Home >  34034.マリリンモモコの06 >>  34.マリリンモモコの06(募集中止)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

34.マリリンモモコの06(募集中止)

【馬名】 34.マリリンモモコの06
【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 ホワイトマズル
【母】 マリリンモモコ (母父 リアルシャダイ )
【生年月日】 2006年5月6日 生まれ
【生産牧場】 社台ファーム
【募集価格】 1,000 万円(一口価格 2.5 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 骨量が豊富で、深い胸の造りやしっかりとした腹袋、そして全身を覆うボリューム満点の筋肉は兄イングランディーレの体躯にそっくりです。全体にコロンとした体つきですが、動かすと手先の返しが良く、球節の沈下も充分で柔軟な捌きをするタイプですので、芝レースの速い決着にも対応できるような競走馬に成長してくれるでしょう。人には従順ですが仲間には負けん気の強さを普段から見せており、レースに行っての勝負根性も期待できます。出来上がりは中型以上を想定しており、早期デビューからタフに走って、長い間楽しませてくれるような存在になってくれるのではと期待しています。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1986 生まれ、本馬は 20 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 25 戦 3 勝
【母の馬場・距離適性】 芝・ダート、中距離
【母のデビュー時期】 2歳10月
【母の引退時期】 1991/3/3 (引退年齢 5 歳)
----------
【初仔の生年月日】 1992/3/30
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 2 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 10 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 6 頭
【代表産駒】 イングランディーレ(父ホワイトマズル、中央・北海道・石川(交)8勝、天皇賞(GI)、日経賞(GII)、ブリーダーズゴールドC(GII)、ダイヤモンドS(GIII)、白山大賞典(GIII))
【産駒のデビュー時期の傾向】 傾向はまったくなく、2歳夏-3歳夏とバラバラです。2歳-3歳の冬デビューくらいが比較的多いくらいでしょうか。
【産駒の馬場・距離適性】 芝・ダート兼用の馬が多く、ダートの短いところを走ったりもしていますが、勝ち鞍を見ると明らかに中距離以上が多く、中距離以上に出た方が勝ち上がる確率も高くなっています。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖としては晩期にあたりますので、これからの産駒に大爆発を臨むのは酷ですね。また、現役時代にこれだけの数を走ったにもかかわらず、引退から繁殖までの期間が短く、疲労感を残して繁殖入りしたと思われますので、繁殖ポテンシャル(クラシックに勝つような勢いのある産駒が出る可能性)もかなり低いと思います。ただ、この繁殖はタフなんですよね。イングランディーレに代表されるように、古馬になってから、母のタフネスさが活きてきていることから、長い目でタフに走って活躍する馬がでる可能性はまだ十分にあると思います。この繁殖こそ、十分休ませて繁殖入りしていたら、クラシックの2冠、3冠をとるすごい産駒が出ていたかもしれませんね。実に菊花賞向きの繁殖でしたね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ヘイルトゥリーズン 系
【同系の主な活躍馬】 ブラックホーク、ポップロック、イングランディーレ、ブルーコンコルド、キングヘイロー、フサイチリシャール、ピンクカメオなど
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの4×4
【牝系の特徴】 曾祖母シャダイクリアーから、結構すそ野を広げている牝系ですね。タフに走った馬が結構いるのが特徴と言えば特徴でしょうか。
【近親の活躍馬】 ダイナマイトダディ(6勝、京王杯スプリングC(GII)、中山記念(GII)、京成杯(GIII))、トゥナンテ(8勝、毎日王冠(GII)、北九州記念(GIII)、愛知杯(GIII))
----------
【父ホワイトマズル】
【競走成績】 英仏米伊加日で2~4歳時に16戦6勝。93年伊最優秀3歳馬。伊ダービー-GⅠ(芝2400m)、ドーヴィル大賞-GⅡ(芝2500m)、KジョージⅥ世&QES-GⅠ2着2回、凱旋門賞-GⅠ2着。
【種牡馬実績】 95年より供用。シャドウゲイト(シンガポール航空国際C-GⅠ、中山金杯-GⅢ)、イングランディーレ(天皇賞・春-GⅠ、日経賞-GⅡ、ブリーダーズGC-GⅡ、ダイヤモンドS-GⅢ、白山大賞典-GⅢ)、スマイルトゥモロー(優駿牝馬-GⅠ、フラワーC-GⅢ)、ビハインドザマスク(スワンS-GⅡ、セントウルS-GⅢ、京都牝馬S-GⅢ)、トーセンダンディ(オールカマー-GⅡ、七夕賞-GⅢ2着)、プリンシパルリバー(全日本2歳優駿-GⅡ、羽田盃、北海道2歳優駿-GⅢ2着、ジャパンDD-GⅠ3着)、アサクサキングス(菊花賞-GI、きさらぎ賞-GⅢ、東京優駿-GⅠ2着)、マイシーズン(グランシャリオC-GⅢ、名古屋優駿-GⅢ2着)、フレアリングマズル(マイルグランプリ、JBCスプリント-GⅠ3着)、マズルブラスト(大井記念、東京記念)、オンユアマーク(東京記念)、コメディアデラルテ(京都新聞杯-GⅡ2着)
【2007年種牡馬リーディング】 22 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 23 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 0 %、2歳勝馬率 0 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 11 %、3歳勝馬率 30 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "産駒数も少なく、相手繁殖にも決して恵まれているわけではありませんが、それでこの産駒成績は立派です。そしてこの度、ついにクラシックを制しました。菊花賞馬アサクサキングスですね。この馬は、父の産駒らしい脚質の持ち主ですので、これから世界の舞台でも活躍が期待されます。

さて、ホワイトマズルの血統ですが、もともと父系ノーザンダンサー-リファール系も、かなりタフなスピード持続力を持っている血統ですが、母系はもっとすごくて、母父エラマナムーは芝の中長距離馬で、キングジョージの勝ち馬で、その母系にスタミナに良さのあるハイペリオンがいます。母系をたどっていくと、スピード持続型のボールドルーラーや、タフなスタミナ血統のトゥルビオン系のMy Babu,66戦43勝の芝・ダート兼用のタフな名馬ラウンドテーブルがいて、タフさにタフさをこれでもかと重ねた重厚な血統になっています。

この種牡馬から菊花賞馬、天皇賞馬が出るのは、必然だったのかもしれませんね。"
----------
【母父リアルシャダイ】
【競走成績】 仏で8戦2勝。ドーヴィル大賞-GⅡ、マロニエ賞、仏ダービー-GⅠ2着、サンクルー大賞-GⅠ3着、凱旋門賞-GⅠ5着
【種牡馬成績】 ライスシャワー(天皇賞春-GI2回、日経賞-GII)、シャダイカグラ(桜花賞-GI、ローズS-GII)、オースミシャダイ(日経賞-GII、阪神大賞典-GII)、イブキマイカグラ(阪神3歳S(GI)、弥生賞(GII)、NHK杯(GII))、ステージチャンプ(日経賞(GII))、ムッシュシュクル(阪神大賞典-GII、日経新春杯(GII)、AR共和国杯(GII))、サンライズフラッグ、ハギノリアルキング、サンライズジェガー、スピークリーズン、ランフォザドリーム、シクレノンシェリフ
【母父成績】 イングランディーレ(天皇賞春-GI、日経賞-GII、ブリーダーズGC-GII、ダイヤモンドS-GIII)、トウカイポイント(マイルCS-GI、中山記念-GII)、ブライドキム、フサイチランハート、ペインテドブラック、ボールドエンペラーなど

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 全兄が天皇賞馬ですから、父母の相性が悪いわけはありませんね。実際に、母父リアルシャダイは、ヘイルトゥリーズン系の中でもスタミナが勝ったロベルト系です。母父のノーザンテーストも非常にバランスが良い種牡馬ですので、後は本馬がどのような脚質に出るかということだけですが、芝の1800メートル以上のステージで走れるようなら、かなりおもしろいですね。ちなみに5代血統表の底の方にいるガーサントは、St. Serf、Parisina、St. Hilaire、Desmondの5×4×5×5のラインクロスを持った種牡馬で、かつては社台ファームの血統表のどこぞによく登場した馬ですね。私の知るところではエアグルーヴの母であるダイナカールの母父です。もうほとんどいなくなったハーミット系ですね。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 清水美波
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 106 位
勝ち数 13 勝、勝率 6.0% 、連帯率 11.0%
主な管理馬 マイネルガスト

◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 20勝した年もありますが、一桁の年もあり、成績がなかなか安定しない厩舎です。平均すると年間10勝ちょっとでしょうか。これまでの管理馬にはイングランディーレがいます。騎手は、蛯名騎手、田中勝春騎手、小林惇騎手などを使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:409kg
体高:147cm
胸囲:175cm
管囲:19cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体はいかにも中-長距離血統という感じですね。肩の角度がゆるめで、稼働域が広く、トモの形も上っ面が平らで、奥行きがあります。切れる脚こそないものの、長くスピードを持続する形と言えます。脚元の感じからするとまず芝ですね。この母の産駒としては、”走る馬体”と言って良いでしょう。繋ぎの角度よく、腹袋もしっかりしていて、内臓面の不安も少なそうです。測尺では、残念ながら馬体重がちょっとたりません。牝馬ですが、体高も低いので★ひとつマイナスします。本当なら★6つあっても良い馬体だと思います。歩様は、前の方がすごく柔らかくて非常に良いです。後ろは成長途上で腰高ですから気にする必要は無いでしょう。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ この馬は、今後の成長を特に見てみたい1頭ですね。母が高齢ですから、体質面だけが唯一の不安ですので、まずは体質面で問題ないか。血統面はしっかりしていて、距離はいかにもオークス向きですが、遅生まれですので、成長度合いがどうかということですね。それでもまずこの価格は安いと言えますね。
----------------------------

カテゴリー: 34034.マリリンモモコの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

34.マリリンモモコの06(募集中止)を紹介する。

関連記事

34.マリリンモモコの06(募集中止)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー