Home >  70070.ブーケトスの06 >>  70 . ガリアーノ(ブーケトスの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

70 . ガリアーノ(ブーケトスの06)

【馬名】 70 . ガリアーノ(ブーケトスの06)
【由来】Galliano ミントなど多数の薬草を使った、バニラの香りが特徴的なイタリア産のリキュール。母名から草花を、父名からリキュールを連想して。(伊語)

【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 タニノギムレット
【母】 ブーケトス (母父 ヌレイエフ )
【生年月日】 2006年4月18日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 1,800 万円(一口価格 4.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 やや小柄に見えますが、父の産駒らしく筋肉量に恵まれました。夜間放牧を重ねることで少しずつではありますが馬体に伸びが出て、幅も増しています。丈夫な骨格を有し、それをまとう柔らかい筋肉が証明するように放牧地ではゴム鞠のような弾んだ動きを見せています。悍性が強く、自分の意思をしっかりとアピールする馬ですが、人とのコミュニケーションも上手く取ることができていますのでこれから始まる馴致や調教もトラブルなく進められそうです。早期のデビューを目標に、芝・ダートどちらでも対応できるオールラウンドな走りが望めそうです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2000 生まれ、本馬は 6 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 2 戦 0 勝、地方4戦1勝
【母の馬場・距離適性】 ダート短距離
【母のデビュー時期】 3歳9月
【母の引退時期】 2004/2/5 (引退年齢 4 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2005/2/27
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 1 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 1 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 0 頭

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 現役引退から繁殖入りまでに1ヶ月というのは、あまりにも短いですね。さらに引退までの6ヶ月に6戦していますので、例えレースそのものは楽であっても短いです。個人的には繁殖としてのポテンシャルを低く評価せざるを得ませんが、一方で、この母に活躍馬が出るとしたら繁殖黄金期に入ったこの時期しかないという見方もできます。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン(ロベルト) 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 ナリタブライアン、グラスワンダー、ライスシャワー、ファレノプシス、ステージチャンプ、タイムパラドックス、ハギノリアルキング、サニーブライアン、シルクプリマドンナなど多数
【本馬のクロス】 Graustarkの4×5、ネイティヴダンサーの5×5
【牝系の特徴】 そこそこ勝ち上がっている牝系ですが、相対的には地味ですね。
----------
【父タニノギムレット】
【競走成績】 日で2~3歳時に8戦5勝。東京優駿-GⅠ(芝2400m)、スプリングS-GⅡ(芝1800m)、シンザン記念-GⅢ(芝1600m)、皐月賞-GⅠ3着、NHKマイルC-GⅠ3着。
【種牡馬実績】 03年より供用。ウオッカ(東京優駿-GⅠ、阪神JF-GⅠ、チューリップ賞-GⅢ、エルフィンS、桜花賞-GⅠ2着)、ヒラボクロイヤル(青葉賞-GⅡ、ゆきやなぎ賞、毎日杯-GⅢ2着)、ゴールドアグリ(新潟2歳S-GⅢ)、ゴールデンシャイン(わらび賞)、コマンドールクロス、アブソリュート
【2007年種牡馬リーディング】 16 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 20 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 18 %、2歳勝馬率 22 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 7 %、3歳勝馬率 25 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "昨年デビューした初年度産駒の成績を見ると、2歳サイアーランキングは7位、新種牡馬ランキングでアドマイヤコジーンに次ぐ2位という成績を収め、幸先良いスタートを切りました。実際に、早々と9月に新潟2歳Sを制したゴールドアグリ、2007年のダービーを制したウォッカと同期の種牡馬レースでは一歩前に出た感じもありますが、牡馬の活躍馬を出すまでは、まだまだ油断はできません。特に勝馬率を見ると、2歳戦で勝ち上がっている産駒は多いものの、3歳以降伸び悩んでいるように、成長力という点で疑問符が付きますね。ですから、今年の3歳の秋以降、あるいは今年デビューの2歳産のパフォーマンスが、本種牡馬が一気にライバルに差をつけるカギを握っていることになりますね。

血統的には、父がヘイルトゥリーズン系にあって、”スタミナ”血統のロベルト系ブライアンズタイムで、母が切れ味鋭いカロ系のクリスタルパレス、母系には”闘争心”と”パワー”に勝るネイティヴダンサー系シーバード、そして母系の底流にタフなスタミナ血統のリボー系Graustarkがいて、父系の母型とクロスになっています。相手にはどちらかというと”スピード”と”決め手”のある種牡馬が良いですので、サンデー系は望むところのはずです。しかし、父ブライアンズタイム×母父サンデーサイレンス、あるいは母父ヘイロー系で成功した馬は現時点ではほとんどおらず、数少ない中でもプリサイスマシーン、ワイルドワンダーがいますが、勝ったレースはダートが多く、ワイルドワンダーに至っては全てダートとなっています。今年デビューした新馬の中でスズジュピターなど期待の2歳馬がいますので、これらの馬が活躍するようだと、父タニノギムレット×母父サンデーサイレンスには見直しが必要かもしれません。"
----------
【母父ヌレイエフ】
【競走成績】 英仏で3戦2勝。トーマンブライアン賞-GⅢ
【種牡馬成績】 シアトリカル(BCターフ-GⅠ)、パントレセレブル(凱旋門賞-GⅠ)、ミエスク(BCマイル-GⅠ2回)、スピニングワールド(BCマイル-GⅠ)、スキミング(パシフィッククラシック-GⅠ2回)、ブラックホーク(安田記念-GⅠ)
【母父成績】 キングマンボ(仏2000ギニー-GI、ムーンランドロンシャン賞-GI)、ジャングルポケット(東京優駿-GI、ジャパンC-GI)、デザートキング(愛ダービー-GI、愛2000ギニー-GI)、ステイトシティ(ドバイGS-GI)、ゴールドアリュール、イーグルカフェ、トゥザヴィクトリー、シンコウカリド、トーホウアラン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母系はスタミナ血統のブランドフォード系(ブレニム系)のFree Americaに、”パワー”と”闘争心”のネイティヴダンサー、タフでバテないボールドルーラー系ラジャババがいて、どちらかという中距離向きのスピード持続型ですが、マイルで味が出るスピード値の高いヌレイエフが入って、一変していますね。ただ、母の競走成績を見ると、ヌレイエフが強く出過ぎて、単調なスピード馬になっています。タフなスピード持続力を持つ父タニノギムレットとの配合で、少なくとも単調さはなくなることを期待したいですね。ただ、血統的には”決め手”に乏しい印象は否めず、距離が長めだとまだなんとかなりそうですが、短い方に出ると厳しい感じですね。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 池添兼雄
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 41 位
勝ち数 24 勝、勝率 9.0% 、連帯率 13.8%
主な管理馬 タガノバスティーユ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ ここ3年連続20勝以上しています。これまでの管理馬にヤマカツスズランがいます。先日ヤマカツオーキッドがコスモス賞(OP)を勝ちました。騎手は、池添騎手がほとんどです。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:413kg
体高:153cm
胸囲:171cm
管囲:19.2cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 腹袋が大きいのでちょっとボテッとした感じに見えますが、お腹を隠して見てみると、前後のバランスは悪くなく、むしろ良い方ですね。肘下が短く、安定感を感じます。繋ぎも短めで、ストライドが伸びるというより、ピッチ走法向きの繋ぎですね。トモはボリュームがまずまずあって、奥行きも、飛節からトモの裏にかけての大腿二頭筋もこの時期としては非常によく発達しています。首さしも良く、首が細めなのも良いですね。ちょっと気が強そうですが、これが本馬の”決め手”につながってくれれば良い成績を残せそうです。馬体は小さく、腰高で成長の予知はあるものの、牡馬ですので現状では★ひとつマイナスします。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母の繁殖ポテンシャルが低く、血量のバランスもベースになる血が弱く、それらの点ではあまり強気にはなれません。ただ、本馬の場合には、馬体は小さいものの、馬体バランスは非常に良いものがあり、そこには可能性を見いだしたいですね。
----------------------------

カテゴリー: 70070.ブーケトスの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

70 . ガリアーノ(ブーケトスの06)を紹介する。

関連記事

70 . ガリアーノ(ブーケトスの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー