Home >  38038.ニーニャデガルチの06 >>  38 . ワイルドフェロー(ニーニャデガルチの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

38 . ワイルドフェロー(ニーニャデガルチの06)

【馬名】 38 . ワイルドフェロー(ニーニャデガルチの06)
【由来】Wild Fellow 「暴れん坊」の意。とても前向きで気迫みなぎる走りを期待して。父名の一部を引用。(英語)

【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 ワイルドラッシュ
【母】 ニーニャデガルチ (母父 ガルチ )
【生年月日】 2006年2月19日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 3,800 万円(一口価格 9.5 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 雄大な馬格は上質な筋肉につつまれ、父の持つスピードとパワーが充分に継承されています。放牧地での身のこなしは柔軟でバネがあり、また躍動感に溢れているように、運動能力の高さを感じさせます。また、1歳馬離れした落ち着き払った気性でありながら群れの中で見せる負けん気の強さは並ではなく、相当な勝負根性を秘めていることが分かります。兄姉は堅実な成績を収めているものの、この輝かしい母系からすれば物足りず、ダート色の濃い父との配合がピタリと嵌まった本馬にはダートで無類の強さを発揮し、そんな鬱憤を払拭してくれると思われます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1993 生まれ、本馬は 13 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 16 戦 4 勝、地方2戦0勝
【主な勝ち鞍】 オホーツクH(900万下)
【母の馬場・距離適性】 芝・ダート、短距離
【母のデビュー時期】 3歳1月
【母の引退時期】 1997/12/13 (引退年齢 4 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2000/1/18
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 ? ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 4 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 3 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 2歳冬-3歳春にデビューしている産駒が多いですね。
【産駒の馬場・距離適性】 本質はダートのマイル-中距離ではないでしょうか。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母の産駒は、堅実に勝ち上がっています。初仔は死産でしたので、種付けの日にちがわかりませんが、普通に考えると現役引退後3ヶ月以上は空いていると思います。ポテンシャルはまず高いと思われますので、あとは空いて種牡馬との相性次第という感じでしょう。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ニアークティック 系× ミスタープロスペクター 系
【同系の主な活躍馬】 コンゴウリキシオー、シーキングザダイヤ、アサクサデンエン、ビハインドザマスク、ビッグショウリ、ラスカルスズカ、ホオキパウェーブなど
【本馬のクロス】 ニアークティックの4×5、ネイティヴダンサーの5×5
【牝系の特徴】 祖母ディーヴァズデビューはカナダ古牝馬チャンピオンで、その産駒にカナダオークス馬キャプディヴァがいます。またその祖母の兄弟には、スウィフトアンドボールド(米6勝、オンタリオコリーンH(GII))がいます。各世代に重賞馬が顔を出すなかなかの良血と言えるでしょう。
----------
【父ワイルドラッシュ】
【競走成績】 米で2~4歳時に16戦8勝。カーターH-GⅠ(ダ7F)、メトロポリタンH-GⅠ(ダ8F)、イリノイダービー-GⅡ(ダ9F)、ケンタッキーCクラシックH-GⅢ(ダ9F)、スワップスS-GⅡ3着、クラークH-GⅡ3着。
【種牡馬実績】 99年より米で、04年より日で供用。ステラージェイン(マザーグースS-GⅠ、ガゼルH-GⅠ、ラフィアンH-GⅠ)、ハリウッドストーリー(ハリウッドスターレットS-GⅠ、ヴァニティ招待H-GⅠ)、パーソナルラッシュ(ダービーグランプリ-GⅠ、ダイオライト記念-GⅡ、エルムS-GⅢ2回)、クイントンズゴールドラッシュ(レキシントンS-GⅠ)、バンクオーディット(ディスタフBCH-GⅡ、ジェニュインリスクH-GⅡ)、ウインブルドン(ルイジアナダービー-GⅡ)、フェンスラインネイバー(サンゴルゴニオH-GⅡ)、カーマンディア(ベッドオロージズBCH-GⅡ)、ドリームラッシュ(ナッソーカウンティBCS-GⅡ、オールドハットS-GⅢ)
【2007年種牡馬リーディング】 183 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 7 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 0 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 6 %、2歳勝馬率 9 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
【種牡馬の寸評】 "産駒は、ダート、マイル-中距離を主戦場にしている産駒がほとんどです。

血統を見てみるとポイントになっていると感じるのは、父ワイルドアゲインの母系にあるへイペリオン系、ダンテ、マームードの血の構成と、母プラグドニクルの父系にあるリボー系、バックパサー、トゥルビオン系My Babuの血の構成ですね。いずれも”底力”と”タフなスタミナ”を底上げしており、他の血の弱点を補っているように思います。産駒はちょっと重い馬場が合っているようですので、父系の血の特徴を若干強く受け継いでいるのかもしれません。相手繁殖は難しいですが、中途半端に軽い芝を得意とする繁殖よりも、むしろダートのスピード持続系の繁殖との配合の方がワイルドラッシュ自身の良さがでるのかもしれません。ちなみに代表産駒のパーソナルラッシュは、母父がパワーとスタミナに優れたネイティヴダンサー系アリダーです。"
----------
【母父ガルチ】
【競走成績】 米で32戦13勝。BCスプリント-GⅠ、カーターH-GⅠ、メトロポリタンH-GⅠ2回、ホープフルS-GⅠ、フューチュリティS-GⅠ、ウッドメモリアル招待S-GⅠ
【種牡馬成績】 サンダーガルチ(ケンタッキーダービー-GⅠ)、ネイエフ(ドバイシーマクラシック-GⅠ)、イーグルカフェ(ジャパンCダート-GⅠ)
【母父成績】 メディアパズル(メルボルンC(GI))、レフューズドベンド(英2000ギニー(GI))、ストロングブラッド(カブトヤマ記念(GIII))、リザーブユアハート(函館3歳S(GIII))

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ ワイルドラッシュに、母父がミスプロ系ガルチ、母母父がデピュティミニスターと、まさにダート血統ですね。しかもスピードとパワーとスタミナのバランスが非常に良いです。ダートのマイル-中距離でかなり活躍できそうな血統構成です。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 松山康久
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 56 位
勝ち数 21 勝、勝率 6.8% 、連帯率 12.9%
主な管理馬 カフェオリンポス

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 今年は重賞勝ち馬こそいないものの順調に勝ち星を稼いでいますね。連対率も3割台と非常に良い感じです。騎手は後藤騎手、柴田善騎手、勝浦騎手を中心に、横山騎手、石橋騎手など結構関東のジョッキーをまんべんなく使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:495kg
体高:163cm
胸囲:180cm
管囲:20cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体はがっしりタイプで、ダート向きです。首は細くて首さしも良いです。肩の筋肉は立派の一語、その角度から距離は若干短めでしょうか。足先も軽そうで、ジョイントもしっかりしています。胴回りは伸びやかで窮屈さがありません。トモのしっかりと筋肉がついており、飛節がすごく力強いのが良いですね。かなりバネもあるのだと思います。腰も強そうです。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 使い減りしないタイプではないでしょうか。走るステージは、ダートの短めのようですが、長く、たくましく、タフに走ってくれそうな馬です。気性が良いようならマイルくらいまで大丈夫ではないでしょうか。馬主孝行な馬になってくれそうな期待感一杯ですね。
----------------------------

カテゴリー: 38038.ニーニャデガルチの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

38 . ワイルドフェロー(ニーニャデガルチの06)を紹介する。

関連記事

38 . ワイルドフェロー(ニーニャデガルチの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー