Home >  22022.ホープチェストの06 >>  22 . ネオディメンション(ホープチェストの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

22 . ネオディメンション(ホープチェストの06)

【馬名】 22 . ネオディメンション(ホープチェストの06)
【由来】Neo Dimension 「新次元」の意。次元の違う走りを見せてくれることを期待して。父名より連想。(英語)

【性別】 牡
【毛色】 青鹿毛
【父】 ネオユニヴァース
【母】 ホープチェスト (母父 トニービン )
【生年月日】 2006年1月20日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 2,000 万円(一口価格 5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 全体的なバランスが良く、深い胸に引き締まった腹袋、そしてトモの筋肉も十分に付いており、黒光りした好馬体となっています。ここに来て体高もグンと伸びました。脚元も乾燥していて、放牧地での走りも軽いフットワークで機敏さと柔軟性を兼ね備えており、弾け飛ぶような瞬発力で圧倒的なスピードを見せています。性格は負けず嫌いで芯の強さをしっかりと持ち、前向きで活発なことからマイル以下の距離で最も能力を発揮すると思われます。気性を考慮すると仕上がりは早そうで、初年度から期待されている父の産駒だけに今からワクワクさせられる一頭です。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 20 戦 2 勝、地方1戦1勝
【母の馬場・距離適性】 ダートマイル前後
【母のデビュー時期】 3歳8月
【母の引退時期】 1999/9/5 (引退年齢 5 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2001/4/12
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 9 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 2 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 初仔は3歳9月デビュー、2番仔は2歳12月デビューで、特に傾向らしいものはない。
【産駒の馬場・距離適性】 ダート中距離

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖のポテンシャルは間違いなくある繁殖です。ただ、産駒に”切れ”、”決め手”が無い産駒が多いのが特徴ですね。相手種牡馬によってはおもしろい繁殖だと思います。ちなみにここ3年間は、不受胎、種付けせず、早期流産と、お産も苦戦しています。久しぶりの出産で起死回生を狙いたいところですね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× グレイソヴリン(ゼダーン) 系
【同系の主な活躍馬】 リンカーン、ハーツクライ、アドマイヤベガ、アドマイヤグルーヴ、ドリームパスポート、ヴィクトリーなど多数
【本馬のクロス】 5代アウトブリード
【牝系の特徴】 祖母マックホープは5勝馬ですが、兄弟にリアルバースデー(ダービー2着など)がいます。母ホープチェストの兄弟には、マッチポイントがいて、その産駒にはトウカイポイント(6勝、マイルチャンピオンシップ(GI)、中山記念(GII)勝ち)、パープルエビス(4勝、都大路S、博多S勝ち、スプリングS(GII)2着、アーリントンC(GIII)2着)がいます。飛び抜けた馬は少ないものの、平均値の高い産駒をだす牝系です。
【近親の活躍馬】 インテレット(2勝、アメリカJCC(GII)2着、毎日杯(GIII)2着)
----------
【父ネオユニヴァース】
【競走成績】 日で2~4歳時に13戦7勝。03年最優秀3歳牡馬。東京優駿-GⅠ(芝2400m)、皐月賞-GⅠ(芝2000m)、産経大阪杯-GⅡ(芝2000m)、スプリングS-GⅡ(芝1800m)、きさらぎ賞-GⅢ(芝1800m)、菊花賞-GⅠ3着、神戸新聞杯-GⅡ3着、ジャパンC-GⅠ4着、宝塚記念-GⅠ4着。
【種牡馬実績】 05年より供用。07年の1歳世代が初年度産駒。
【2007年種牡馬リーディング】 本邦新種牡馬 (2007/07/29現在)

【種牡馬の寸評】 "自身に似た産駒が少なかったサンデーサイレンスですが、このネオユニヴァースとマンハッタンカフェは、牧場でも父に良く似ていると言われています。現役生活を見ると早熟っぽいですが、3歳春に5戦は多かったですし、3歳時の宝塚記念挑戦も余計でした。私はこの時の疲労が秋以降の競馬に大きく影響したと思っています。確かに早熟かもしれませんが、そんなに底の浅い馬ではありません。

さて、血統ですが、母ポインテッドパスは、父がエタン系Krisです。特徴としてはネイティヴダンサー系そのままで”闘争心”、”スタミナ”、”パワー”という感じですね。一方、母系は延々と”スタミナ”、”底力”という血統ですから、”スピード持続力”はまだしも、まったく軽さがない感じです。そこにサンデーサイレンスで、本馬が生まれるのですから、サンデーの”スピード”と”決め手”は、さすがというほかはないですね。個人的には、相手繁殖は粘りのあるスピード持続型が良さそうな感じがします。そう考えると、日本では相手に困りませんね。ニジンスキー系、ボールドルーラー系、レッドゴッド系、ダンジグ系、リファール系、ネヴァーベント系、フォルティノ系などは相性が良さそうです。もちろん万能のノーザンテースト系や、ゼダーン系の中でもトニービンのように持続力+瞬発力を兼ね備えた血統も相手として良いのではないでしょうか。"
----------
【母父トニービン】
【競走成績】 英仏伊日で27戦15勝。凱旋門賞-GⅠ、ジョッキークラブ大賞-GⅠ、ミラノ大賞-GⅠ2回、共和国大統領杯-GⅠ2回、フェデリコテシオ賞-GⅢ
【種牡馬成績】 ジャングルポケット(東京優駿-GⅠ、ジャパンC-GⅠ)、ウイニングチケット(東京優駿-GⅠ)、エアグルーヴ(天皇賞・秋-GⅠ、優駿牝馬-GⅠ)、サクラチトセオー(天皇賞・秋-GⅠ)、オフサイドトラップ(天皇賞・秋-GⅠ)、ベガ(優駿牝馬-GⅠ、桜花賞-GⅠ)、ノースフライト(安田記念-GⅠ、マイルCS-GⅠ)、レディパステル(優駿牝馬-GⅠ)、テレグノシス(NHKマイルC-GⅠ)
【母父成績】 ハーツクライ(ドバイSC-GⅠ、有馬記念-GⅠ、京都新聞杯-GⅡ)、アドマイヤベガ(東京優駿-GⅠ、京都新聞杯-GⅡ)、アドマイヤドン(フェブラリーS-GⅠ、朝日杯FS-GⅠ、帝王賞-GⅠ、JBCクラシック-GⅠ3回)、アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯-GⅠ2回、ローズS-GⅡ)、リンカーン(日経賞-GⅡ、京都大賞典-GⅡ、阪神大賞典-GⅡ)、アドマイヤボス(セントライト記念-GⅡ)、ドリームパスポート(きさらぎ賞-GⅢ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 血統的には、非常にバランスが良いですね。母父トニービン、母母父ノーザンテーストは、いずれも母系に入ってしっかり自身の資質を伝える種牡馬ですが、トニービンから”瞬発力”と”持続力”、ノーザンテーストからは”スピード”、”スタミナ”、”底力”を得ています。父ネオユニヴァースの”軽さ”と”スピード”を得て、滑るようにターフを駆け抜けそうです。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 坂本勝美
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 85 位
勝ち数 16 勝、勝率 5.7% 、連帯率 10.4%
主な管理馬 ホッカイショコラ

◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ コンスタントに10勝はしていますが、なかなか20勝の壁を越えられないですね。これまでの管理馬にはジェミードレスがいました。騎手は、柴田善騎手、小林惇騎手、北村騎手などを使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:395kg
体高:153cm
胸囲:173.5cm
管囲:18.7cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 兄リヴインホープも好馬体でしたが、気性がダメで、騙馬になりました。本馬も顔は賢そうですが、気が強そうです。手綱がピンとはっていますので、おそらく間違いないでしょう。ただ、馬体は募集馬の中でも屈指の好馬体ですね。首差しがよくて、肩甲骨の線が立ち気味ですので、回転が早い走法の感じです。繋ぎの角度は良く、トモの張りがあって、しかもとても柔らかそうです。飛節の感じも良いので、トモはこれからもっと奥行きが出てきそうです。現状の歩様などからも完成度は非常に高いのですが、小さいのが全てですね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体に反動がきそうなくらいのサイズですね。おそらくは牧場でも言っていたとおり430キロか、それを切るくらいで出走することになるでしょう。ステイゴールドみたいな馬もいましたが、普通に考えればあまりたくさんレースを使える馬体ではありません。その辺の牧場の判断が、この馬体にして厩舎がイマイチなのでよくわかりますね。でも、これだけの好馬体ですから、何かあるかもしれませんよ。
----------------------------

カテゴリー: 22022.ホープチェストの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

22 . ネオディメンション(ホープチェストの06)を紹介する。

関連記事

22 . ネオディメンション(ホープチェストの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー