Home >  66066.ウインフィオーレの06 >>  66 . ペルシステンテ(ウインフィオーレの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

66 . ペルシステンテ(ウインフィオーレの06)

【馬名】 66 . ペルシステンテ(ウインフィオーレの06)
【由来】Persistente 「持続する」の意。最後の直線でいい脚を持続し、突き抜けることを期待して。父の現役時代の末脚より連想。(ポルトガル語)

【性別】 牡
【毛色】 栗毛
【父】 ジャングルポケット
【母】 ウインフィオーレ (母父 フジキセキ )
【生年月日】 2006年2月12日 生まれ
【生産牧場】 白老ファーム
【募集価格】 2,400 万円(一口価格 6 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 中サイズで胴伸びの良い骨格に、幅があり良く発達した肩やトモの筋肉を授かった本馬は力量感に富み、すでに歴戦のつわものといった印象を受けるほどの風格を身につけています。プライドが高く負けず嫌いで、日々精力的にグループ内を闊歩する様子を見ると、まるでトニービン直仔のようで、野性味溢れる猛々しさまで共通しています。もともと丈夫な体質で脚元の乾き具合も良好なだけに、今後も前倒しで育成メニューをこなして早期デビューも狙っていける筈です。主に芝の中距離を主戦場に、長い直線で末脚を伸ばすインパクトのある活躍を期待しています。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1999 生まれ、本馬は 7 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 1 戦 0 勝
【母の馬場・距離適性】 ダート中距離を1戦のみ
【母のデビュー時期】 3歳3月
【母の引退時期】 2002/3/2 (引退年齢 3 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2003/4/22
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 2 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 2 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 初仔3歳1月、2番仔3歳3月とあまり早くはない。
【産駒の馬場・距離適性】 ダート短距離

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 現役引退後直ぐに繁殖入りしていますが、1戦しかしていないのと、タイム的にもゆるく、ほとんど無理はしていないので、疲労感を残して繁殖入りしたとは考えなくても良いと思います。よって、繁殖ポテンシャルはまず高いのではないでしょうか。初仔オンシジュームの成績などから、産駒は2頭とも母父フジキセキの収縮のきつさが出ている感じですので、産駒は胴が伸びやかで、後肢の稼働域が広い方が走る可能性が高いと思いますので、その辺が判断基準です。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 グレイソヴリン(ゼダーン) 系× ヘイルトゥリーズン 系
【同系の主な活躍馬】 フサイチホウオー、トウセンキャプテン
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの4×4、Hornbeamの4×4
【牝系の特徴】 母の兄弟には天皇賞(秋)馬のムービースター(父ディクタス、9勝、中山記念(GII)、中京記念(GIII)、金鯱賞(GIII)、北九州記念(GIII))がいます。祖母ダイナビームからまずまずの広がりを見せている牝系です。
【近親の活躍馬】 オースミタイカン(4勝、八雲特別、函館記念(GIII)2着)、スギノエクセル(2勝、クローバー賞)
----------
【父ジャングルポケット】
【競走成績】 日で2~4歳時に13戦5勝。01年年度代表馬、最優秀3歳牡馬。ジャパンC-GⅠ(芝2400m)、東京優駿-GⅠ(芝2400m)、共同通信杯4歳S-GⅢ(芝1800m)、札幌3歳S-GⅢ(芝1800m)、天皇賞・春-GⅠ2着、皐月賞-GⅠ3着
【種牡馬実績】 03年より供用。03~06年はシャトル種牡馬(新国)として供用。タスカータソルテ(京都新聞杯-GⅡ、福寿草特別)、フサイチホウオー(共同通信杯-GⅢ、ラジオNIKKEI杯2歳S-GⅢ、東京スポーツ杯2歳S-GⅢ、皐月賞-GⅠ3着)、トーセンキャプテン(アーリントンC-GⅢ、こぶし賞)、ジャングルテクノ(シンザン記念-GⅢ5着)、シグナリオ、レオエンペラー
【2007年種牡馬リーディング】 26 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 27 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 11 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 9 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 14 %、2歳勝馬率 25 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 11 %、3歳勝馬率 32 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "初年度産駒のフサイチホウオーが、いきなり3戦3勝、重賞2勝と、クラシック戦線の中心として注目されました。新種牡馬ランキング2位と好発進には違いないですが、データ的には仕上がりが遅いのが目立ちます。同年に産駒がデビューしたタニノギムレット(2歳戦122回出走)、マンハッタンカフェ(2歳戦125回出走)に比べて、圧倒的に2歳戦の出走回数(46回出走)が少なく、仕上がりが遅いというデータになっています。この仕上がりの遅さは、個人的な見解ではありますが、父に似た背タレ気味の産駒が多いことも原因のひとつではないかと思います。背タレ気味の産駒でも、積極的な性格で調教量も多い場合には、徐々に背腰に筋肉がついてきて仕上がりにも問題ありませんが、基本的には背中に疲れがたまりやすい体型ではないかと思います。ただ、母父サンデーサイレンスとの相性については、まだまだライバルにひけはとっておらず、これからこの点が本馬の生命線になると考えます。これからが本当の勝負ですね。

さて、血統ですが、父トニービンは、脚質的に不器用ではあるものの、”持続力”と”瞬発力”を両方持ち合わせた種牡馬で、長い直線での爆発力はすさまじいものがあります。トニービンの母Severn Bridgeには母系に入ると良い競走資質を伝えると言われるハイペリオン系Hornbeamなどスタミナ系の種牡馬が多く、トニービンのタフネスさを裏付ける形となっています。一方、肝心のジャングルポケットの母系には、スピード値が高いヌレイエフ、さらに母ダンスチャーマーの母Skillful Joyがへイペリオンの5×5×5のクロスがあるように、スタミナ血統が多く入っています。すなわちジャングルポケットは、ハイペリオン系のスタミナに裏打ちされた、”スピード持続力”と”瞬発力”を持った種牡馬ということになります。バランス的には、スピード持続型の血統の繁殖が相手だと、産駒は中-長距離、スピード優先型の血統の繁殖だと、産駒はマイル前後ということになります。いずれにしても相手繁殖は少し早熟血統の方が良いのではないでしょうか。"
----------
【母父フジキセキ】
【競走成績】 日で2~3歳時に4戦4勝。94年最優秀3歳牡馬。朝日杯3歳S-GⅠ(芝1600m)、弥生賞-GⅡ(芝2000m)、もみじS(芝1600m)。
【種牡馬成績】 95年より供用。98~02年はシャトル種牡馬(豪州)として供用。サンクラシーク(ケープフィリーズギニー-GⅠ)、カネヒキリ(ジャパンCダート-GⅠ、フェブラリーS-GⅠ、ジャパンDD-GⅠ、ダービーグランプリ-GⅠ、ユニコーンS-GⅢ) 、コイウタ(ヴィクトリアM-GⅠ、クイーンC-GⅢ)、グレイスティアラ(全日本2歳優駿-GⅠ、兵庫CS-GⅡ、エーデルワイス賞-GⅢ)、ドリームパスポート(神戸新聞杯-GⅡ、きさらぎ賞-GⅢ)、ダイタクリーヴァ(スプリングS-GⅡ、鳴尾記念-GⅢ、シンザン記念-GⅢ、京都金杯-GⅢ2回)、タマモホットプレイ、メイショウオスカル、キタサンヒボタン、テンシノキセキ、トウショウアンドレ、グランパドドゥ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母系は、母系の底流にハイペリオン、そこに”スピード”、”スタミナ”、”底力”とバランス良いノーザンテーストが入り、さらに本馬の母父であるヘイロー系のフジキセキにより、スピード優先のマイラー資質が加わっています。母系からだけだと、”スピード優先”の資質が強く出てくる感じがあります。そこにトニービンの資質を強く受け継いだ父ジャングルポケットにより、本馬には”持続力”と”瞬発力”が加わり、ノーザンダンサーとHornbeamのクロスが上手く働けば、”スタミナ”と”底力”の底上げも可能です。血統だけ見ると、非常にバランスが良いですね。これらの資質が産駒に上手く発揮されていることを確認するためのチェックポイントとしては、胴回りが短く出ない(マイラーっぽくない)こと、後躯の稼働域が広く、背中が柔らかい(ストライドが伸びる感じ)ことですね。調教が始まって、本馬の乗り味が良いという評判があれば、背中の動きが柔らかいということで、まず走ると考えて良いのではないでしょうか。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 岡田稲男
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 85 位
勝ち数 16 勝、勝率 5.7% 、連帯率 12.5%
主な管理馬 ダンスオブサロメ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ まだ開業5年目で、特に活躍馬がいない中で2年目から昨年まで堅実に10勝以上しています。騎手は、秋山騎手が多いですね。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:458kg
体高:153cm
胸囲:174cm
管囲:20cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 母父フジキセキは、私の愛馬であったミラクルレイザーと一緒ですね。フジキセキが強く出過ぎると、窮屈でストライトが伸びない感じになります。とにかく柔らかいことが全てでしょう。本馬は、ジャングルポケット産駒に見られがちな背タレな馬体では無く、それでいてマイラー系の箱形の窮屈な馬体でもありません。脚元は良く乾燥しており、関節がしっかりしていて、ケガが少なそうです。首がちょっと太め、短めなのが、マイナスではありますが、問題の無い範囲でしょう。肘から下が短めで、繋ぎの角度も良く、飛節も力強く、トモの後ろに既に良い筋肉が発達しています。馬体のサイズもちょうどよく、歩様もこの時期としてはかなり安定しています。牧場で見たときに、気性が父親にそっくりだと思いましたので、その辺は個人的には力強く思いましたね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 血統的には非常にバランスが良い感じがします。馬体も少し首が太い以外は、ジャングルポケットの代表産駒になってもおかしくない出来です。問題は気性のオンオフですね。そこさえ問題なければ、かなりやれそうな感じがあります。
----------------------------

カテゴリー: 66066.ウインフィオーレの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

66 . ペルシステンテ(ウインフィオーレの06)を紹介する。

関連記事

66 . ペルシステンテ(ウインフィオーレの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー