Home >  48048.キョウエイマーチの06 >>  48 . トライアンフマーチ(キョウエイマーチの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

48 . トライアンフマーチ(キョウエイマーチの06)

【馬名】 48 . トライアンフマーチ(キョウエイマーチの06)
【由来】Triumph March 「凱旋行進曲」の意。本馬が大レースで勝利し、凱旋行進曲が聴けるようになるよう願って。また、いつか凱旋門賞のような大舞台で走れるよう期待を込めて。母名の一部を引用。(英語)

【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 スペシャルウィーク
【母】 キョウエイマーチ (母父 ダンシングブレーヴ )
【生年月日】 2006年4月11日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 6,000 万円(一口価格 15 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 すっかりお馴染みの血統で、これまでは重厚なイメージの種牡馬との配合でしたが、本馬は父にサンデー系種牡馬を迎えたことで、薄手で伸びのある体型になっています。やや小柄ながら当歳の頃からのバランスの整った馬体を維持しつつ、春先から現在にかけて目覚しい成長を遂げています。運動を続けても四肢は乾燥しており、狂いのない健康な脚元を証明していると言えるでしょう。性格は少し敏感なところがあるものの、普段は温厚で手の掛からない優等生で、馴致においても不安な点はありません。クラシックを制した両親同様の活躍ができると自信を持って送り出せる一頭です。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 26 戦 8 勝 、地方1戦0勝
【主な勝ち鞍】 桜花賞(GI)、4歳牝馬特別(GII)、ローズS(GII)、京都金杯(GIII)、阪急杯(GIII)
【母の馬場・距離適性】 芝短-中距離を中心に走りました。
【母のデビュー時期】 2歳11月
【母の引退時期】 2000/4/15 (引退年齢 6 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2002/4/16
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 1 年
【競走年齢に達した産駒数】 2 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【代表産駒】 特になし
【産駒のデビュー時期の傾向】 デビューした2頭とも3歳になってから、1頭は3歳夏デビュー、もう1頭は3歳1月のデビュー
【産駒の馬場・距離適性】 ダート短-中距離。初仔ヴィートマルシェ(父フレンチデピュティ)、2番仔ヴィートヴァンクル(父ブライアンズタイム)。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 重賞戦線を中心に26戦は確かに多いですが、十分休養して繁殖入りしていることから、繁殖としてのポテンシャルはある程度高いと思います。ただ、フレンチデピュティはダート血統ですし、ブライアンズタイムもこのところダートが多くなっているので、初仔、2番仔については、父馬との相性はあまり良くなかったように思います。今回は2年不受胎の後で体力的にも十分と言えますし、初めて相性の良さそうな父との配合となったと言えますので、期待したいですね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 ディープインバクト、スペシャルウィーク、ナリタブライアン、ダイワメジャー、グラスワンダー、ライスシャワー、タイキシャトルなど多数。
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの5×4
【牝系の特徴】 本馬から6代遡るとクインナルビーという天皇賞を勝った名牝がいます。そこから日本伝統の血統が広がっています。祖母インターシャルマンは天王山特別など4勝しましたが、繁殖としては成績が悪く、結局出走した産駒はこのキョウエイマーチ1頭でした。
【近親の活躍馬】 インターヒリュウ(曾祖母の兄弟)
----------
【父スペシャルウィーク】
【競走成績】 日で2~4歳時に17戦10勝。99年JRA特別賞。ジャパンC-GⅠ、東京優駿-GⅠ、天皇賞・秋-GⅠ、天皇賞・春-GⅠ、阪神大賞典-GⅡ、AJCC-GⅡ、弥生賞-GⅡ、きさらぎ賞-GⅢ、菊花賞-GⅠ2着、皐月賞-GⅠ3着。
【種牡馬実績】 00年から供用。シーザリオ(アメリカンオークス-GⅠ、優駿牝馬-GⅠ、フラワーC-GⅢ、桜花賞-GⅠ2着)、インティライミ(京都新聞杯-GⅡ、東京優駿-GⅠ2着、日経新春杯-GⅡ3着)、スムースバリトン(東京スポーツ杯2歳S-GⅢ)、グロリアスウィーク(弥生賞-GⅡ2着、シンザン記念-GⅢ2着)、マイネルアラバンサ(青葉賞-GⅡ2着、毎日杯-GⅢ3着)、ダンツクインビー(チューリップ賞-GⅢ3着、桜花賞-GⅠ5着)、フォトジェニー(クイーンC-GⅢ3着)パリブレスト、ニシノアンサー
【2007年種牡馬リーディング】 8 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 30 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 9 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 9 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 11 %、2歳勝馬率 17 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
(3歳勝率 11 %、3歳勝馬率 40 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "日米オークスを制したシーザリオの活躍が強烈な印象をはなつが、2歳サイアーランキングでも昨年は2位と好位置につけている。ただ、今年は良い繁殖を、キングカメハメハら人気の新種牡馬に譲ったこともあり、66頭と絶対数が少ないので、勝ち星自体は伸びないであろう。産駒は、父に良く似た薄目の馬体で、胴伸びや首さしが良く、脚元の軽そうなタイプの馬を選ぶのがポイント。

血統的には、母父マルゼンスキーは、”スタミナ”、”粘り”、そして母系に入って”底力”を強化するニジンスキー系の種牡馬で、バックパサー、プリンスキロなど底力強化型の種牡馬や、スタミナ血統のテディ系Bull Pageなどが入っていて、さらにそれが強化されている。マルゼンスキーがブルーメドサイアーとして成功した背景はその辺にあると言って良い。スペシャルウィークは、そこに父サンデーサイレンスから”スピード”、”決めて”、”闘争心”が追加され、偉大な競走馬となったのだが、種牡馬としても、さまざまなバリエーションの産駒が誕生する素地を持っており、特にスピード血統とは相性が良さそうである。"
----------
【母父ダンシングブレーヴ】
【競走成績】 英仏米で10戦8勝。凱旋門賞-GⅠ、キンジョージⅥ世&QES-GⅠ、エクリプスS-GⅠ、英2000ギニー-GⅠ、英ダービー-GⅠ2着
【種牡馬成績】 コマンダーインチーフ(英ダービー-GⅠ)、ホワイトマズル(伊ダービー-GⅠ)、テイエムオーシャン(桜花賞-GⅠ)、キングヘイロー(高松宮記念-GⅠ)
【母父成績】 ピートホロウ(アーリントンミリオン-GI)、ロベルティコ(独ダービー-GI)、ミレナリー(英セントレジャー-GI)、ゼンダ(仏1000ギニー-GI)、オアシスドリーム(ミドルパークS-GI、ジュライC-GI、ナンソープS-GI)、スウィープトウショウ(エリザベス女王杯-GI、宝塚記念-GI、秋華賞-GI)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母キョウエイマーチは、快速馬でしたが、血統背景を調べてみると、父ダンシングブレーヴは、その父リファールのタフなスピード持続型の血と、母方のトムフール、Bulll Leaといったスタミナ型の血の配合です。
一方、母インターシャルマンは、父ブレイヴェストローマンの持つナスルーラ系の”スピード”と”切れ”に対して、母系のベースとなっている”瞬発力”を継承しており、母キョウエイマーチは非常にトータルバランスに優れた血統構成となっています。
これまでの産駒は、初仔ヴィートマルシェがスピード持続力に優れた父フレンチデピュティ、2番仔ヴィートヴァンクルは父ブライアンズタイムで、ヘイルトゥリーズン系にありながらスタミナタイプです。この2頭の産駒傾向から、どうやら産駒には”決めて”がやや不足している印象です。
そこで、サンデー系の決め手のある種牡馬との配合は非常に好感が持てます。馬体はどちらかというと父に似ている方が良い方に出そうです。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 角居勝彦
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 31 位
勝ち数 27 勝、勝率 12.6% 、連帯率 21.0%
主な管理馬 ポップロック

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ ウォッカ、デルタブルース、カネヒキリ、ハットトリック、シーザリオなど近年の活躍はめざましいの一語。今乗りに乗っている調教師の一人。岩田騎手、武豊騎手、安藤勝騎手などトップジョッキーをバンバン使う厩舎です。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:411kg
体高:153.5cm
胸囲:169.5cm
管囲:19.8cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 賢そうな良い目をした馬です。そして、これまでのキョウエイマーチの産駒の中では断トツにバランスが良いですね。はじめて”パワー”より”スピード”に出たという感じです。これまでの産駒は、母父から来る”パワー(力強さ)”が前面に強く出てしまい。日本の軽い高速馬場に対応できなかった感があります。しかしながら、本馬は父スペシャルウィークの良さがうまく出て、重厚感というよりは軽快な感じの馬体に出ました。これはまさに生産者の意図したところだと思いますし、シーザリオ(父スペシャルウィーク、母父サドラーズウェルズ)のケースに非常に良く似ています。顔も賢そうで性格もそれほどきつくなさそうです。馬体は首は若干太めですが、肩から胸前、そして前肢、後肢ともゴツゴツしか感じはなく、脚元は軽そうで、繋ぎも良い角度で、クッションも良さそうですね。胴回りに窮屈さはなく、かといって間延びした感じもありません。トモはある程度幅もありながら奥行きもあります。飛節も良く、これから大腿二頭筋あたりに良い筋肉がついてきそうです。今はまだ若く、若干背タレ気味ですが、腰のあたりの筋肉の付き方や、トモの角度(寛骨の角度)から、切れのある、軽いキャンターをしそうな馬です。馬体重はちょっと少ないですが、馬体のバランスからかなり腰高で、これからひとまわり以上成長しそうですので、そんなに問題にはならないでしょう。歩様も腰高の割には全体的にしっかりしており、前肢に狂いがないのが良いですね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ これまでの産駒傾向から、ちょっと半信半疑にならざるを得ませんが、本馬が良いのは紛れもない事実ですね。スペシャルウィークとの配合は、生産者の意図とばっちりあったように思います。本馬は芝向きの軽そうな馬体で、これまでの厚ぼったい馬体の産駒とは一線を画している感じです。厩舎もクラブで一番相性の良い角居厩舎で、万全の体制で母の汚名挽回をはかるといった感じでしょうか。しかしながら、当たりはずれということを考えれば、リスクが無いわけではなく、母は重賞戦線で26戦も走りましたので、そもそも母体が疲弊している可能性も残しており、もしそうならこの繁殖から走る馬はまず出ないことになります。その辺の見極めですね。
----------------------------

カテゴリー: 48048.キョウエイマーチの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

48 . トライアンフマーチ(キョウエイマーチの06)を紹介する。

関連記事

48 . トライアンフマーチ(キョウエイマーチの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー