Home >  62062.ルビーマイディアの06 >>  62 . ロッソネロ(ルビーマイディアの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

62 . ロッソネロ(ルビーマイディアの06)

【馬名】 62 . ロッソネロ(ルビーマイディアの06)
【由来】Rosso Nero 「赤と黒」の意。母名(ルビー)から赤、父名(クロフネ)から黒を連想。 サッカーセリエAのビッグクラブ、ACミランの俗称でもあり、華々しい活躍ができるように。(伊語)

【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 クロフネ
【母】 ルビーマイディア (母父 ゴーンウェスト )
【生年月日】 2006年5月10日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 4,000 万円(一口価格 10 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 5月生まれではありますが、絶妙なバランスの筋肉質な馬体はそのハンデを感じさせない出来となっています。発達した胸前から繰り出される前肢のかき込みは大地をしっかりと捕らえており、走りにぶれがありません。各関節の柔軟性が抜群である本馬の常歩からは、父の産駒にありがちな硬さは全く感じられません。新たな環境下でも物怖じすることのない性格ですので、これから始まる本格的なトレーニングも難なくクリアしていくでしょう。パワー指向の強い父の産駒ですが、本馬はスピードの絶対値の違いで芝・ダートを問わずその快速ぶりを見せてくれそうです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 15 戦 2 勝
【母の馬場・距離適性】 芝・ダート短距離
【母のデビュー時期】 3歳2月
【母の引退時期】 1998/9/5 (引退年齢 4 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2000/3/12
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 7 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 5 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 2 頭
【代表産駒】 アドマイヤカリブ(父サクラバクシンオー、牡)2勝、函館2歳S(GIII)3着。
【産駒のデビュー時期の傾向】 勝ち上がった産駒はいずれも2歳夏デビュー。
【産駒の馬場・距離適性】 芝中距離を走った馬もいるが、本質は芝短-マイル。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖としてのポテンシャルは高いと思いますが、相手種牡馬を選ぶのか、産駒の成績が極端ですね。繁殖適期としては晩期にあたりますので、もうひと花という感じですね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ミスタープロスペクター 系
【同系の主な活躍馬】 コンゴウリキシオー、アサクサデンエン、シーキングザダイヤ、ビハインドザマスク、ホオキパウェーヴなど
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの5×4、ニアークティックの5×5、ボールドルーラーの5×5
【牝系の特徴】 祖母ノースサイダーは、米古牝馬チャンピオンで、米15勝(サンタ マルガリータ招待H(GI)、アップルブラッサムH(GI)、マスキットS(GI)など)の名牝。その近親には重賞勝ち馬も多い。
【近親の活躍馬】 サザンビューティー(2勝、フェアリーS(GIII)3着)
----------
【父クロフネ】
【競走成績】 日で2~3歳時に10戦6勝。01年最優秀ダートホース。ジャパンCダート-GⅠ(ダ2100m)、NHKマイルC-GⅠ(芝1600m)、武蔵野S-GⅢ(ダ1600m)、毎日杯-GⅢ(芝2000m)、神戸新聞杯-GⅡ3着、ラジオたんぱ杯3歳S-GⅢ3着。
【種牡馬実績】 02年より供用。フサイチリシャール(朝日杯FS-GⅠ、阪神C-GⅡ、東京スポーツ杯2歳S-GⅢ、萩S、スプリングS-GⅡ2着、共同通信杯-GⅢ2着、皐月賞-GⅠ5着)、ホワイトメロディー(関東オークス-GⅡ)、フラムドパシオン(ヒヤシンスS、UAEダービー-GⅡ3着)、シェルズレイ(ローズS-GⅡ2着、チューリップ賞-GⅢ2着、桜花賞-GⅠ5着)
【2007年種牡馬リーディング】 12 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 31 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 4 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 12 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 31 %、2歳勝馬率 36 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 10 %、3歳勝馬率 43 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 クロフネ産駒は、初年度からフサイチリシャールを輩出し、その後も勝馬率、勝率とも非常に良い成績です。ただ数字を見てわかるとおり、芝よりダートという傾向が若干強いですね。血統的には、父フレンチデピュティは、デピュティミニスター系で、逃げや追い込み一辺倒の馬が多いなど脚質的には不器用ですが、優れたスピード持続力を強く遺伝し、長い直線が得意な産駒が多いです。また、母系には典型的なスタミナ型のゲインズボロー系の血や、ヘイルトゥリーズン系の中でもスタミナに優れたロベルトなどが入り、”スピード”と”切れ”のあるナスルーラのクロスを持つなど、非常にバランスが良い血統構成だと思います。勝ち馬率、勝率ともタキオンにはかないませんが、かなりの成績と言ってよいでしょう。後はリシャールに続く大物を早い時期に出すことが、群雄割拠の種牡馬レースの中では至上命題と言えますね。産駒は、とにかく筋肉質で、芝・ダート兼用が多く、サンデー系に比べるとクッションが硬めの産駒が多いですが、ダート適性が示すとおり、この種牡馬に限っては、その部分はあまり気にする必要はないでしょう。せっかく芝・ダート兼用なのですから、基本的にあまりゴツゴツしていない産駒の方が走るステージが幅広く、オススメですね。
----------
【母父ゴーンウエスト】
【競走成績】 米で17戦6勝。ドワイヤーS-GⅠ、ゴーザムS-GⅡ、ウィザーズS-GⅡ、ウッドメモリアルS-GⅠ2着、ピーターパンS-GⅡ2着
【種牡馬成績】 ダホス(BCマイル-GⅠ2回)、ジョハー(BCターフ-GⅠ、ハリウッドダービー-GⅠ、オークツリーダービー-GⅡ)、コメンダブル(ベルモントS-GⅠ)、ザフォニック(英2000ギニー-GⅠ、サラマンドル賞-GⅠ)、スパイツタウン(BCスプリント-GⅠ)、グランドスラム(シャンペンS-GⅠ)
【母父成績】 モチヴェイター(英ダービー-GⅠ、レーシングポストトロフィー-GⅠ、ダンテS-GⅡ)、ヘルシーアディクション(サンタマルガリータ招待H-GⅠ)、カネトシディザイア(紅梅S)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母父ゴーンウェストは、その父ミスタープロスペクターから受け継いだ豊かなスピードで現役時代活躍しましたが、血統的には、その母父セクレタリアートからスピード持続型のボールドルーラー血や母系に入って底力が強化されるプリンスキロの血が入り、さらに母系の底流に流れるTom Foolや、ハイペリオン系のTudor Minstrelなどからスタミナが補強されていることから、決して単調な短距離血統ではありません。ただ、日本の高速馬場に対応するには”瞬発力”と”切れ”が不足しがちで、その点、父クロフネから”豊かなスピード”と”瞬発力”が補強されれば、鬼に金棒と言えます。ただし、母父がミスプロ系ということで、クロフネ産駒特有の芝・ダート兼用のいわゆる”軽さ”を得るのは難しいと思われ、ミスプロ系のダート向きの”スピード&パワー”が強調された感じで、本馬はどちらかというとダート専用っぽい血統構成ではないでしょうか。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 角居勝彦
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 31 位
勝ち数 27 勝、勝率 12.6% 、連帯率 21.0%
主な管理馬 ポップロック

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ ウォッカ、デルタブルース、カネヒキリ、ハットトリック、シーザリオなど近年の活躍はめざましいの一語。今乗りに乗っている調教師の一人。岩田騎手、武豊騎手、安藤勝騎手などトップジョッキーをバンバン使う厩舎です。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:430kg
体高:156.3cm
胸囲:174cm
管囲:19.2cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 -
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 顔が実に賢そうで、良い目をしています。首差し良く、肩、胸前にかけて柔らかそうな厚みのある筋肉がついています。脚はまっすぐで腕っぷしも強そうで、繋ぎの角度も良い感じです。トモにも非常にボリューム感のある筋肉がついており、幅や張りは申し分ありません。。飛節が、直飛っぽいのが気になりますが、その割には大腿二頭筋のところにも筋肉がついていて、トモの奥行きもまずまずといったところではないでしょうか。胴回りの収縮も良さそうですね。繋ぎ、肘下が短めで、ダートで走らせたら、弾けるような走りを疲労しそうです。馬体重もちょうどよく、腰高な馬体を見ても450キロ前後で出走になりそうです。DVDからも前肢の雰囲気はすごく良いですね。腰高なので後肢の踏み込みの甘さは、これから解消していくでしょう。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ この母の産駒にしては筋肉質で、ダート短-マイルという感じもありますが、軽そうなので芝でもいけるかもしれません。脚元の故障が少なそうな馬体で、遅生まれですが、順調に行けば早い時期から幅広いステージで活躍してくれそうです。
----------------------------

カテゴリー: 62062.ルビーマイディアの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

62 . ロッソネロ(ルビーマイディアの06)を紹介する。

関連記事

62 . ロッソネロ(ルビーマイディアの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー