Home >  21021.ムガメールの06 >>  21 . スティアレッジ(ムガメールの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

21 . スティアレッジ(ムガメールの06)

【馬名】 21 . スティアレッジ(ムガメールの06)
【由来】Steerage 「操舵」の意。 しっかりとした舵取りで大舞台に進めてほしい。 父名より連想。(英語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 クロフネ
【母】 ムガメール (母父 ミスタープロスペクター )
【生年月日】 2006年3月24日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 1,600 万円(一口価格 4 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 父の産駒らしい雄大な馬体の持ち主で、大きな腹袋を中心に横見姿の正方形の造りが実にバランス良く整っています。すでに現時点でも全体の筋肉のつき方がしっかりとしており、マシン運動から騎乗調教へと進むにつれて更に大きく変わりそうな気配が濃厚です。また素直な気性や大きなストライドのフットワークを無理なく繰り出す動きには、兄姉たちとは異なる資質が窺えます。クロフネ産駒らしく適性距離はスピード勝負の芝ならマイル前後、ダートではマイルを超えて中距離まで及ぶと思われ、母にとっての新たな配合が血統的な更なる開花を呼ぶ可能性は十分にある一頭と言えます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1996 生まれ、本馬は 10 歳の時の産駒
【母の戦歴】 仏入着
----------
【競走年齢に達した産駒数】 5 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 2 頭
【代表産駒】 メガトレンド(父サンデーサイレンス、牡)、4勝(現役)
【産駒のデビュー時期の傾向】 2歳時にデビューしたのは代表産駒のメガトレンド(父サンデーサイレンス)1頭だけ。後は3歳春以降。
【産駒の馬場・距離適性】 ダート中距離

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ データが少ないので、推定ではありますが、産駒の傾向から繁殖としてのポテンシャルはあまり高くないと思います。未出走引退した産駒もいて、総じて産駒の体質があまり強い方ではないからです。本当であればもっと活躍馬が出ていないといけない期待の繁殖ですが、思ったような成績が出ていないのはその辺に問題があるのだと思います。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ミスタープロスペクター 系
【同系の主な活躍馬】 コンゴウリキシオー、アサクサデンエン、シーキングザダイヤ、ビハインドザマスク、ホオキパウェーヴなど
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの5×4、ボールドルーラーの5×4、ニアークティックの5×5、ナスルーラの5×5
【牝系の特徴】 祖母イントレピディティは、全欧3歳牝馬チャンピオンで仏英5勝、英オークス(GI)、ヴェルメイユ賞(GI)、サンタラリ賞(GI)とGIを3勝したほか、ガネー賞(GI)2着、凱旋門賞(GI)4着、BCターフ(GI)4着、愛オークス(GI)4着など一線級の牡馬相手に活躍した名牝中の名牝です。その牝系は、遡ると数多くの重賞馬やチャンピオンホースをブラックタイプの中に見ることができます。
----------
【父クロフネ】
【競走成績】 日で2~3歳時に10戦6勝。01年最優秀ダートホース。ジャパンCダート-GⅠ(ダ2100m)、NHKマイルC-GⅠ(芝1600m)、武蔵野S-GⅢ(ダ1600m)、毎日杯-GⅢ(芝2000m)、神戸新聞杯-GⅡ3着、ラジオたんぱ杯3歳S-GⅢ3着。
【種牡馬実績】 02年より供用。フサイチリシャール(朝日杯FS-GⅠ、阪神C-GⅡ、東京スポーツ杯2歳S-GⅢ、萩S、スプリングS-GⅡ2着、共同通信杯-GⅢ2着、皐月賞-GⅠ5着)、ホワイトメロディー(関東オークス-GⅡ)、フラムドパシオン(ヒヤシンスS、UAEダービー-GⅡ3着)、シェルズレイ(ローズS-GⅡ2着、チューリップ賞-GⅢ2着、桜花賞-GⅠ5着)
【2007年種牡馬リーディング】 12 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 31 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 4 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 12 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 31 %、2歳勝馬率 36 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 10 %、3歳勝馬率 43 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 クロフネ産駒は、初年度からフサイチリシャールを輩出し、その後も勝馬率、勝率とも非常に良い成績です。ただ数字を見てわかるとおり、芝よりダートという傾向が若干強いですね。血統的には、父フレンチデピュティは、デピュティミニスター系で、逃げや追い込み一辺倒の馬が多いなど脚質的には不器用ですが、優れたスピード持続力を強く遺伝し、長い直線が得意な産駒が多いです。また、母系には典型的なスタミナ型のゲインズボロー系の血や、ヘイルトゥリーズン系の中でもスタミナに優れたロベルトなどが入り、”スピード”と”切れ”のあるナスルーラのクロスを持つなど、非常にバランスが良い血統構成だと思います。勝ち馬率、勝率ともタキオンにはかないませんが、かなりの成績と言ってよいでしょう。後はリシャールに続く大物を早い時期に出すことが、群雄割拠の種牡馬レースの中では至上命題と言えますね。産駒は、とにかく筋肉質で、芝・ダート兼用が多く、サンデー系に比べるとクッションが硬めの産駒が多いですが、ダート適性が示すとおり、この種牡馬に限っては、その部分はあまり気にする必要はないでしょう。せっかく芝・ダート兼用なのですから、基本的にあまりゴツゴツしていない産駒の方が走るステージが幅広く、オススメですね。
----------
【母父ミスタープロスペクター】
【競走成績】 米7勝、カーターH-GⅡ2着、ファイアクラッカーH-GⅢ2着。
【種牡馬成績】 フサイチペガサス(ケンタッキーダービー-GⅠ)、コンキスタドールシエロ(ベルモントS-GⅠ)、キングマンボ(仏2000ギニー-GⅠ)、シェイクハンド(NZT4歳S-GⅡ)、ショウリノメガミ(中山牝馬S-GⅢ)
【母父成績】 ノーリーズン(皐月賞-GI)、チョウカイキャロル(オークス-GI)、ゴールデンオピニオン(コロネーションC-GI)、ラハーン(英1000ギニー-GI)、ファインダーズフィー(エイコーンS-GI)、ゴッドオブチャンス(京王杯SC-GII)、ビハインドザマスク(スワンS-GII)、フサイチエアデール(4歳牝馬特別-GII、エリザベス女王杯-GI2着2回)など

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母ムガメールは、血統的にはかなり重厚で、母系に入って”底力”を発揮するプリンスキロから、直線の長い高速馬場で”スピード持続力”を発揮するボールドルーラー、深い洋芝が得意で、タフな”スタミナ”と”パワー”を伝えるサドラーズウェルズと配合されています。そこに”スピード持続力”と”瞬発力”に優れたクロフネが入ったことで、本馬は、直線で一気に追い込むようなスピード持続型の血統構成になっています。ただし、父と母父の産駒の傾向を考えると、芝・ダート兼用ながら、ダートに強くでる確率が高いでしょう。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 池上昌弘
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 34 位
勝ち数 25 勝、勝率 10.2% 、連帯率 15.9%
主な管理馬 フィールドオアシス

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業してしばらくは低迷を続けていましたが、ここに来て一昨年31勝、昨年25勝と気を吐いています。これまでの主な管理馬にはトウショウギアなどがいます。騎手は田中勝春騎手を中心に使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:437kg
体高:163cm
胸囲:182cm
管囲:20cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 △
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体は無駄肉がつかないタイプのようで、体質に問題がなければ、仕上がりは早そうです。顔はしっかりしていて賢そうで、首さしよく、脚もまっすぐで、繋ぎも角度良く、ちょっとジョイントが現状弱々しくは見えますが、クッションもやわらかそうです。足回りは軽そうですね。トモは幅はまずまずですが、寛骨の角度が若干きつく、奥行きがあまりありません。おそらく距離は短いでしょう。飛節のまわりもちょっと弱々しい感じなので、これからたくさん飼い葉を食べて、もう少し筋肉がついてくると良くなるのではないでしょうか。測尺は、まず問題なく、歩様も脚もとが若干遊びますが、前後とも関節自体は比較的柔らかい感じです。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ ダート色が強い血統構成ですが、馬体自体は非常に軽そうで、芝もいけそうな感じです。厩舎は最近調子を上げていますので、その勢いで本馬も活躍して欲しいですね。
----------------------------

カテゴリー: 21021.ムガメールの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

21 . スティアレッジ(ムガメールの06)を紹介する。

関連記事

21 . スティアレッジ(ムガメールの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー