Home >  20020.ブルーラスターの06 >>  20 . シャルトルブルー(ブルーラスターの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

20 . シャルトルブルー(ブルーラスターの06)

【馬名】 20 . シャルトルブルー(ブルーラスターの06)
【由来】Chartres Blue シャルトル大聖堂にあるステンドグラスの青い色彩。母名より連想。(仏語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 クロフネ
【母】 ブルーラスター (母父 ヌレイエフ )
【生年月日】 2006年4月2日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 1,600 万円(一口価格 4 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 成長途上ながらガッチリとして幅のある馬体は、まさにこの父の仔であることを物語っています。平均サイズよりやや小柄ではありますが、全身を使った大きなフットワークはひときわ目を惹き、父から受け継いだものがその体つきだけではないと確信できます。また性格は穏やかで、人あたりも柔らかく調教を進めていく上ではもちろん、競馬に行っても有利に働くことでしょう。母の日本での産駒は種牡馬を選ぶことなく、重賞ウイナーを筆頭にすべて勝ち上がっています。本馬はパワーに勝るタイプで、素軽いタイプの全姉エルブランコとは一味違う活躍をしてくれそうです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
----------
【競走年齢に達した産駒数】 5 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 4 頭
【代表産駒】 グラスボンバー(父マキャヴェリアン、牡)7勝、福島記念(GIII)勝ち
【産駒のデビュー時期の傾向】 デビューは2歳7月から3歳1月までに集中しており、比較的早いと言って良いでしょう。活躍した産駒ほどデビューが早いです。
【産駒の馬場・距離適性】 芝短-中距離、ダート中距離

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 産駒は、相手種牡馬が芝傾向の種牡馬なら芝、ダート傾向が強い種牡馬が相手ならばダートとはっきりしていますが、本馬は全姉がダートで12戦した後、最近になって芝中距離で2戦していますので、やはり芝・ダート兼用に出るのではないかと思われます。母の産駒成績は、若干尻すぼみ気味ですので、この辺でしっかりと活躍馬を出しておきたいところです。さて、繁殖としてのポテンシャルですが、その産駒傾向から考えると、ポテンシャルはまずまずではないかと思います。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 メイショウサムソン、フサイチコンコルド、ローレルゲレイロ、エイシンプレストン、メジロブライト、マグナーテン、ハギノハイグレイドなど多数
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの5×3、ニアークティックの5×4
【牝系の特徴】 祖母ブルーノートは仏5勝でモーリス ド ギース賞(GII)勝ち馬で、産駒に種牡馬ザイーテン、全欧2歳牝馬チャンピオンのブルーダスターがいる名牝です。牝系は枝葉を世界中に広げています。
----------
【父クロフネ】
【競走成績】 日で2~3歳時に10戦6勝。01年最優秀ダートホース。ジャパンCダート-GⅠ(ダ2100m)、NHKマイルC-GⅠ(芝1600m)、武蔵野S-GⅢ(ダ1600m)、毎日杯-GⅢ(芝2000m)、神戸新聞杯-GⅡ3着、ラジオたんぱ杯3歳S-GⅢ3着。
【種牡馬実績】 02年より供用。フサイチリシャール(朝日杯FS-GⅠ、阪神C-GⅡ、東京スポーツ杯2歳S-GⅢ、萩S、スプリングS-GⅡ2着、共同通信杯-GⅢ2着、皐月賞-GⅠ5着)、ホワイトメロディー(関東オークス-GⅡ)、フラムドパシオン(ヒヤシンスS、UAEダービー-GⅡ3着)、シェルズレイ(ローズS-GⅡ2着、チューリップ賞-GⅢ2着、桜花賞-GⅠ5着)
【2007年種牡馬リーディング】 12 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 31 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 4 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 12 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 31 %、2歳勝馬率 36 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 10 %、3歳勝馬率 43 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 クロフネ産駒は、初年度からフサイチリシャールを輩出し、その後も勝馬率、勝率とも非常に良い成績です。ただ数字を見てわかるとおり、芝よりダートという傾向が若干強いですね。血統的には、父フレンチデピュティは、デピュティミニスター系で、逃げや追い込み一辺倒の馬が多いなど脚質的には不器用ですが、優れたスピード持続力を強く遺伝し、長い直線が得意な産駒が多いです。また、母系には典型的なスタミナ型のゲインズボロー系の血や、ヘイルトゥリーズン系の中でもスタミナに優れたロベルトなどが入り、”スピード”と”切れ”のあるナスルーラのクロスを持つなど、非常にバランスが良い血統構成だと思います。勝ち馬率、勝率ともタキオンにはかないませんが、かなりの成績と言ってよいでしょう。後はリシャールに続く大物を早い時期に出すことが、群雄割拠の種牡馬レースの中では至上命題と言えますね。産駒は、とにかく筋肉質で、芝・ダート兼用が多く、サンデー系に比べるとクッションが硬めの産駒が多いですが、ダート適性が示すとおり、この種牡馬に限っては、その部分はあまり気にする必要はないでしょう。せっかく芝・ダート兼用なのですから、基本的にあまりゴツゴツしていない産駒の方が走るステージが幅広く、オススメですね。
----------
【母父ヌレイエフ】
【競走成績】 英仏で3戦2勝。トーマンブライアン賞-GⅢ
【種牡馬成績】 シアトリカル(BCターフ-GⅠ)、パントレセレブル(凱旋門賞-GⅠ)、ミエスク(BCマイル-GⅠ2回)、スピニングワールド(BCマイル-GⅠ)、スキミング(パシフィッククラシック-GⅠ2回)、ブラックホーク(安田記念-GⅠ)
【母父成績】 キングマンボ(仏2000ギニー-GI、ムーンランドロンシャン賞-GI)、ジャングルポケット(東京優駿-GI、ジャパンC-GI)、デザートキング(愛ダービー-GI、愛2000ギニー-GI)、ステイトシティ(ドバイGS-GI)、ゴールドアリュール、イーグルカフェ、トゥザヴィクトリー、シンコウカリド、トーホウアラン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母母父Habitatは、Sir Gaylord直仔で、その系統そのままに短-マイルを守備範囲とする”スピード”に勝る種牡馬です。一方、母父ヌレイエフは、ノーザンダンサー系にあって、特に”粘り”に優れた血統で、産駒は本来はマイルですが、その粘りから長距離もこなす産駒を出している器用な種牡馬です。すなわち母系は、”スピード”と”粘り”が信条という感じですね。そこにクロフネで”スピード”が強化され、”瞬発力”が加わりました。おそらくは短-マイル前後を舞台に活躍する血統構成と言って良いでしょう。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 手塚貴久
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 45 位
勝ち数 23 勝、勝率 9.6% 、連帯率 19.6%
主な管理馬 グレイスティアラ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業9年目ですが、5年目からはずっと毎年20勝以上しています。これまでの管理馬にはコンラッド、アイルラヴァゲイン、グレイスティアラなどがいます。松岡騎手が多く、その他では菊沢騎手、田中勝春騎手を比較的多くつかっています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:403kg
体高:150.5cm
胸囲:169.5cm
管囲:19.2cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 顔は実に冷静そうで、聡明な感じです。首差しが非常に良くて、肩、胸と柔らかい筋肉をしょっています。脚はまっすぐですが、腕はなかなか太くて、肘から下が短く、繋ぎも角度良く、短めで、ケガが少なそうです。トモは幅も奥行きもあって、飛節もまずまずしっかりしていますから、これからさらにボリュームが出てくるでしょう。一つ上のインディゴライト(父ファルブラヴ)はちょっと胴が詰まり気味でしたが、本馬は、伸びやかに出ましたね。牧場の意図どおりではないでしょうか。距離もその分、マイル前後まで大丈夫そうですし、もしかしたら気性的におとなしいようですので、中距離までこなしてしまうかもしれません。ちょっと馬体が小さいのが残念ですね。★をひとつマイナスします。ただ、歩様などがしっかりしていますので、意外と早くにデビューできるかもしれませんね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 基本的に勝ち上がり率はかなり高い繁殖ですから、元は十分にとれる可能性が高い馬だと言えます。厩舎も非常に良いですし、あとは馬体がもう少し欲しいですね。このサイズだとこの馬のバネを考えると、脚元への反動が怖い感じがします。
----------------------------

カテゴリー: 20020.ブルーラスターの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

20 . シャルトルブルー(ブルーラスターの06)を紹介する。

関連記事

20 . シャルトルブルー(ブルーラスターの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー