Home >  54054.ヒアズホービングの06 >>  54 . アルテアロゼア(ヒアズホーピングの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

54 . アルテアロゼア(ヒアズホーピングの06)

【馬名】 54 . アルテアロゼア(ヒアズホーピングの06)
【由来】Althaea Rosea 「大望、熱烈な恋」の花言葉を持つ多年草の一つ。華やかで華々しい競走生活を送ることを願って。(英語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 キングカメハメハ
【母】 ヒアズホービング (母父 ダハール )
【生年月日】 2006年3月16日 生まれ
【生産牧場】 白老ファーム
【募集価格】 1,400 万円(一口価格 3.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 きりりと引き締まった表情が象徴するように、全身に見られるシャープさが本馬の最大の特長です。コンパクトなサイズで一見華奢にも映る馬体ですが、胸や尻などには柔軟な筋肉がしっかりと備わり、短めで力強い背腰のラインを見るといかにも機敏な動きを披露してくれそうです。従順な上に「打てば響く」反応抜群な気性で、日頃から持ち前のピッチ走法で縦横無尽に放牧地を駆け回り、無類の運動量を誇っています。姉に2歳戦のGⅠ勝ち馬がいることからも仕上がりは早そうで、芝の短距離戦で鮮やかな勝ちっぷりを見せてくれるでしょう。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1993 生まれ、本馬は 13 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
----------
【競走年齢に達した産駒数】 5 頭
【勝ち上がった産駒数】※オセアニア 2 頭
【代表産駒】 イフルークスゴキル(父Daggers Drawn、牝)オセアニア3勝、ARCエラースリーサイアーズプロデュースS(GI)勝ち。
【産駒のデビュー時期の傾向】 不明
【産駒の馬場・距離適性】 不明

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ この繁殖は普通に繁殖ポテンシャルが高いですね。産駒の成績も初仔アイデンティティ(父Daggers Drawn、牝)がオセアニア4勝、2番仔イフルークスゴキルも3勝と高い成績を収めています。ただ、3番仔、4番仔が同じ種牡馬をつけられていて、ほとんど走っていないところを見ると相手種牡馬を選ぶタイプの繁殖の可能性があります。05年は種付けしていませんので、本馬はフレッシュな時の産駒ということになります。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 スィープトウショウ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、キングカメハメハ、エルコンドルパサー、マイネルラヴ、アメリカンボスなど多数
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの5×5×4
【牝系の特徴】 祖母フレンチポリッシュ(オセアニア3勝)からダラーズンゴールド(父パレスミュージック、騙、オセアニア11勝、MartonテイラープレストンH(GIII)勝ちなど)、マディソンポイント(父パレスミュージック、騙、オセアニア11勝、AJCザショーツH(GIII)勝ちなど)が出ています。比較的タフに走る血統のようです。
----------
【父キングカメハメハ】
【競走成績】 現役時代8戦7勝。NHKマイル、ダービーの変速2冠馬。他に毎日杯(GIII)、神戸新聞杯(GII)勝ち。
【種牡馬実績】 本邦新種牡馬
【種牡馬の寸評】 父は、ミスタープロスペクター系で日本での実績十分のキングマンボ、母父も日本で実績のあるラストタイクーン。競走馬としての実績以上に非サンデーサイレンス系ということで、サンデーサイレンス系牝馬と交配可能であることから、需要は非常に高く、年間種付頭数256頭という日本記録も持っています。期待の種牡馬には違いないのですが、1歳の産駒は総じて馬体バランスが悪いのが多く、成長と共にこれが良くなっていくのか個人的に注目しています。ただ種牡馬としては血統的バランスは良くて、父ミスプロ系は典型的なスピード血統、母父ラストタイクーンは高速馬場を得意とし、長く良い脚を使うタイプです。この辺のバランスがNHKマイルとダービーの変速2冠を成し遂げたバックボーンになっている感じがします。
----------
【母父ダハール】
【競走成績】 米仏7勝、サンルイスレイS-GⅠ、サンファンカピストラーノH-GⅠ、リュパン賞-GⅠ、センチュリーH-GⅠ。
【種牡馬成績】 ストーニーベイ(ザBMW-GⅠ)、ダーチャ(シドニーC-GⅠ)、ダリアズレガシー(南アゴールデンスリッパー-GⅠ)、コービー(サンフェリーぺH-GⅡ)
【母父成績】 後ほど追加

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母系にはブランドフォード系Crepello、ハイペリオン系ヴィエナとスタミナに優れた血、リファール系のタフでスピード持続力のある血が入っています。そこにスピードに優れたミスプロ系の父キングカメハメハとのマッチングは非常に興味深いものがあります。牝系は、体質が強く、タフに走る血統ですので、良い方に出れば馬主孝行な馬になるかと思います。ただ、これまで牝系でよく走った馬が騙馬である点から、気性だけはちょっと心配です。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 中尾秀正
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 20 位
勝ち数 31 勝、勝率 16.0% 、連帯率 25.8%
主な管理馬 ビッググラス

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業して3年目の昨年30勝を越えた新進気鋭の期待のトレーナーの一人です。騎手にはまだ傾向はありませんが、柴山騎手、安藤勝騎手、和田竜騎手などを使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:395kg
体高:149.5cm
胸囲:169cm
管囲:19cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 △
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 顔は素直そうですね。手綱からも扱いやすそうな感じが良く出ています。馬体はコンパクトにまとまっていて、これぞ父キングカメハメハの牝馬という感じで、強いバネと胴の収縮を感じます。そのバネをしっかりと地面に伝える脚もとは、クッションがよさそうで、繋ぎの角度も良い感じです。飛節が力強くて、いかにもトモの後ろに良い筋肉がついてきそうです。トモ全体としては、ボリュームがもう少し欲しいところですが、無駄な肉がありませんので、現状ではこんなもんでしょう。距離は短めでしょうが、じつにおもしろい牝馬です。馬体は、390キロ台と小さく、腰高でかなりの成長が見込めることを考えても★1つ減らします。歩様は、腰高が影響し、かなりふらふらしていますが、前肢の脚もとはちょっと気になりますね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 本馬は、私が見た中では繋ぎの柔らかいキングカメハメハ産駒牝馬の2頭のうちの1頭です。もう1頭のフリーヴァケイションよりは馬体の完成度は低いですが、逆に伸びしろは大きいと言えるでしょう。本馬の場合、血統的な欠点も特に無く、繁殖ポテンシャル、馬体とも大きなマイナスはありません。
----------------------------

カテゴリー: 54054.ヒアズホービングの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

54 . アルテアロゼア(ヒアズホーピングの06)を紹介する。

関連記事

54 . アルテアロゼア(ヒアズホーピングの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー