Home >  0404.ライラックレーンの06 >>  4 . フィフスペトル(ライラックレーンの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

4 . フィフスペトル(ライラックレーンの06)

【馬名】 4 . フィフスペトル(ライラックレーンの06)
【由来】Fifth Petal 「5枚目の花びら」の意。 5枚の花びらを持つライラックはハッピーライラックと呼ばれ、幸運のシンボルとされる。皆に幸せをもたらし、自身も幸運に恵まれるように願って。母名より連想。(英語)

【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 キングカメハメハ
【母】 ライラックレーン (母父 Bahri )
【生年月日】 2006年5月22日 生まれ
【生産牧場】 白老ファーム
【募集価格】 4,000 万円(一口価格 10 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 ミスタープロスペクター系で初めて日本ダービーを制した父を筆頭に、血統表にチャンピオンの名が並び、その優秀な遺伝子に恥じない高貴な雰囲気を漂わせる一頭です。遅生まれながら、骨格や筋肉の発育ぶりは申し分なく、蹄の減り具合が均等なことが示す通り、動作のバランスが優れているのも特筆でき、安定して持てる能力を出し切ることができるでしょう。パワフルで弾力溢れる馬体からマイラータイプと思われますが、利口で我慢の利く気性だけに距離の融通は利きそうです。この逸材には2年後の春に父と同じ道を是非とも歩ませたいものです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1997 生まれ、本馬は 9 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 不出走
【競走年齢に達した産駒数】 3 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 2 頭
【代表産駒】 初仔-グランプロスペクト(父Crafty Prospector)米4勝、ケンタッキージョッキークラブS(GII)2着。
【産駒のデビュー時期の傾向】 3番仔ノーフォークパイン(父Crafty Prospector)は3歳1月デビュー。初仔は米で走っており不明、2番仔は不出走です。
【産駒の馬場・距離適性】 ノーフォークパイン(父Crafty Prospector)は芝マイルで走っています。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母は、あまりお産が得意ではないようで、繁殖入り5年で2度不受胎となっています。本馬の前年も不受胎ですので、本馬は空胎後の産駒ということになります。日本でデビューした唯一の産駒ノーフォークパイン(父Crafty Prospector)は、新馬勝ちした後2戦して5着、13着とふるいません。産駒の傾向から繁殖のポテンシャルはあまり高い方ではないと思いますが、不出走でしかも空胎が多いので、爆発する可能性も秘めています。本馬は繁殖適期に差し掛かって最初の産駒でもあり、体質さえ良ければ、一発があっても不思議ではありません。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× Never Bend 系
【同系の主な活躍馬】 コクトジュリアン、ヤマカツリリー、アロンダイト、ダイワパッションなど。海外から入ってきた種牡馬ではヘクタープロテクター、トワイニング、シャンハイなど。
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの5×5×5×5、ニジンスキーの4×4、Nashuaの5×5
【牝系の特徴】 祖母ライラックガーデン(父Roberto)からケンタッキーオークス馬ブラッシングケイディー(父ブラッシングジョン)、香港年度代表馬エレクトロニックユニコーン(父ハウスバスター)を輩出。曾祖母バレトメイン(父ニジンスキー)は米4勝でプリンセスS(GIII)、ハリウッドオークス(GI)2着。きちんと筋のとおった牝系です。
【近親の活躍馬】 ブラッシングケイディー(父ブラッシングジョン)(叔母)米8勝。フェブラリーストーム(父Storm Cat)(叔父)米4勝。エレクトロニックユニコーン(父ハウスバスター)香港年度代表馬、香港11勝。
----------
【父キングカメハメハ】
【競走成績】 現役時代8戦7勝。NHKマイル、ダービーの変速2冠馬。他に毎日杯(GIII)、神戸新聞杯(GII)勝ち。
【種牡馬実績】 本邦新種牡馬
【種牡馬の寸評】 父は、ミスタープロスペクター系で日本での実績十分のキングマンボ、母父も日本で実績のあるラストタイクーン。競走馬としての実績以上に非サンデーサイレンス系ということで、サンデーサイレンス系牝馬と交配可能であることから、需要は非常に高く、年間種付頭数256頭という日本記録も持っています。期待の種牡馬には違いないのですが、1歳の産駒は総じて馬体バランスが悪いのが多く、成長と共にこれが良くなっていくのか個人的に注目しています。ただ種牡馬としては血統的バランスは良くて、父ミスプロ系は典型的なスピード血統、母父ラストタイクーンは高速馬場を得意とし、長く良い脚を使うタイプです。この辺のバランスがNHKマイルとダービーの変速2冠を成し遂げたバックボーンになっている感じがします。
----------
【母父Bahri】
【競走成績】 米国産、英3歳牡馬チャンピオン、英3勝。クイーンエリザベスII世S(GI)、セントジェイムスバレスS(GI)。
【種牡馬成績】 サキー(凱旋門賞-GI、インタナショナルS-GI)、アルシャカー(ファルマスS-GII)、シークレットヒストリー(ムシドラS-GIII)
【母父成績】

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 本馬は、母父Bahriが非常にバランスの取れた種牡馬で、父がネヴァーベント系で”スピード”、”切れ”、”パワー”、母がニジンスキー系で”スタミナ”、”粘り”を備えています。母系は、もともとロベルト系×ニジンスキー系でかなりタフでスタミナあふれる血統ですので、あとは”瞬発力”と”決めて”が欲しいところです。その点本馬の父キングカメハメハは、まさにピッタリの種牡馬と言えるでしょう。母系のタフなねばり強いスタミナ血統がベースに、父系の瞬発力とスピード持続力が生きれば、鬼に金棒という感じです。もちろん、距離は融通性が高いと思われます。ただ、ノーザンダンサーのラインクロスも含めて、全体的にクロスがきつい感じですので、体質的に弱くないかだけが気になるところです。母のこれまでの産駒実績から、早い時期にデビューできれば結構やれる感じがします。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 加藤征弘
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 23 位
勝ち数 30 勝、勝率 10.7% 、連帯率 21.8%
主な管理馬 トーセンブライト

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ まだ6年目のトレーナーですが、3年目そして昨年と2度30勝以上、2度20勝以上しています。新進気鋭と言って良いでしょう。今年はシャドウゲイトが香港でG1勝ちを収めましたが、カタマチボタンが牝馬クラシック戦線で活躍しています。騎手は、藤田騎手、柴田善騎手、中館騎手を多く使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:427kg
体高:151cm
胸囲:176.5cm
管囲:19.5cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 -
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ この馬の顔は非常に賢そうですね。手綱からも扱いやすそうな感じがあります。首は短めで馬体はコンパクトにまとまっています。トモは、幅がありますが、飛節からそれほど奥行きは出てこない感じです。繋ぎは短めで、肘下の感じからも、距離は短い方でしょう。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ とにかく今回募集された中でも1,2を争う超良血馬ですね。血統おたくの私にはたまらない馬です。ただ、牧場で見た感じもあまり血統背景からくるオーラが感じられませんでしたし、馬体にちょっと伸びやかさが足りません。馬体はコンパクトで、距離的な壁があるでしょう。ただ、母も繁殖適期ですし、厩舎も伸び盛りの良い厩舎ですので、早い時期にデビューできれば、大いに活躍の可能性はあると思います。
----------------------------

カテゴリー: 0404.ライラックレーンの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

4 . フィフスペトル(ライラックレーンの06)を紹介する。

関連記事

4 . フィフスペトル(ライラックレーンの06)  

4 . フィフスペトル(ライラックレーンの06)へのコメント

コーユー

この馬、めちゃくちゃ良く見えて出資致しました!!
キンカメ産駒の代表馬になる器と期待しております。

| 2007年10月25日 22:45 |

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー