Home >  35035.タイキジュリエットの06 >>  35 . ナビエストークス(タイキジュリエットの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

35 . ナビエストークス(タイキジュリエットの06)

【馬名】 35 . ナビエストークス(タイキジュリエットの06)
【由来】Navier Stokes 宇宙船や飛行機で用いられる流体力学の方程式名。 父名より連想。(英語)

【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 タイキシャトル
【母】 タイキジュリエット (母父 クラフティプロスペクター )
【生年月日】 2006年3月28日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 3,000 万円(一口価格 7.5 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 強靭で柔軟性に富んだ良質の筋肉が前後躯にバランス良く付き、やや短めで骨太の脚がそれをしっかりと支えている本馬の馬体は、父タイキシャトルの長所を色濃く受け継いでいます。また、一介の短距離馬にありがちなカッとした燃えやすい気性でもなく、素直で落ち着いた性格も非常に好感が持てます。血統的に短距離適性があるのは間違いありませんが、気性を考慮すればマイルから中距離を守備範囲とするのではないでしょうか。母がコンスタントに走り続け、5勝を挙げたことからも本馬が2歳戦から勝ち上がり、なおかつ息の長い活躍を見せてくれることは容易に想像ができます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1995 生まれ、本馬は 11 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 26 戦 5 勝
【主な勝ち鞍】 市川S(1600万下)
【母の馬場・距離適性】 芝、マイル
【母のデビュー時期】 3歳3月
【母の引退時期】 2001/2/4 (引退年齢 6 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2003/2/28
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 13 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 3 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 0 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 デビューした産駒は2頭ですが、2歳12月、3歳8月と遅めです。ただ、まだ傾向と呼べる段階ではありません。
【産駒の馬場・距離適性】 デビューした産駒は、2頭ともダート短距離を走っています。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母は、数を多く走った馬で、しかも6歳まで走っていますので、疲弊している心配がある繁殖ですが、引退年に種付けされていないか、あるいは不受胎だったようで、実際に初仔の生年月日から推定すると、1年以上空いて、繁殖入りしていることになります。これは疲弊している可能性が高い繁殖にあって、非常に良いことだと思います。

しかしながら、産駒の成績や状態を見ると、やはり疲弊して繁殖入りした牝馬に見られる傾向を踏襲しており、現時点のデータだけだと繁殖のポテンシャルはやはり低い可能性があります。本馬が活躍して、その懸念を払拭してほしいところです。"
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× ミスタープロスペクター 系
【同系の主な活躍馬】 ゼンノロブロイ、サイレンススズカ、フサイチエアデール、ザッツザプレンティ、スズカマンボ、ノーリーズンほか
【本馬のクロス】 ヘイルトゥリーズンの4×5、ノーザンダンサーの5×4
【牝系の特徴】 母系はもともと米血脈ですね。重賞勝ち馬もちらほらいる血統ですが、日本に入って3世代目に入りましたが、まだ活躍馬と呼べる馬は出ていません。
【近親の活躍馬】 タイキウルフ(3勝、菖蒲S、福島3歳S、クリスタルC(GIII)2着)、ミュージックプロスペクター(英米8勝)
----------
【父タイキシャトル】
【競走成績】 日仏で3~4歳時に12戦10勝。顕彰馬、98年年度代表馬、98年最優秀4歳以上牡馬、97、98年最優秀短距離馬、98年仏最優秀古馬。ジャックルマロワ賞-GⅠ(芝1600m)、マイルCS-GⅠ(芝1600m)2回、スプリンターズS-GⅠ(芝1200m)、同3着、京王杯SC-GⅡ(芝1400m)、スワンS-GⅡ(芝1400m)、ユニコーンS-GⅢ(ダ1600m)。
【種牡馬実績】 99年より供用。02年ファーストシーズンリーディングサイアー。ウインクリューガー(NHKマイルC-GⅠ、アーリントンC-GⅢ)、メイショウボーラー(フェブラリーS-GⅠ、デイリー杯2歳S-GⅡ、根岸S-GⅢ、ガーネットS-GⅢ、小倉2歳S-GⅢ、スプリンターズS-GⅠ2着、朝日杯FS-GⅠ2着、皐月賞-GⅠ3着、NHKマイルC-GⅠ3着)、ゴールデンキャスト(セントウルS-GⅢ2回)、ウイングレット(中山牝馬S-GⅢ、同2着、京都牝馬S-GⅢ2着2回、秋華賞-GⅠ3着)、ディアチャンス(マーメイドS-GⅢ)、ディープサマー(クリスタルC-GⅢ、函館2歳S-GⅢ2着)
【2007年種牡馬リーディング】 20 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 18 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 5 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 6 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 10 %、2歳勝馬率 13 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 7 %、3歳勝馬率 29 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "種牡馬としてはまずまず成功していると言って良いでしょう。ただ、この距離の種牡馬はどうしても飽きられますので、寿命はクラシックディスタンスの種牡馬よりも短くなります。しかしこれまでのトータルの勝ち馬率は40%を越えており、なかなかの種牡馬と言って良いでしょう。

血統は、父デヴィルズバッグが、ヘイルトゥリーズン系の中でもスピードに長けたヘイロー系で、母は名牝バラードですから、近親にはセイントバラード、シングスピール、ラーイらの種牡馬達がいます。バラードは父がクラシックディスタンスで活躍したエルバジェ、母系にはNashuaのライバルであったハイペリオン系の名馬Swapsがいます。一方、タイキシャトルの母父は”スタミナ”と”粘り”でスピードを持続するニジンスキー系カーリアンです。

よって決して短距離やマイル一辺倒の血統ではないのに、何故かタイキシャトルはこの距離で活躍しました。おそらくはヘイロー系の特徴が強く出た種牡馬ということになるのではないでしょうか。産駒も、1400m前後の距離を中心に走っています。"
----------
【母父クラフティプロスペクター】
【競走成績】 米7勝、ガルフストリームパークH-GⅠ2着。
【種牡馬成績】 アグネスデジタル(香港C-GⅠ、天皇賞・秋-GⅠ)、デヴィアスコース(シガーマイルH-GⅠ)、ストーンステッパー(根岸S-GⅢ)、レディステラ(フェアリーS-GⅢ)
【母父成績】 ビッグテースト(中山グランドジャンプ(GI))、アグネスジェダイ(東京盃(大井交流GII)、ビッグショウリ(マイラーズC(GII))

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 血統構成は、典型的なスピード×スピードです。母タイキジュリエットの血統は、スピード優先のミスプロ系のクラフティプロスペクター、スピードで押しきるノーザンダンサー系ダンジグ、短-中距離で活躍したヘイルトゥリーズン系ストップザミュージックと、かなりスピードに偏重しています。一方、父タイキシャトルも、若干、持続力や粘りのある血が入っていますが、スピードが勝っていますので、両親ともスピード血統で、しかも距離も短距離、長くてもマイルまでという感じです。しかし、どうでしょう。これまでの産駒があまり走っていないのですから、このような思い切った配合もありではないかと思いますね。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 古賀慎明
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 145 位
勝ち数 10 勝、勝率 5.7% 、連帯率 19.4%
主な管理馬 アサヒライジング

◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業2年目で、昨年は10勝。いきなり管理馬アサヒライジング(秋華賞2着、ヴィクトリアマイル2着)が活躍中です。騎手は北村騎手、田中勝春騎手を多く使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:429kg
体高:154cm
胸囲:174cm
管囲:19.2cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体バランスは現状でもかなり良いですね。顔は軽そうで、首さしよく、肩の筋肉はしっかりとついています。脚元は柔らかそうで、背中も良い感じですね。トモも幅、奥行きともあって、形が実に良いですね。切れる脚を持った馬は、トモの上っ面の角度がこんな感じですね。飛節も力強くて、体重のかけ方も非常に良いです。測尺も問題なく、歩様もまずまず良いですね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ いろいろと背景にはマイナス点がある馬で、総括すると★4つが妥当だと思いますが、馬体の良さがそれらをカバーしていますね。この繁殖は、もしかしてこの父と相性が良いかもしれないなと思ってしまうような好馬体ですね。短距離に焦点をしぼった血統背景も良いです。その予測されるステージに実際の脚質が合えば、かなりやれそうな感じがあります。おそらくそれが価格に反映されているのではないでしょうか。
----------------------------

カテゴリー: 35035.タイキジュリエットの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

35 . ナビエストークス(タイキジュリエットの06)を紹介する。

関連記事

35 . ナビエストークス(タイキジュリエットの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー