Home >  40040.ユーワジョイナーの06 >>  40 . プリマティスタ(ユーワジョイナーの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

40 . プリマティスタ(ユーワジョイナーの06)

【馬名】 40 . プリマティスタ(ユーワジョイナーの06)
【由来】Primatista 「記録保持者、レコードホルダー」の意。いつまでも燦然と輝く成績を残せるように願いを込めて。(伊語)

【性別】 牡
【毛色】 栗毛
【父】 トウカイテイオー
【母】 ユーワジョイナー (母父 ミルジョージ )
【生年月日】 2006年4月19日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 1,600 万円(一口価格 4 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 父譲りの品のある顔立ち、首から背中にかけてのラインや柔軟性に富んだ筋肉が理想的な造りとなり、バランスの良さが目を引く一頭です。やや薄手で幅が出てくるのはこれからと言ったところですが、コンパクトにまとまったすっきりとした馬体をしています。時折気の強い一面を覗かせますが、普段は穏やかな気性で、今秋から始まる馴致では人間との信頼関係を築き上げるのは容易と予想できます。父の産駒は晩成型で芝・ダート問わず中距離での安定した成績を収めているものもおり、本馬も同様に息の長い競走生活を送ってくれるタイプと言えます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1990 生まれ、本馬は 16 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 6 戦 1 勝
【母の馬場・距離適性】 芝・ダート、短-中距離
【母のデビュー時期】 3歳7月
【母の引退時期】 1994/4/3 (引退年齢 4 歳)
----------
【初仔の生年月日】 1996/5/26
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 14 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 9 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 5 頭
【代表産駒】 アルアラン(父アルカング、牡、中央・東海・北海道8勝、オグリキャップ記念(交GII)、ブリーダーズゴールドC(交GII)、アンタレスS(GIII)2着)
【産駒のデビュー時期の傾向】 デビューした産駒の大半は2歳秋-冬ですが、ここ数年デビューした産駒は3歳になってから。
【産駒の馬場・距離適性】 芝・ダート、短-中距離

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ もともとの繁殖ポテンシャルはかなり高い牝馬です。もちろん相手種牡馬によって、不出走の産駒も結構いますが、デビューした産駒はほとんどが勝ち上がっています。それとデビューした産駒成績の安定感が持続する点もポテンシャルが高い繁殖の特徴です。しかし、さすがに繁殖適期を外れてきて、徐々に産駒のデビュー時期が遅くなっている傾向も見られ、一時期のポテンシャルと比較すると、若干落ちてきたなという感じがします。産駒は、早熟系のスピード持続力のある種牡馬と相性が良さそうで、そういう種牡馬との配合であれば、これからも結構いけるのではないかと思います。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 Tourbillon 系× ネヴァーベンド 系
【同系の主な活躍馬】 エイシンハリマオー、アルアラン
【本馬のクロス】 ナスルーラの5×5
【牝系の特徴】 各世代に1頭くらいは重賞馬を輩出している血統で、どちらかというとタフな牝系と言えると思います。
----------
【父トウカイテイオー】
【競走成績】 日で2~5歳時に12戦9勝。91年年度代表馬、最優秀3歳牡馬。ジャパンC-GⅠ(芝2400m)、東京優駿-GⅠ(芝2400m)、有馬記念-GⅠ(芝2500m)、皐月賞-GⅠ(芝2000m)、産経大阪杯-GⅡ(芝2000m)。
【種牡馬実績】 トウカイポイント(マイルCS-GⅠ)、ストロングブラッド(かしわ記念-GⅠ)、ヤマニンシュクル(阪神JF-GⅠ)、トウカイパルサー(愛知杯-GⅢ)、タイキポーラ(マーメイドS-GⅢ)
【2007年種牡馬リーディング】 46 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 16 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 6 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 4 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 20 %、2歳勝馬率 25 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 7 %、3歳勝馬率 24 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 父シンボリルドルフは、未だにちょっと年配の競馬ファンには最強馬と呼ぶ人も多い無敗の三冠馬です。その父パーソロンは、当時馬産地日高では、距離の融通性が高く、気性が良い産駒を出す種牡馬として、人気抜群でしたね。ルドルフが三冠を取ったときは、私はまだ少年でしたが、日高のとなりの地域に住んでいたので、競馬好きのおじさんがパーソロンのことを話しているのを聞いたことがあります。その産駒は引っ張りだこだったようです。パーソロンは、今では少なくなったクラリオン系で、どちらかと言えば”パワー”と”スタミナ”に優れた血統ですね。トウカイテイオーの祖母トウカイミドリは、ハイペリオン系、ブランドフォート系の血が多く入った、タフなスタミナベースの血統で、ベース繁殖としては非常に良い血統構成だと思います。相手種牡馬の良さを引き出すナイスダンサーを挟んで、誕生したのが二冠馬トウカイテイオーですね。まあ、トウカイテイオーも故障がなければ三冠を取っていたと思いますね。繋ぎの緩さが特徴で、「くったん、くったん」歩く馬でしたね。それでもあれだけ走るんですから、繋ぎはとにかく柔らかい方が良いと牧場でいうのはこの辺なのでしょうか。
----------
【母父ミルジョージ】
【競走成績】 米2勝。
【種牡馬成績】 イナリワン(有馬記念-GⅠ、天皇賞・春-GⅠ、宝塚記念-GⅠ)、エイシンサニー(優駿牝馬-GⅠ)、オサイチジョージ(宝塚記念-GⅠ)、リンデンリリー(エリザベス女王杯-GⅠ)、ミスターシクレノン(鳴尾記念-GⅡ)、ロジータ(東京大賞典)
【母父成績】

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父ミルジョージは、高速馬場を得意とするネヴァーベンド系種牡馬ですが、母父にスタミナ豊富なリボーが入り、全体としては中距離血統に仕上がっています。晩成血統ですが、成長力に富み、ナスルーラの3×4を、まさにその気性に反映し、うるさい産駒が多いものの、その中にはその気性を決め手に転化して大活躍した産駒も多くでました。自身の米国での競争成績が大したことが無かったため、直ぐに日本に輸入されましたが、日本では地方から発展しはじめ、やがて中央でも多数の産駒が大活躍しました。イナリワンなんかは、その典型的な産駒でしたね。その他にもオサイチジョージ(宝塚記念)、エイシンサニー(オークス)、リンデンリリー(エリザベス女王杯)、ロジータ(南関東三冠馬)、ロッキータイガー(帝王賞)、ヤシマソブリン(ラジオたんぱ賞、菊花賞2着)、ユーセイトップラン(アルゼンチン共和国杯、ダイヤモンドステークス2回)など、懐かしい名前が出てきます。

母系はプリンスローズ系、ハイペリオン系、ブランドフォード系、テディ系とスタミナに優れた血統が目白押しです。1960年代の競馬界にとってサンデーサイレンス級の活躍をして、4度リーディングサイアーに輝いたネヴァービートの名前がありますが、この馬もスタミナベースにナスルーラの決め手を持った典型的な種牡馬ですね。父として輩出した産駒もすごかったようですが、個人手に期は母父としての印象が強く、メジロラモーヌ(牝馬三冠)、サクラユタカオー(天皇賞秋、サクラバクシンオーの父)、キョウエイプロミス(天皇賞秋)、スズカコバン(宝塚記念)、ダイタクヘリオス(マイルCS)、パッシングショット(マイルCS)などを輩出しています。

よって本馬の母系は、相対的にスタミナベースと言って良いのではないでしょうか。個人的には非常に評価の高い牝系です。あとは、父の競争資質がどのような形で出てくれるかということでしょうか。天才肌の父にして、後継種牡馬がいい加減に欲しいところですね。私もトウカイテイオーでは、ジャパンカップを始め、馬券でもお世話になりましたので、この血統には是非残って欲しいと思いますね。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 高橋祥泰
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 145 位
勝ち数 10 勝、勝率 5.0% 、連帯率 12.1%
主な管理馬 ルーベンスメモリー

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ この厩舎も6年間20勝以上を続けていましたが、ここ2年ほど10勝台と低迷しています。これまでの管理馬にはサウスヴィグラス、タイキフォーチュンがいます。騎手は、柴田善騎手、蛯名騎手、吉田隼騎手をつかっています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:421kg
体高:156cm
胸囲:169.5cm
管囲:19.3cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 -
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 -
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ 伸びやかでスケール感一杯の馬体ですね。パッと見て背腰が強そうな馬という感じがします。スレンダーですが、適度に良い筋肉がしっかりついています。首差しが実に良くて、肩の角度や胴の感じから中距離なのは間違いないでしょう。繋ぎの角度も良くて、その感じから母系の影響の方が若干強いかもしれません。トモは、幅も奥行きもあって、尻尾の周りの筋肉の盛り上がりや、飛節からトモの大腿二頭筋へかけてのラインから、非常に良いバネを感じます。馬体の欠点はほとんど無いと言って良いのではないでしょうか。母系の傾向から比較的デビューが早い方が良さそうなので、そこが本馬が大きいところにむかえるかどうかのひとつのポイントではないでしょうか。馬体重は、少なめですが、脂肪がほとんど無くて、体高もかなりありますので、470キロくらいにはなりそうです。歩様も前肢のブレが少ないのが、非常に良いですね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体からかなりリスクの少ない馬だと思いますので★を6つにしました。本馬の場合、ある程度走ることは計算できそうですが、自分にあったステージで、活躍出来るかどうかが大成するかのポイントだと思います。母は、高齢なのですが、とりあえず本馬は故障も少なそうで、タフに走りそうですし、成長力もありそうなので、早い時期に1勝できるようだと、古馬になってから大きなところにもいけるのではないでしょうか。個人的にはかなり馬主孝行な馬になりそうな感じがします。ちょっとマイナスは厩舎ですね。最近勢いがありませんからね。
----------------------------

カテゴリー: 40040.ユーワジョイナーの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

40 . プリマティスタ(ユーワジョイナーの06)を紹介する。

関連記事

40 . プリマティスタ(ユーワジョイナーの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー