Home >  0606.スプリンターキャットの06 >>  6 . オッキオディガット(スプリンターキャットの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

6 . オッキオディガット(スプリンターキャットの06)

【馬名】 6 . オッキオディガット(スプリンターキャットの06)
【由来】Occhio di Gatto 「猫目石、キャッツアイ」の意。母名より連想。(伊語)

【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 キングカメハメハ
【母】 スプリンターキャット (母父 Storm Cat )
【生年月日】 2006/4/17 生まれ
【生産牧場】 松田牧場
【募集価格】 3,400 万円(一口価格 8.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 トモ高でキ甲もぬけておらず今まさに成長の真っ只中ですが、胸の深さとトモの筋肉の充実は父、母父の影響をしっかりと受け継いだ証といえます。成長線が緩やかな右肩上がりであることは、その芯から緻密に組み上がっている骨格や関節の造り、長すぎず緩すぎない繋、そしてまっすぐな脚元を見ても明らかです。動きの第一歩がしなやかに出て全身運動へとつながっていくのは各関節の柔軟性の高さの証明でしょう。性格は温厚ですが今後の馴致や調教では血統面からくる頑固さと闘争心が出てきそうです。競走馬の基本である丈夫さにも自信のある一頭なので、オールラウンダーとして息の長い活躍が期待できます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1992 生まれ、本馬は 14 歳の時の産駒
【競走年齢に達した産駒数】 6 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 4 頭
【代表産駒】 初仔-テンザンデザート(父グリーンデザート)3勝、ファンタジーS(GIII)2着、フィリーズレビュー(GII)3着、菜の花賞勝ち。2番仔-タガノラフレシア(父エリシオ)3勝、アイビーS。
【産駒のデビュー時期の傾向】 ほとんどの産駒は2歳夏から冬にデビューしています。
【産駒の馬場・距離適性】 芝・ダート短-マイルを中心に走っています。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖としてのポテンシャルは高い方だと思います。産駒もある程度コンスタントに活躍しています。ただ最初の頃の産駒の方が後半の産駒より活躍しているので、このままだと尻すぼみです。なんとかもう一花咲かせて欲しいですね。本馬は、繁殖適期(8歳-14歳)内の産駒になります。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 スィープトウショウ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、キングカメハメハ、エルコンドルパサー、マイネルラヴ、アメリカンボスなど多数
【本馬のクロス】 ノーザンダンサー5×5×4
【牝系の特徴】 あまり活力がある牝系ではありませんが、世代毎に堅実に活躍馬を出しています。
【近親の活躍馬】 特になし
----------
【父キングカメハメハ】
【競走成績】 現役時代8戦7勝。NHKマイル、ダービーの変速2冠馬。他に毎日杯(GIII)、神戸新聞杯(GII)勝ち。
【種牡馬実績】 本邦新種牡馬
【種牡馬の寸評】 父は、ミスタープロスペクター系で日本での実績十分のキングマンボ、母父も日本で実績のあるラストタイクーン。競走馬としての実績以上に非サンデーサイレンス系ということで、サンデーサイレンス系牝馬と交配可能であることから、需要は非常に高く、年間種付頭数256頭という日本記録も持っています。期待の種牡馬には違いないのですが、1歳の産駒は総じて馬体バランスが悪いのが多く、成長と共にこれが良くなっていくのか個人的に注目しています。ただ種牡馬としては血統的バランスは良くて、父ミスプロ系は典型的なスピード血統、母父ラストタイクーンは高速馬場を得意とし、長く良い脚を使うタイプです。この辺のバランスがNHKマイルとダービーの変速2冠を成し遂げたバックボーンになっている感じがします。
----------
【母父Storm Cat】
【競走成績】 米で8戦4勝。ヤングアメリカS-GⅠ、BCジュヴェナイル-GⅠ2着
【種牡馬成績】 ジャイアンツコーズウェイ(セントジェームスパレスS-GⅠ、英インターナショナルS-GⅠ、エクリプスS-GⅠ、サセックスS-GⅠ、愛チャンピオンS-GⅠ、サラマンドル賞-GⅠ)、タバスコキャット、キャットシーフ、デザートストーマー、ネブラスカトルネード、ブラックミナリュージュ、シーキングザダイヤ
【母父成績】 スパイツタウン(BCスプリント-GⅠ、チャーチルダウンズH-GⅡ)、ファレノプシス(桜花賞-GⅠ、秋華賞-GⅠ、エリザベス女王杯-GⅠ)、メイショウボーラー(フェブラリーS-GⅠ、デイリー杯2歳S-GⅡ、小倉2歳S-GⅢ、根岸S-GⅢ、ガーネットS-GⅢ)、ブッダ(ウッドメモリアルS-GⅠ)、スカイメッサ(ホープフルS-GⅠ)、ロッキングトリック(ブエノスアイレス大賞典-GⅠ)、スイートカトマイン(デルマーデビュタントS-GⅠ)、ブラックタキシード(セントライト記念-GⅡ)、シンコールビー(フローラS-GⅡ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母系は、ファラリス系のSham、トゥルビオン系のLuthier、ブランドフォード系のExburyなどの血が入ったかなりマイナーな血統で比較的スタミナ系ですね。母父ストームキャットと聞くとファレノプシスが一番に頭に浮かびますが、メイショウボーラーなんかもそうですね。ストームキャットはストームバード系種牡馬で、どちらかというとデピュティミニスター系に良く似たスピード持続力のある血統です。ということで、父からは”スピード”、”瞬発力”を強化して欲しいところですが、そこにミスプロ系のキングカメハメハは実におあつらえ向きです。

これまで兄弟で活躍した初仔テンザンデザートや2番仔タガノラフレシアは、ノーザンダンサーの3×4の強いクロスがありました。一方で本馬と同様ミスプロ系の父フォーティーナイナーの産駒である4番仔タガノインゴットはノーザンダンサーのクロスをもっていません。本馬は、4番仔と同じミスプロ系ではありますが、ノーザンダンサーのクロスを持っていますし、父キングカメハメハから”瞬発力”と”スピード持続力”が強化されていますので、初仔や2番仔と同様な大活躍を期待したいですね。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 国枝栄
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 6 位
勝ち数 40 勝、勝率 12.5% 、連帯率 23.7%
主な管理馬 マツリダゴッホ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ 当たり前のように毎年30勝以上している名トレーナーの一人です。この4年間に2度40勝以上しています。今年のNHKマイルCのピンクカメオはかなりのインパクトでしたね。これまでの管理馬には、ブラックホーク、ウインジェネラーレ、マツリダゴッホなどがいます。横山騎手、蛯名騎手をよく使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:434kg
体高:155cm
胸囲:176cm
管囲:20cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 -
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 -
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "馬体は、顔はきつそうに見えますが、手綱から人には従順そうです。首差しがよく、長さもちょうど良いです。馬体は飛節がしっかりしていて、大腿二頭筋が既に発達しています。トモの筋肉はボリューム感があって幅もあります。繋ぎは長めで、角度は良い感じです。ちょっと気になるのは、し軸(爪と繋ぎの角度)が合っていないことでしょうか。でも、撮影の角度でそう見えるのかもしれません。

4月生まれですが、仕上がりはかなり早そうな印象を受けます。しばらくこの馬を眺めて見ていると、この形がキングカメハメハ産駒本来の形なのかもしれないと思ってきました。トモに切れがありそうで、芝のマイル前後で活躍しそうです。馬体のサイズは、これからの成長を考えるとちょうど良いと思います。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 牧場ではキングカメハメハの牡馬の中ではかなり高い評価をしている1頭とのことです。馬体は成長を見込むと、バランスがちょうどよいということでした。牧場の評価が良いだけあって、厩舎も非常に良い厩舎に行きますね。個人的にもキングカメハメハの牡馬の中ではかなり良い方だと思います。繋ぎが柔らかそうなキンカメ牡馬は、おそらくこの1頭だけでしょう。牧場ではキングカメハメハ産駒は、大体は繋ぎが少し硬めとのことでしたが、硬めの方が走る種牡馬もいますので、これは一概には言えませんが、今後の観察材料ですね。本馬で気になるのは、母の産駒実績から繁殖のピークを過ぎている感じがあるということ、また、成長とともにあまり母父ストームキャットが出ると、重たくなりそう(ダートっぽくなりそう)だということ、その2点ですね。しかしながら、トータル的には間違いなく良い馬だと思います。
----------------------------

カテゴリー: 0606.スプリンターキャットの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

6 . オッキオディガット(スプリンターキャットの06)を紹介する。

関連記事

6 . オッキオディガット(スプリンターキャットの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー