Home >  59059.ケイティーズファーストの06 >>  59 . ファーレサルティ(ケイティーズファーストの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

59 . ファーレサルティ(ケイティーズファーストの06)

【馬名】 59 . ファーレサルティ(ケイティーズファーストの06)
【由来】Fare Salti 「一緒に踊る」の意。数多くの勝利を挙げることで、皆が何度も歓喜の踊りができるように。父名より連想。(伊語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 ダンスインザダーク
【母】 ケイティーズファースト (母父 Kris )
【生年月日】 3006年2月26日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 2,400 万円(一口価格 6 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 父の産駒らしく、体高と胴の伸びに恵まれた馬体をしています。薄く柔らかい皮膚感からは、新陳代謝の良さがハッキリと分かり、しっかりとした造りの中躯からは心肺機能の確かさと内臓面の強さを感じ取ることができます。放牧地では真っ直ぐ伸びた狂いのない四肢と柔軟な筋肉で軽快なフットワークを見せており、母系に流れるスピード能力が本馬にもしっかりと継承されていることが分かります。時折他馬を寄せ付けないような牝馬らしからぬ威圧感をも覗かせています。スタミナ×スピードのバランスの取れた配合になっており、幅広い距離で高いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1987 生まれ、本馬は 19 歳の時の産駒
【母の戦歴】 英3勝
【主な勝ち鞍】 Remembrance Day S-L
----------
【競走年齢に達した産駒数】 11 頭 ※未出走引退のマイケイティーズ(アドマイヤムーンの母)を含む
【中央で勝ち上がった産駒数】※英含む 6 頭
【代表産駒】 ゴーステディ(父トニービン、牡)6勝、トールハンマー(父エリシオ、牡)6勝
【産駒のデビュー時期の傾向】 一番デビューが早かった馬で2歳12月、ほとんどの産駒が3歳2月以降のデビューです。
【産駒の馬場・距離適性】 適性は相手種牡馬でばらばらでどちらかというと相手種牡馬の得意な馬場と距離で走っている産駒が多いです。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 高齢ですが、それでも直近の産駒も非常によく走っています。もともと繁殖ポテンシャルが高かったのは間違いないですね。それと、どちらかというと相手種牡馬の良いところを引き出す繁殖のようで、相性によってはまだ3,4勝する馬は出せそうです。ただ、現実的にはゴーステディの成績が上限と考えて良いのではないかと思います。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× エタン 系
【同系の主な活躍馬】 ネオユニヴァース、チャペルコンサート、チューニーなど(いずれも父サンデーサイレンス)
【本馬のクロス】 ニアークティックの5×4、Relance,ポリック(全姉弟)の5×4
【牝系の特徴】 牝系は言わずとしれた名牝ケイティーズ一族であります。祖母ケイティーズは、英3歳牝馬チャンピオンで英4勝で、愛1000ギニー(GI)、コロネーションS(GII)勝ちなどがありますが、繁殖に入ってからが実にすごくて、重賞勝ち馬を3頭輩出して、そのすそ野を広げています。ちなみにヒシアマゾン(父シアトリカル、牝)、最優秀2・3歳・古牝馬、10勝、エリザベス女王杯(GI)、阪神3歳牝馬S(GI)、オールカマー(GII)、NZT4歳S(GII)、京都大賞典(GII)、ローズS(GII)、クリスタルC(GIII)、クイーンC(GIII)、クィーンS(GIII)、ジャパンC(GI)2着、有馬記念(GI)2着。ヒシナイル(父A.P.Indy、牝)2勝、フェアリーS(GIII)、フラワーC(GIII)3着。ヒシピナクル(父シアトリカル、牝)4勝、ローズS(GII)。という感じです。本馬の甥にはアドマイヤムーンがいます。
【近親の活躍馬】 アドマイヤムーン(父エンドスウィープ、牡)8勝、ドバイドューティーフリー(GI)、宝塚記念(GI)、札幌記念(GII)、京都記念(GII)、弥生賞(GII)、札幌2歳S(GIII)、共同通信杯(GIII)
----------
【父ダンスインザダーク】
【競走成績】 日で2~3歳時に8戦5勝。96年最優秀3歳牡馬。菊花賞-GⅠ(芝3000m)、弥生賞-GⅡ(芝2000m)、プリンシパルS(芝2200m)、東京優駿-GⅠ2着、きさらぎ賞-GⅢ2着、ラジオたんぱ杯3歳S-GⅢ3着。
【種牡馬実績】 97年より供用。デルタブルース(メルボルンC-GⅠ、菊花賞-GⅠ、ステイヤーズS-GⅡ)、ザッツザプレンティ(菊花賞-GⅠ、ラジオたんぱ杯2歳S-GⅢ)、ツルマルボーイ(安田記念-GⅠ、金鯱賞-GⅡ、中京記念-GⅢ)、ダンスインザモア(スプリングS-GⅡ)、ファストタテヤマ(京都新聞杯-GⅡ、デイリー杯2歳S-GⅡ)、ダイタクバートラム(阪神大賞典-GⅡ、ステイヤーズS-GⅡ、北九州記念-GⅢ)、タガノマイバッハ(産経大阪杯-GⅡ、中京記念-GⅢ)、トーホウアラン(京都新聞杯-GⅡ、中日新聞杯-GⅢ)、ジョリーダンス(阪神牝馬S-GⅡ)、オイワケヒカリ(フローラS-GⅡ)
【2007年種牡馬リーディング】 3 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 20 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 5 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 7 %、2歳勝馬率 13 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 8 %、3歳勝馬率 37 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 母ダンシングキイには、スタミナ豊富なネイティブダンサー系レイズアネイティブ、リボー系Graustarkをベースに、スタミナと粘りのあるタフなスピード血統のニジンスキーを父に持つ、血統的に非常に完成度の高い繁殖です。相手には豊かなスピードを背景に”瞬発力”、”切れ”、”決め手”を持つ種牡馬が合うのですが、サンデーサイレンスはその点でこの繁殖にぴったり合う種牡馬だったと言えます。ダンスインザダーク自身は、スタミナ十分のステイヤーでありながら体型的には前躯もしっかりとしてスピードも十分兼備している。このため高速決着の中-長距離で強さを発揮できたと言えます。産駒は、比較的デビューが遅く、さらに開花も遅めのため、POG向きの種牡馬ではないものの、成長力に富み、大成したときには長く安定して芝中-長距離ステージで活躍します。牝馬に良績が少ないのは、その能力の開花時期や距離的に合う、合わないの兼ね合いによるものだと思います。走っている産駒は、トモに幅というより奥行きがあるものが多く、その点は要チェックです。相手繁殖には、単調なスピード血統だとかえって、父ダンスの良いところが出ない感じもあり、”スピード持続力”と”底力”のある血統背景の牝馬を選ぶと良いかもしれません。
----------
【母父Kris】
【競走成績】 英で16戦14勝。サセックスS-GⅠ、セントジェームズパレスS-GⅡ、ロッキンジS-GⅡ、クリスタルマイル-GⅡ、QEⅡS-GⅡ、グリーナムS-GⅢ、ホーリスヒルS-GⅢ、英2000ギニー-GⅠ2着
【種牡馬成績】 フラッシュオブスティール(愛2000ギニー-GⅠ)、オーソーシャープ(英オークス-GⅠ)、ユナイト(英オークス-GⅠ)、シングルエンパイア(伊ダービー-GⅠ)、ラーファ(仏オークス-GⅠ)、レンドアハンド(伊グランクリテリウム-GⅠ)、シェイヴィアン(セントジェームズパレスS-GⅠ)
【母父成績】 ネオユニヴァース(東京優駿(GI)、皐月賞(GI)、スプリングS(GII)、大阪杯(GII)、きさらぎ賞(GIII))、クラシックパーク(愛1000ギニー(GI))、エパロ(シンガポール航空国際C(GI))、オカワンゴ(仏グランクリテリウム(GI))、アズマビヨンド(阪神JF(J・GII))、チューニー(クイーンC(GIII)、優駿牝馬(GI)2着)、クリスザブレイヴ、スムースバリトン、エイシンドーバー、チョウカイリョウガ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "本馬の血統評価のポイントは、ヘイルトゥリーズン系の父ダンスインザダークとエタン系の母父Krisの血の相性でしょう。ご存じのとおりエタン系Krisを母父に持つと言えばその代表格はやはりネオユニヴァースです。ネオユニヴァースは、父サンデーサイレンスに良く似た種牡馬で、サンデーサイレンスの後継種牡馬の中でも牧場では非常に期待が高い種牡馬です。もともとネイティヴダンサー系のエタンは、血統的には”パワー”、”スタミナ”系の種牡馬なのですが、日本の軽い馬場にも対応できる特質を持っているようです。

しかし、ネオユニヴァースもしかりですが、同系の活躍馬達も、早い内に活躍しても、古馬になってまったく活躍できない傾向があり、いわゆる底が浅いというのが、これまでの傾向とその評価です。そこに晩成のダンスインザダークとの配合は、評価が非常に難しいですね。果たしてダンスインザダークの成長力が、エタン系の底の浅さをカバーして、なおかつ早い時期からの活躍はエタン系の血が支えると言った一挙両得なんてことが起こるのかどうか、生き物なので、何が起こるかわかりませんが、私はその逆に双方の特色が打ち消し合ってしまう方の懸念を抱かずにはおけません。

母の産駒で同系配合は3つ上のプリンセスドルチェ(父アドマイヤベガ)がいますが、3歳4月(2006年4月)にデビューして、2007年3月までで13戦2勝と芝中距離を中心に走っています。個人的には、この馬の方がまだ血統構成としては良い感じがしますので、これ以上は望めないのではと思います。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 藤岡健一
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 34 位
勝ち数 25 勝、勝率 8.9% 、連帯率 17.4%
主な管理馬 タマモサポート

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業6年目ですが、ここのところ3年間で2度20勝を超えています。これまでの管理馬にはアズマサンダース、トップオブワールドがいます。騎手はほとんど藤岡騎手ですね。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:453kg
体高:158cm
胸囲:174cm
管囲:19.5cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 △
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ この母の産駒は本当に馬体を良く見せますね。形だけだと欠点らしい欠点はほとんど見あたりませんからね。顔良く、首さしよく、前後の筋肉がしっかりと柔らかそうに骨格を覆っています。トモも幅があり、飛節もしっかりしていますので、これからトモの裏側にも良い筋肉がついてくるでしょう。ちょっと繋ぎが立ち気味に見えますが、気にならない程度ですね。前肢に均等にしっかりと体重が乗っていないという点と、胴にバネをあまり感じないという点をマイナスしました。馬体のサイズは非常に恵まれています。歩様は、前が若干遊びますが、それ以外は良い感じです。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 牧場で見た感じでは、馬体にもう少し血統馬らしい迫力が欲しかった感じがします。それでも馬体自体にはまったく問題はありませんでした。あとは母が高齢であるということと、父ダンスインザダークとの相性、それと調教師から騎手が固定になる可能性があるのがちょっと気になる点です。
----------------------------

カテゴリー: 59059.ケイティーズファーストの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

59 . ファーレサルティ(ケイティーズファーストの06)を紹介する。

関連記事

59 . ファーレサルティ(ケイティーズファーストの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー