体です。馬体サイズもちょうど良いです。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ まず馬体は募集馬の中でも五本の指にはいる好馬体です。ほとんど欠点らしい欠点はありません。あとはソニンクの産駒傾向が比較的早いデビューなので、無事にそれにあった成長過程をたどることだけですね。厩舎も最高ですしね。
----------------------------

カテゴリー: 11011.ソニンクの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

11 . ランフォルセ(ソニンクの06)を紹介する。

関連記事

11 . ランフォルセ(ソニンクの06)  

11 . ランフォルセ(ソニンクの06)へのコメント

てっちぃー

こんにちは、いつも楽しみに拝見しています。
私も今回、ソニンク06についてはトモのボリューム感が足り無い感じを拭えなかったものの、これから発達していく余地があると見込んで1口行きましたが、楽天馬さんはどう思われますか?主観的な意見で構いませんので聞かせていただければ嬉しいです。 

| 2007年9月30日 00:23 |

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー