Home >  19019.スルーオールの06 >>  19 . マイティースルー(スルーオールの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

19 . マイティースルー(スルーオールの06)

【馬名】 19 . マイティースルー(スルーオールの06)
【由来】Mighty Slew 「巨大な力」の意。両親から受け継いだ力をターフで見せつけてほしい。母名の一部を引用。(英語)

【性別】 牝
【毛色】 芦毛
【父】 クロフネ
【母】 スルーオール (母父 シアトルスルー )
【生年月日】 2006年5月8日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 1,800 万円(一口価格 4.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 5月生まれを感じさせない中型の本馬は、牝馬ながら全体的に筋肉質で、特に背中から腰にかけてはその発達が目につきます。現状はやや首が短いものの四肢のバランスが良く、常に綺麗な姿勢で立ち姿を決めています。繋のクッションがしっかり利いており、脚元も丈夫そうです。素直で理解力に優れており、周囲で突然大きな音がした際にも本馬だけが動じることのない落ち着いた性格は、牝馬特有の繊細な気性で能力を発揮できない馬がいる中で大きな武器になることでしょう。放牧地では恵まれた体を十分に使った力強い走りをしており、血統通りにダートでパワーを見せつけるような競走馬になることでしょう。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1990 生まれ、本馬は 16 歳の時の産駒
【母の戦歴】 米2 戦
----------
【競走年齢に達した産駒数】 8 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】※米国含む 5 頭
【代表産駒】 スルーレート(父フレンチデピュティ、牝)2勝、フラワーC(GII)2着、クイーン賞(GIII)3着
【産駒のデビュー時期の傾向】 知り得る範囲では、2歳デビューの産駒が多い。
【産駒の馬場・距離適性】 芝・ダート、短-中距離

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母スルーオールは、なかなかの繁殖で、父との相性次第では、これからもある程度活躍する産駒を出す可能性はあるのではないでしょうか。理由は、産駒が母の出産年齢を無視して活躍馬が出ている点にあります。最初の産駒スルーオープニング(父Opening Verse)は6歳の時の産駒ですが、米9勝です。その後8歳で産んだグラスミライ(父シアトリカル)が1勝ですが、東京スポーツ杯3歳S(GIII)4着し、12歳で産んだスルーレートがフラワーC(GIII)であのシーザリオの2着にきています。一応、底が割れていない繁殖と言えます。ただ、出産年齢的にはピークは過ぎていますので、産駒は体質を含めて慎重に見なければなりませんね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ボールドルーラー 系
【同系の主な活躍馬】 アグネスワールド、カワカミプリンセス、ジョウテンブレーヴ、オースミタイクーン、カネトシガバナー、種牡馬ではファルブラヴがそうです。
【本馬のクロス】 Pokerの4×5、ボールドルーラーの5×5
【牝系の特徴】 祖母オーヴァーオールは、米6勝でスピナウェイS(GI)、メイトロンS(GI)とGI2勝(重賞5勝)と活躍しました。産駒にもフォーオールウィノウ(米4勝、レイヴンランS(GII)勝ち)や、ロブ(米6勝、種牡馬)などがいます。牝系は、非常にタフに走った馬が多いのが特徴です。
----------
【父クロフネ】
【競走成績】 日で2~3歳時に10戦6勝。01年最優秀ダートホース。ジャパンCダート-GⅠ(ダ2100m)、NHKマイルC-GⅠ(芝1600m)、武蔵野S-GⅢ(ダ1600m)、毎日杯-GⅢ(芝2000m)、神戸新聞杯-GⅡ3着、ラジオたんぱ杯3歳S-GⅢ3着。
【種牡馬実績】 02年より供用。フサイチリシャール(朝日杯FS-GⅠ、阪神C-GⅡ、東京スポーツ杯2歳S-GⅢ、萩S、スプリングS-GⅡ2着、共同通信杯-GⅢ2着、皐月賞-GⅠ5着)、ホワイトメロディー(関東オークス-GⅡ)、フラムドパシオン(ヒヤシンスS、UAEダービー-GⅡ3着)、シェルズレイ(ローズS-GⅡ2着、チューリップ賞-GⅢ2着、桜花賞-GⅠ5着)
【2007年種牡馬リーディング】 12 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 31 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 4 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 12 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 31 %、2歳勝馬率 36 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 10 %、3歳勝馬率 43 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 クロフネ産駒は、初年度からフサイチリシャールを輩出し、その後も勝馬率、勝率とも非常に良い成績です。ただ数字を見てわかるとおり、芝よりダートという傾向が若干強いですね。血統的には、父フレンチデピュティは、デピュティミニスター系で、逃げや追い込み一辺倒の馬が多いなど脚質的には不器用ですが、優れたスピード持続力を強く遺伝し、長い直線が得意な産駒が多いです。また、母系には典型的なスタミナ型のゲインズボロー系の血や、ヘイルトゥリーズン系の中でもスタミナに優れたロベルトなどが入り、”スピード”と”切れ”のあるナスルーラのクロスを持つなど、非常にバランスが良い血統構成だと思います。勝ち馬率、勝率ともタキオンにはかないませんが、かなりの成績と言ってよいでしょう。後はリシャールに続く大物を早い時期に出すことが、群雄割拠の種牡馬レースの中では至上命題と言えますね。産駒は、とにかく筋肉質で、芝・ダート兼用が多く、サンデー系に比べるとクッションが硬めの産駒が多いですが、ダート適性が示すとおり、この種牡馬に限っては、その部分はあまり気にする必要はないでしょう。せっかく芝・ダート兼用なのですから、基本的にあまりゴツゴツしていない産駒の方が走るステージが幅広く、オススメですね。
----------
【母父シアトルスルー】
【競走成績】 米で17戦14勝。ケンタッキーダービー-GⅠ、プリークネスS-GⅠ、ベルモントS-GⅠ、ウッドメモリアルS-GⅠ、シャンペンS-GⅠ、フラミンゴS-GⅠ、ウッドワードS-GⅠ、マルボロC-GⅠ
【種牡馬成績】 エーピーインディ(BCクラシック-GⅠ)、スウェイル(ケンタッキーダービー-GⅠ)、スルーオーゴールド(ジョッキークラブGC-GⅠ2回)、ダンツシアトル(宝塚記念-GⅠ)、タイキブリザード(安田記念-GⅠ)
【母父成績】 レモンドロップキッド(ベルモントS-GI、トラヴァースS-GI)、シーキングザパール(モーリスドギース賞-GI、NHKマイルC-GI)、アグネスワールド(ジュライC-GI、アベイユドロンシャン賞-GI)、カワカミプリンセス(優駿牝馬-GI)、ヒシアケボノ(スプリンターズS-GI)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ もともとは中距離血脈だった母系に、ミスプロが入ったことで祖母オーヴァーオールからガラッとこの牝系の脚質がかわり、母スルーオールの産駒は、どちらかというと”スピード”優先の印象が強いですね。ですから相手種牡馬には、どちらかというと”スタミナ”や”粘り”のある血統背景が欲しいわけですが、姉のスルーレートが成功したように、改めてタフなスピード持続型の種牡馬とは相性が良いと思われますので、クロフネとはおもしろいところに目を付けましたね。クロフネとの配合によって、これまでの産駒のようなどっぷりとした胴回りの重厚感は和らぎ、それでいて脚元の軽さは、これまでの産駒と変わりません。配合の妙ですね。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 大久保洋吉
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 15 位
勝ち数 34 勝、勝率 9.9% 、連帯率 20.6%
主な管理馬 トウショウシロッコ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ ここ10年くらいの間30勝前後から40勝を稼ぎ出している実績のある厩舎です。これまでの管理馬にはメジロドーベル、ハイアーゲームなどがいます。そろそろダービーなど大きいところをとれる馬がまわってきそうな気配のする厩舎ですね。騎手は吉田豊騎手を中心に乗せているようです。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:445kg
体高:158cm
胸囲:173cm
管囲:20.3cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 △
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 顔はきつそうですが、手綱から人には従順なようです。首差しは良くて、脚はまっすぐです。繋ぎの角度も良くて、トモの幅もあり、張りもあります。飛節からトモの裏側にかけて既に良い筋肉がつく素養が見られます。特にトモの形がクロフネに似ていますね。馬体のサイズはちょうどよく、歩様も柔らかいですね。左右に多少脚元がふらつきますが、成長途上ですので、これからしっかりしてくるでしょう。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母は、繁殖としてのピークを過ぎた感がありますが、これからもそこそこ活躍馬を出してくる可能性は十分にあると思います。厩舎も良く、父と母の相性も良さそうな感じがしますので、芝・ダート兼用でクロフネ産駒らしい活躍を期待したいですね。
----------------------------

カテゴリー: 19019.スルーオールの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

19 . マイティースルー(スルーオールの06)を紹介する。

関連記事

19 . マイティースルー(スルーオールの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー