Home >  39039.ヴァンドノアールの06 >>  39 . ピースエンブレム(ヴァンドノワールの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

39 . ピースエンブレム(ヴァンドノワールの06)

【馬名】 39 . ピースエンブレム(ヴァンドノワールの06)
【由来】Peace Emblem 「平和の象徴」の意。力強い走りの中にもフェアなきれいなレース運びができるように。父名より連想。(英語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 ウォーエンブレム
【母】 ヴァンドノアール (母父 ヘクタープロテクター )
【生年月日】 2006年1月19日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 1,400 万円(一口価格 3.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 貴重な父の産駒の中でもハイレベルな馬体の牝馬が登場です。雄大な造りのなか、十分に伸びのある首差しと背、成長途上とはいえ容積のある胴回り、そして膝下から蹄に至るまで実に安定した脚部が繰り出すしっかりとした歩様にはキャンター時の迫力ある姿が目に浮かびます。また、全姉よりも素直な性格がスムーズな馴致と調教を予見させ、2歳の早い時期でのデビューを目標に着実に成長を続けていくタイプと言えます。恵まれた馬格は平素より大きなアクションを見せていますので、今後の血統的なバックアップ次第では大物に育つ可能性は決して夢ではなさそうです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1996 生まれ、本馬は 10 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 27 戦 1 勝
【母の馬場・距離適性】 ダート、短距離
【母のデビュー時期】 3歳5月
【母の引退時期】 2002/1/7 (引退年齢 6 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2003/2/14
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 2 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 3 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 0 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 デビューした産駒は全て2歳の8月-9月にデビューしています。
【産駒の馬場・距離適性】 芝・ダート短距離が2頭、最近でビューした本馬の全兄は芝1800mでデビューしています。

◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 27戦は走りすぎで、現役引退後繁殖入りするまでの期間も短すぎです。引退するまでの3ヶ月で6戦していますので、疲労感一杯で繁殖入りしたと見るのが普通でしょう。ただ、2年半の間に27戦しただけあって、母馬そのものは体質がかなり強かったのは間違いなく、これまで産駒のデビューが早いという点でも、それが伺えます。全兄のデビューの感じから、母とこの種牡馬の相性は悪くないようですので、全兄が早い内に勝ち上がれば、本馬もという期待感はあります。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× ミスタープロスペクター 系
【同系の主な活躍馬】 アグネスウイング、アルーリングアクト(いずれも父エンドスウィープ)
【本馬のクロス】 ミスタープロスペクターの3×4、Numbered Account、プレイメイト(全姉妹)の5×4、ダマスカスの5×5
【牝系の特徴】 重賞馬などは少ないですが、3勝以上した馬が多く、地味に広がっている牝系です。
【近親の活躍馬】 ナリタセンチュリー(8勝、京都記念(GII)、京都大賞典(GII)、宝塚記念(GI)2着)
----------
【父ウォーエンブレム】
【競走成績】 米で2~3歳時に13戦7勝。02年米最優秀3歳牡馬。ケンタッキーダービー-GⅠ(ダ10F)、プリークネスS-GⅠ(ダ9.5F)、ハスケル招待H-GⅠ(ダ9F)、イリノイダービー-GⅡ(ダ9F)。
【種牡馬実績】 03年より供用。初年度産駒の4頭全てがデビューを果たし、全馬が勝ち上がり。クランエンブレム(福島市制施行100周年記念)、アドマイヤミリオン、ショウナンライジン、ウォーゲーム
【2007年種牡馬リーディング】 115 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 67 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 50 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 33 %、2歳勝馬率 50 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 75 %、3歳勝馬率 18 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "サンデーサイレンスの後継として期待された米二冠馬ですが、当初は種付け不良で産駒ができずに心配されました。ここ2,3年は数頭ですが、種付けが出来てきて、産駒も登場してきました。まだ大物は出ていませんが、勝ち馬率、勝率ともかなりの高率なのは特筆すべき点ですね。しかも、相手繁殖には決して恵まれていない中での成績ですから、当初の相手に恵まれているときからきちんと種付けできていたら、大物も出てきていて、繁栄していたかもしれません。

さて、血統構成ですが、父アワエンブレムは、ミスプロ系種牡馬ですが、母系に”粘り”と”底力”のあるテディ系ダマスカス、”タフさ”と”スタミナ”に良さのあるリボー系トムロルフ、ハイペリオン系Aristophanes、”底力”のあるバックパサーなどを抱え、底力のあるタフなスタミナベースの種牡馬です。一方、母系は非常に地味ですが、これもエルバジェ、リボーなどスタミナ血統が中心と見られるので、総じてスタミナの方が勝っている血統構成という感じです。よって、相手には高速馬場に適合したスピード優先あるいはスピードと瞬発力に優れた血統の繁殖が合うかも知れませんね。"
----------
【母父ヘクタープロテクター】
【競走成績】 英仏で12戦9勝。ジャックルマロワ賞-GⅠ、仏2000ギニー-GⅠ、グランクリテリウム-GⅠ、サラマンドル賞-GⅠ、モルニ賞-GⅠ
【種牡馬成績】 シーヴァ(タタソールズGC-GⅠ)、キタサンチャンネル(NZT-GⅡ)、シャーベットトーン(マーキュリーC-GⅢ)
【母父成績】 プリンシパルリバー、タガノパティシエ、アドマイヤメイン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "ミスプロの強いクロスを持つ馬で活躍した馬はそれほど多くありません。一番活躍したのは現役で走っているコンゴウリキシオーで、ミスプロの4×4です。これに続くのは、アタゴタイショウ、アグネスウイング、アルーリングアクト、エンドレスデザートなどがいます。これらは全てミスプロの3×3です。全部の馬の話をすると長くなりますが、OPで活躍した馬となると両手はいないのが現実です。しかも特徴的なのはほとんどが○外であること、5代以内にミスプロのクロスの他にノーザンダンサー、リボー、ネイティブダンサー、リボーなど主流あるいは主流に近い血のクロスを大半の馬が持っていることなどが上げられます。

さて、本馬ですが、母父に早熟のマイラーで”瞬発力”と”持続力”に優れたヘクタープロテクターを持ち、母系にはタフなハイペリオン系種牡馬Vaguely Noble、スタミナに良さがあるロイヤルチャージャー系Sir Ivorなどがいて、父ウォーエンブレムの欠けているところを補っているのは好感が持てます。

ミスプロ系のクロスだけだと単調で、底の浅いスピード馬になりそうなところを、”底力”と”粘り”を合わせ持つタフなテディ系ダマスカスのクロスがなんとかしてくれるのではないでしょうか。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 小島茂之
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 126 位
勝ち数 11 勝、勝率 5.3% 、連帯率 11.1%
主な管理馬 サンデーコバン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業5年目で、まだ重賞勝ちはありません。ここ4年連続で10勝以上していますが、なかなかそこから勝ち星が伸びていません。騎手は、吉田豊騎手、塚田騎手、池田騎手を主に使います。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:473kg
体高:156cm
胸囲:180cm
管囲:21cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体は、ある意味迫力ありますね。顔は小さめで軽そうで、首も細く、首さしも良いです。肩の方は、その角度から父よりは若干距離は短めのようです。脚元は軽そうで、前後には立派な筋肉がついていますが、なんと言ってもトモの筋肉ですね、幅、奥行き、ボリューム感ともすばらしく、尻尾の周りの筋肉の盛り上がりは特にすばらしいものがあります。前半分を隠して後ろ半分だけ見ていると、とても全体がこのサイズの馬には思えません。そのくらい立派なトモですね。歩様はこの時期としては非常にバランス良いです。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 平均すると★は4つですが、いろいろな可能性を感じる馬なので、その点を評価して★を5つにしました。可能性というのは、早生まれで、母父がへクタープロスペクターで、母の産駒はみんなデビューが早く、父ウォーエンブレムの勝ち馬率が高いということですね。この馬も早いデビューの可能性が高く、早い段階で勝ち上がれば、かなりおもしろそうです。距離レンジもマイル-1800mくらいですから、狙いは桜花賞でしょうか。
----------------------------

カテゴリー: 39039.ヴァンドノアールの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

39 . ピースエンブレム(ヴァンドノワールの06)を紹介する。

関連記事

39 . ピースエンブレム(ヴァンドノワールの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー