Home >  42042.エクボの06 >>  42 . コロナループ(エクボの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

42 . コロナループ(エクボの06)

【馬名】 42 . コロナループ(エクボの06)
【由来】Coronal Loop 太陽を取り巻く外層大気の低層部に、磁力線に沿って形成される巨大なアーチ状のガスの流れ。太陽活動周期の活発期にはコロナループも増加する。エネルギーみなぎる走りを期待して。(英語)

【性別】 牡
【毛色】 栗毛
【父】 コロナドズクエスト
【母】 エクボ (母父 リンドシェーバー )
【生年月日】 2006年3月20日 生まれ
【生産牧場】 加藤牧場
【募集価格】 2,600 万円(一口価格 6.5 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 理想的なサイズに収まった馬体は、鋼の如き強力な筋肉で覆われており、他を威圧するほどの雰囲気をかもし出しています。常歩時に見せるトモの踏み込みは力強く、キャンター時は体全体を使ったダイナミックなフォームを見せつけます。フォーティナイナーの直仔の父はアメリカで10勝を挙げた快速馬で、母も連対したレース全てが1200m戦でしたので、本馬の活躍の場もダートの短距離となりそうです。端正な顔立ちから想像出来るように気性的に他馬には勝ち気な面を見せる一方で、人に対しては従順で落ち着きがありますので、レースで気迫あふれる走りを見せてくれそうです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 12 戦 5 勝
【主な勝ち鞍】 セプテンバーS
【母の馬場・距離適性】 芝・ダートとも短距離
【母のデビュー時期】 3歳7月
【母の引退時期】 1998/12/20 (引退年齢 4 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2001/4/7
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 17 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 4 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 一番早い産駒で2歳11月で、あとは3歳1月、3歳7月、3歳3月です。本馬が5番仔ですね。偶然でしょうが、母の年齢が進むにつれてデビューが早くなっているような感じです。
【産駒の馬場・距離適性】 芝・ダート短距離専門で、どちらかと言えばダート色が強いです。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母の現役引退から推定17ヶ月して繁殖入りしていますが、実際には不受胎か、何かあったのかもしれませんね。こういう牧場で1年以上空胎は考えられませんからね。産駒はデビュー時期が遅く、距離適性が母に似てかなり偏っています。繁殖としてのポテンシャルは産駒成績を見るとあまり高くないように思いますが、唯一中央で勝ち上がったサクラバクシンオー産駒を見てみると、相手種牡馬を選ぶのかもしれませんね。母は、現役時代1200mのスペシャリストで、500万条件から1600万条件まで3連勝して、オーラスはスピリンターズS(GI)にも出走しています。その割に4歳で引退ということは、牧場側の繁殖としての期待が高かったのかもしれませんね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× ネイティヴダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 ヒシアトラス、ミリオンベル、ザフォリア
【本馬のクロス】 レイズアネイティヴの4×4、ネイティヴダンサーの5×5×5、ニアークティックの5×5
【牝系の特徴】 それほど繁栄している牝系ではなく、どちらかと言えば地味な牝系です。ただ、勝ち上がっている馬が結構多いのと、産駒数が多いので、小さい牧場で重宝している牝系ではないでしょうか。
----------
【父コロナドズクエスト】
【競走成績】 米で2~3歳時に17戦10勝。トラヴァーズS-GⅠ(ダ10F)、ハスケル招待H-GⅠ(ダ9F)、ウッドメモリアルS-GⅡ(ダ9F)、ドゥワイヤーS-GⅡ(ダ8.5F)、リヴァリッジS-GⅡ(ダ7F)、レムスンS-GⅡ(ダ9F)、カウディンS-GⅡ(ダ6.5F)、ナシュアS-GⅢ(ダ8F)、フォンテンオブユースS-GⅡ2着、ハッチスンS-GⅡ2着。
【種牡馬実績】 99年より米で、04年より日で供用。ソサエティセレクション(BCディスタフ-GⅠ、テストS-GⅠ、フリゼットS-GⅠ、アラバマS-GⅠ、シュヴェーH-GⅡ、カムリーS-GⅢ、ラフィアンH-GⅠ2着、オグデンフィップスH-GⅠ2着、エイコーンS-GⅠ2着、ベルデイムS-GⅠ2着)、ミスコロナド(ダヴォナデールS-GⅡ)、アルジャディード(ロイヤルロッジS-GⅡ)、オールスパイス(シクスティーセールズH-GⅢ)
【2007年種牡馬リーディング】 161 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 33 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 22 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 15 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 27 %、2歳勝馬率 33 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
【種牡馬の寸評】 "2歳でデビューした産駒だけでこの勝ち上がり率は、かなりの好成績で、種牡馬として順調な滑り出しと言えるでしょう。しかも自身がダートで活躍したにもかかわらず芝の勝率がダートより高いのは特筆すべき点ですね。2歳時に6戦5勝していますので、割合早熟なのが遺伝している可能性もありますが、その後3歳でもGIを取っていますし、距離もマイル-中距離で活躍しています。

血統構成は、父フォーティーナイナーは、スピード優先のミスプロ系種牡馬で、産駒もどちらかというと息を入れずにスピードで押しきる距離を得意としています。コロナドズクエストの距離の融通性は、母父であるダマスカスに依存していると言って良いでしょう。ダマスカスは、”底力”と”粘り”のテディ系で、飛ばしてもバテません。ノーザンテーストやサンデーサイレンスの母父にも入っている血統です。また母系の底流には、スピード持続力に優れたボールドルーラー系、”スピード”と”パワー”のネイティヴダンサー系の血が入っています。ネイティヴダンサーの血があまり強く出ると、ダート色が強くなりそうですが、母系の深いところに眠っている分には、底力強化程度と考えて良いかと思います。

それにしてもフォーティーナイナーは、すごい種牡馬ですね。エンドスウィープもそうですが、遺伝資質の伝達力には目を見張るものがあります。自身の日本での勝ち馬率も5割を超えていますからね。もっと注目されても良い種牡馬ですね。"
----------
【母父リンドシェーバー】
【競走成績】 4勝、朝日杯3歳S-GⅠ。
【種牡馬成績】 ギャラントアロー(スワンS-GⅡ)、サイコーキララ(4歳牝馬特別・西-GⅡ)、メイショウムネノリ(兵庫CS-GⅡ)、オンワードセイント(エンプレス杯-GⅡ)、レインボークイーン(クイーンS-GⅢ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父リンドシェーバーは、朝日杯を制したくらいですので、自身は早熟でした。産駒のギャラントアロー、メイショウムネノリ、サイコーキララなど、全て2歳デビューをしています。

血統構成としては、母父リンドシェーバーに、”パワー型”で良い遺伝資質を伝達するアリダー、母系には同じく相手の形質を引き出すノーザンダンサーや、スピード持続型でかつパワー型のクラリオン系がいて、どちらかというと母系はバワー型の感じです。

そこにコロナドズクエストですかた、バワーとスピードで押しきるダート短距離に適した血統構成と言えるでしょう。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 二ノ宮敬宇
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 10 位
勝ち数 36 勝、勝率 11.0% 、連帯率 21.1%
主な管理馬 ロフティーエイム

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 昨年まで5年連続30勝以上している名トレーナーの一人です。これまで管理した馬にはダイワカーリアン、ホオキパウェーブなどがいます。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:464kg
体高:153cm
胸囲:174cm
管囲:19.8cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ ダートに向いた馬体ですが、非常にバランス良く、筋肉も柔らかく、ジョイントもしっかりしている感じなので故障も少ないのではないでしょうか。牧場スタッフの話だと、非常に冷静でおとなしい馬で、無駄なことは一切しないようです。賢く冷静な感じの目が印象的でした。肩の角度や、気性からマイルくらいまでは持ちそうな感じもあります。トモは、幅、奥行きともすばらしく、すごい切れる脚を持っていそうな感じです。サイズもちょうど良いですし、現時点で歩様がしっかりしていますので、普通にいけば2歳でデビューできそうですね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 総合的に見て、非常にバランスの良い馬です。ダート短距離に出る可能性は血統構成からかなり高いですが、たくさん走って、馬主孝行な馬になる可能性もまたかなり高いと思います。血統からだとデビューも早そうです。また、フォーティーナイナー系ですから成績には凸凹があって、勢いに乗ると勝ち続けるタイプが多いのですが、本馬もそんなタイプのような感じがします。丈夫で長持ちになってくれればこれほど楽しめる血統は無いですね。
----------------------------

カテゴリー: 42042.エクボの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

42 . コロナループ(エクボの06)を紹介する。

関連記事

42 . コロナループ(エクボの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー