Home >  16016.ウェルシュマフィンの06 >>  16 . スウィートマフィン(ウェルシュマフィンの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

16 . スウィートマフィン(ウェルシュマフィンの06)

【馬名】 16 . スウィートマフィン(ウェルシュマフィンの06)
【由来】Sweet Muffin 「甘くて美味しいマフィン」の意。母名の一部を引用。(英語)

【性別】 牝
【毛色】 黒鹿毛
【父】 ダンスインザダーク
【母】 ウェルシュマフィン (母父 カーリアン )
【生年月日】 2006年6月7日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 2,400 万円(一口価格 6 万円)
----------------------------
画像の確認

【カタログのコメント】 遅生まれの本馬ですがその成長力は素晴らしく、既に早生まれの仔と同等の馬格があり、スラリとした脚の長さ、窮屈感のない首から背中、腰へと続くライン、小振りながら高い重心を持つ臀部と、父の産駒の特徴がよくあらわれています。それでいて華奢な感じは全くなく、上への成長から横への成長へシフトしてきた馬体は、タイキシャトルを世に送り出した母との相性の良さの表れと言えます。動きもパワフルで快活、全身をダイナミックに使うその走りは非常に目を惹きます。それでもまだ成長期であり、じっくりと育て上げて更なるパワーアップを目指します。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1987 生まれ、本馬は 19 歳の時の産駒
【母の戦歴】 英2勝、米3勝
【主な勝ち鞍】 1000ギニーズトライアル-L
----------
【競走年齢に達した産駒数】 10 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 6 頭
【代表産駒】 タイキシャトル(父デヴィルスバッグ)年度代表馬、最優秀古牡馬、最優秀短距離馬(2回)、10勝・仏1勝、マイルチャンピオンシップ(GI、2回)、スプリンターズS(GI)、安田記念(GI)、ジャックルマロワ賞(GI)など、種牡馬
【産駒のデビュー時期の傾向】 2歳11月-12月デビューが3頭いますが、全体として遅いデビューの産駒が多いです。
【産駒の馬場・距離適性】 ダート・芝短-マイル

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母は、すでに高齢ですが、デビュー前の本馬の一つ上の兄は別として、その上もそのまた上も勝ち上がっています。相手種牡馬を選ばない繁殖で、名繁殖と言って良いと思います。本馬も勝ち上がる可能性はかなり高いでしょう。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 ディープインバクト、スペシャルウィーク、ナリタブライアン、ダイワメジャー、グラスワンダー、ライスシャワー、タイキシャトルなど多数。
【本馬のクロス】 ニジンスキーの3×3
【牝系の特徴】 牝系はなかなかの広がりを見せており、本馬の母ウィルシュマフィンの功績によって、さらに大きくすそ野を広げました。牝馬は現役時代に活躍した馬は非常に少ないですが、繁殖として活躍した馬が多く、繁殖ポテンシャルはかなり高い牝系です。
【近親の活躍馬】 ピースオブワールド(父サンデーサイレンス、牝)4勝、阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、ファンタジーS(GIII)勝ち。
----------
【父ダンスインザダーク】
【競走成績】 日で2~3歳時に8戦5勝。96年最優秀3歳牡馬。菊花賞-GⅠ(芝3000m)、弥生賞-GⅡ(芝2000m)、プリンシパルS(芝2200m)、東京優駿-GⅠ2着、きさらぎ賞-GⅢ2着、ラジオたんぱ杯3歳S-GⅢ3着。
【種牡馬実績】 97年より供用。デルタブルース(メルボルンC-GⅠ、菊花賞-GⅠ、ステイヤーズS-GⅡ)、ザッツザプレンティ(菊花賞-GⅠ、ラジオたんぱ杯2歳S-GⅢ)、ツルマルボーイ(安田記念-GⅠ、金鯱賞-GⅡ、中京記念-GⅢ)、ダンスインザモア(スプリングS-GⅡ)、ファストタテヤマ(京都新聞杯-GⅡ、デイリー杯2歳S-GⅡ)、ダイタクバートラム(阪神大賞典-GⅡ、ステイヤーズS-GⅡ、北九州記念-GⅢ)、タガノマイバッハ(産経大阪杯-GⅡ、中京記念-GⅢ)、トーホウアラン(京都新聞杯-GⅡ、中日新聞杯-GⅢ)、ジョリーダンス(阪神牝馬S-GⅡ)、オイワケヒカリ(フローラS-GⅡ)
【2007年種牡馬リーディング】 3 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 20 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 5 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 7 %、2歳勝馬率 13 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 8 %、3歳勝馬率 37 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 母ダンシングキイには、スタミナ豊富なネイティブダンサー系レイズアネイティブ、リボー系Graustarkをベースに、スタミナと粘りのあるタフなスピード血統のニジンスキーを父に持つ、血統的に非常に完成度の高い繁殖です。相手には豊かなスピードを背景に”瞬発力”、”切れ”、”決め手”を持つ種牡馬が合うのですが、サンデーサイレンスはその点でこの繁殖にぴったり合う種牡馬だったと言えます。ダンスインザダーク自身は、スタミナ十分のステイヤーでありながら体型的には前躯もしっかりとしてスピードも十分兼備している。このため高速決着の中-長距離で強さを発揮できたと言えます。産駒は、比較的デビューが遅く、さらに開花も遅めのため、POG向きの種牡馬ではないものの、成長力に富み、大成したときには長く安定して芝中-長距離ステージで活躍します。牝馬に良績が少ないのは、その能力の開花時期や距離的に合う、合わないの兼ね合いによるものだと思います。走っている産駒は、トモに幅というより奥行きがあるものが多く、その点は要チェックです。相手繁殖には、単調なスピード血統だとかえって、父ダンスの良いところが出ない感じもあり、”スピード持続力”と”底力”のある血統背景の牝馬を選ぶと良いかもしれません。
----------
【母父カーリアン】
【競走成績】 英愛仏で8戦4勝。仏ダービー-GⅠ、ベンスン&ヘッジスゴールドC-GⅠ、アングルシーS-GⅢ、愛ダービー-GⅠ2着
【種牡馬成績】 ジェネラス(英ダービー-GⅠ)、マリエンバード(凱旋門賞-GⅠ)、フサイチコンコルド(東京優駿-GⅠ)、ゼンノエルシド(マイルCS-GⅠ)、シンコウラブリイ(マイルCS-GⅠ)、エルウェーウイン(朝日杯3歳S-GⅠ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 牝系はすばらしいの一語です。しかし、母ウェルシュマフィンの産駒は総じて晩成型で、そこに晩成血統のダンスインザダークです。さらに本牝系に活躍馬が少ない牝馬ということで不安要素が多いのは事実です。強いクロスになっているニジンスキーは、スタミナと粘りからスピード持続力が高い種牡馬です。母系のThatchもハイペリオン系で、血統的にはスピードがかなり足りないのですが、母の産駒はタイキシャトル(父デヴィルスバッグ)に代表されるように、短-マイルを主戦場にしているということで、なんとも不思議な血統であります。スタミナ型の配合である姉タイキマドレーヌ (父ブライアンズタイム、牝、3勝現役)も芝短距離で活躍しているので、この母は、相手種牡馬はあまり関係ないのかもしれません。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 二ノ宮敬宇
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 10 位
勝ち数 36 勝、勝率 11.0% 、連帯率 21.1%
主な管理馬 ロフティーエイム

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 昨年まで5年連続30勝以上している名トレーナーの一人です。これまで管理した馬にはダイワカーリアン、ホオキパウェーブなどがいます。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:421kg
体高:157.5cm
胸囲:168.5cm
管囲:19.8cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 △
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 顔から芯が強そうですが、手綱からそれほどうるさいタイプではないようです。首さしよく、前後に柔らかそうな筋肉をまとっています。胴は伸びやかで、脚はまっすぐで、繋ぎの角度も良く、飛節もしっかりしていて、これからトモの裏側に良い筋肉がついてきそうです。トモにもう少し奥行きが出てくるとさらに良いとは思います。現時点で、ちょっと後肢の歩様がふらふらしていますが、成長期ですので気にするほどではないでしょう。前肢の方がむしろ気になりますね。馬体重も現時点ではちょっと小さめですが、もうひとまわりは大きくなりそうなので、それほど心配しなくて良いようです。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 非常にバランスの良い馬ですが、気になるところは母が高齢だということと、この母の産駒がほとんど短距離馬だという点ですね。その点、父ダンスインザダークとの配合で、良い方に出るのか、相殺されて悪い方にでるのか、微妙ですね。いずれにしても脚もとや体質的な問題さえ出なければ、芝短距離を主戦場にして結構活躍してくれそうです。
----------------------------

カテゴリー: 16016.ウェルシュマフィンの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

16 . スウィートマフィン(ウェルシュマフィンの06)を紹介する。

関連記事

16 . スウィートマフィン(ウェルシュマフィンの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー