Home >  53053.アドマイヤリッチの06 >>  53 . レティセラ(アドマイヤリッチの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

53 . レティセラ(アドマイヤリッチの06)

【馬名】 53 . レティセラ(アドマイヤリッチの06)
【由来】Reticella 美しい幾何学的な模様を作るレース刺繍の技法。優美で華麗な走りを見せてくれることを期待して。祖母名より連想。(伊語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 キングカメハメハ
【母】 アドマイヤリッチ (母父 サンデーサイレンス )
【生年月日】 2006年4月30日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 2,400 万円(一口価格 6 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 利発で上品な顔立ちはブラックタイプがずらりと並ぶ名門の血が成せる業なのでしょう。ただ激しい気性を持った近親馬と違い、穏やかで人の手を煩わすことなく育ってきました。小柄で丸みを帯びた体はまだ幼く、一見すると頼りなさそうな印象を受けるかもしれませんが、体を縁取るラインは牝馬らしく柔らかで、特に父譲りのボリュームある臀部が魅力的です。7歳まで芝・ダート問わず息の長い活躍をした母同様の期待がかかりますが、今トレンドの母父サンデーと06年生まれが初年度産駒となるこの父との配合でどんな走りを見せてくれるか注目の一頭です。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1998 生まれ、本馬は 8 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 31 戦 6 勝
【主な勝ち鞍】 雅S(1600万下)
【母の馬場・距離適性】 芝・ダート、マイル-中距離
【母のデビュー時期】 3歳2月
【母の引退時期】 2005/3/6 (引退年齢 7 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2006/4/30 (本馬が初仔)
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 2 ヶ月

◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母はタフに走りました。3歳時に3戦、4歳時に5戦しかしておらず、5歳-6歳で20戦と、かなり晩成っぽい競走成績です。これだけ走ったにも関わらず、繁殖入りするにあたっての期間は2ヶ月程度とかなり短く、さらに7歳まで走ったということで、疲労がかなり蓄積していた可能性は高いと見ます。よって繁殖としてのポテンシャルはかなり低いでしょう。ただ、本馬は初仔なので、デビューが早ければ、勝ち上がって1,2勝くらいはする可能性があります。後は父キングカメハメハがどれだけ強い体質を伝える種牡馬なのかということになりますね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× ヘイルトゥリーズン 系
【同系の主な活躍馬】 アドマイヤムーン、ラインクラフト、キーンランドスワン、トウカイトリック、エイシンドーバー、サカラート、ソングオブウインドなど
【本馬のクロス】 ミスタープロスペクターの3×4、ノーザンダンサーの5×5×5
【牝系の特徴】 牝系は遡るとキーパートナーからダンシングキイ、そしてその産駒ダンスインザダーク、ダンスパートナー、ダンスインザムードなどがおり、なかなか繁栄しています。本馬の直系も、本馬の曾祖母キーフライヤーの孫にスズカマンボがいて、なかなかにぎやかです。
【近親の活躍馬】 アドマイヤレース(父サンデーサイレンス、牡)5勝、レースウイング(父バブルガムフェロー、牝)5勝
----------
【父キングカメハメハ】
【競走成績】 現役時代8戦7勝。NHKマイル、ダービーの変速2冠馬。他に毎日杯(GIII)、神戸新聞杯(GII)勝ち。
【種牡馬実績】 本邦新種牡馬
【種牡馬の寸評】 父は、ミスタープロスペクター系で日本での実績十分のキングマンボ、母父も日本で実績のあるラストタイクーン。競走馬としての実績以上に非サンデーサイレンス系ということで、サンデーサイレンス系牝馬と交配可能であることから、需要は非常に高く、年間種付頭数256頭という日本記録も持っています。期待の種牡馬には違いないのですが、1歳の産駒は総じて馬体バランスが悪いのが多く、成長と共にこれが良くなっていくのか個人的に注目しています。ただ種牡馬としては血統的バランスは良くて、父ミスプロ系は典型的なスピード血統、母父ラストタイクーンは高速馬場を得意とし、長く良い脚を使うタイプです。この辺のバランスがNHKマイルとダービーの変速2冠を成し遂げたバックボーンになっている感じがします。
----------
【母父サンデーサイレンス】
【競走成績】 米で14戦9勝。ケンタッキーダービー-GⅠ、プリークネスS-GⅠ、BCクラシック-GⅠ、スーパーダービー-GⅠ、サンタアニタダービー-GⅠ
【種牡馬成績】 ディープインパクト(牡馬クラシック3冠、天皇賞・春-GⅠ、宝塚記念-GⅠ)、ハーツクライ(ドバイSC-GⅠ、有馬記念-GⅠ)、スペシャルウィーク(ジャパンC-GⅠ、東京優駿-GⅠ、天皇賞・春-GⅠ、天皇賞・秋-GⅠ)、ゼンノロブロイ(ジャパンC-GⅠ、有馬記念-GⅠ、天皇賞・秋-GⅠ)、ハットトリック(香港マイル-GⅠ、マイルCS-GⅠ)、ステイゴールド(香港ヴァーズ-GⅠ)、ネオユニヴァース(東京優駿-GⅠ、皐月賞-GⅠ)、アドマイヤベガ、タヤスツヨシ、アグネスフライト、マンハッタンカフェ、エアシャカール、ダンスインザダーク、アグネスタキオン、スティルインラブ、ダンスインザムード、デュランダル
【母父成績】 ラインクラフト(桜花賞-GⅠ、NHKマイルC-GⅠ、フィリーズレビュー-GⅡ、阪神牝馬S-GⅡ)、フサイチリシャール(朝日杯FS-GⅠ)、アドマイヤムーン(弥生賞-GⅡ)、マイソールサウンド(阪神大賞典-GⅡ、マイラーズC-GⅡ、京都記念-GⅡ)、ポップロック(目黒記念-GⅡ)、プレシャスカフェ(CBC賞-GⅡ)、サカラート(東海S-GⅡ)、ヴァーミリアン(ダイオライト記念-GⅡ)、サクラメガワンダー、シャドウスケイプ、プリサイスマシーン、スズノマーチ、ウイングレット、ライラプス

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 注目の母父サンデーですね。牝系は筋がとおっていて、本馬はノーザンダンサー系を軸に、ミスプロ系、ヘイルトゥリーズン系、そしてまたミスプロ系とどちらかというとスピードを追求した血統構成で、一見すると単調なスピード馬という風に見えますが、母系の底流には、タフなスタミナ血統であるリボー系のKey to the Mintがいて、スタミナと粘りのあるスピード持続型のニジンスキーがいます。 さらにサンデーサイレンス、ガルチの母系にもスタミナ血統が入っていますから、スピードをしっかりとタフなスタミナ血統が支えている感じで、決して単調なスピード血統ではありません。父キングマンボは、スピードと瞬発力に優れた種牡馬ですが、その母父ラストタイクーンは、タフなスピード持続型ですから、これもバランスは良い感じですね。あとは、本馬の場合、キングカメハメハの瞬発力が”決め手”として活かされればおもしろいのですが。どうでしょうか。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 松田博資
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 6 位
勝ち数 40 勝、勝率 15.7% 、連帯率 28.2%
主な管理馬 ドリームパスポート

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 昨年は40勝しています。今年は管理馬アドマイヤムーンがドバイデューティーフリーを勝ちましたし、アドマイヤムーンがクラシック戦線で活躍しています。これまでの管理馬では、ドリームパスポート、タイムパラドックス、アドマイヤドン、ベガなどが活躍しています。騎手は、所属の高田騎手、安藤勝騎手、岩田騎手などを多く使います。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:386kg
体高:154cm
胸囲:168cm
管囲:19cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 △
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 顔は利発そうで、落ち着きがあります。肩から胸にかけて良い筋肉がついています。繋ぎは少し立ち気味です。気になるのはトモの幅、そして何より奥行きがあまりないことですね。寛骨の角度がきつく、あまりストライドは伸びない感じで、飛節もあまり力強くないですね。馬体は380キロ台とかなり小さいです、この点★をマイナスします。また、歩様も腰高なので、後肢の踏み込みはいたしかたないにしても、ブレが大きいですね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体は、牝馬という点を差し引いても小さいですね。また、繁殖ポテンシャルが低いのも気になります。しかし、血統や厩舎のプラスはありますので、その辺はどこにポイントを置くかで変わってくるでしょう。
----------------------------

カテゴリー: 53053.アドマイヤリッチの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

53 . レティセラ(アドマイヤリッチの06)を紹介する。

関連記事

53 . レティセラ(アドマイヤリッチの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー