Home >  73073.メヤディーニの06 >>  73 . オートキュイジーヌ(メヤディーニの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

73 . オートキュイジーヌ(メヤディーニの06)

【馬名】 73 . オートキュイジーヌ(メヤディーニの06)
【由来】Haute Cuisine 正餐に用いる厳格な作法に則ったフランス料理。父名より連想。(仏語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 フレンチデピュティ
【母】 メヤディーニ (母父 ミスタープロスペクター )
【生年月日】 2006年5月4日 生まれ
【生産牧場】 白老ファーム
【募集価格】 1,400 万円(一口価格 3.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 春先には目立たなかったものの、夏を迎えて飛躍的な成長を示している一頭です。逞しい首差しから肩の造りは強いかき込みを生み、それに負けず良く発育した後躯は強烈なキック力を生み出すはずです。放牧地では活発によく動き回る積極性が目立ちますが、人の指示に素直に従うことのできる真面目な性格でもあり、一戦ごとに持てる力を存分に出し切ることができるでしょう。スピードとパワーの絶対値の高さで常に活躍馬を送り続ける父、ダートの短距離で4勝を挙げた姉をイメージしても、本馬が堅実な競走馬として活躍を期待できる一頭に違いありません。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1995 生まれ、本馬は 11 歳の時の産駒
【母の戦歴】 仏1 戦 0 勝
----------
【競走年齢に達した産駒数】 4 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 2 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 2歳7月デビューから3歳7月デビューまでいます。傾向は認められません。
【産駒の馬場・距離適性】 芝中距離、ダート短-マイル

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母は外国で走っていますので、データはありませんが、産駒は早い時期でデビューした馬もいますし、成績がある時期から極端に落ち込むような状況も見られませんので、繁殖としてのポテンシャルはまずまず高いと思われます。相手種牡馬との相性によっては、活躍馬が出る可能性は十分にあります。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ミスタープロスペクター 系
【同系の主な活躍馬】 コンゴウリキシオー、アサクサデンエン、シーキングザダイヤ、ビハインドザマスク、ホオキパウェーヴなど
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの4×4、ボールドルーラーの4×5、ナスルーラの5×5
【牝系の特徴】 祖母ナイオディニは英3勝で、重賞2勝。ほかに数頭重賞馬がいますが、比較的地味な牝系です。
【近親の活躍馬】 スーパークック(米4勝-アクサーベン オークス(GIII))
----------
【父フレンチデピュティ】
【競走成績】 米で2~3歳時に6戦4勝。ジェロームH-GⅡ(ダ8F)。
【種牡馬実績】 96年より米で、01年より日で供用。03~05年はシャトル種牡馬(豪州)として供用。クロフネ(ジャパンCダート-GⅠ、NHKマイルC-GⅠ、武蔵野S-GⅢ、毎日杯-GⅢ)、ピンクカメオ(NHKマイルC-GⅠ)、ノボジャック(JBCスプリント-GⅠ、東京盃-GⅡ)、フレンドシップ(ジャパンDD-GⅠ)、レフトバンク(ホイットニーH-GⅠ、ヴォスバークS-GⅠ、シガーマイルH-GⅠ)、ハウスパーティー(プライアリスS-GⅠ)、メイオオンザサイド(ヒュマナディスタフH-GⅠ)、ジェネルー(5月25日大賞典-GⅠ)、ラトゥール(タヴォナデイルS-GⅡ)、ベラベルッチ(アスタリアS-GⅡ)、エイシンデピュティ(エプソムC-GⅢ)、ブライトトゥモロー(新潟大賞典-GⅢ)、サンアディユ(アイビスSD-GⅢ)、アルーリングボイス(ファンタジーS-GⅢ、小倉2歳S-GⅢ)、ライラプス(クイーンC-GⅢ)、アンブロワーズ(函館2歳S-GⅢ、阪神JF-GⅠ2着)
【2007年種牡馬リーディング】 7 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 30 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 9 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 12 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 11 %、2歳勝馬率 17 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 12 %、3歳勝馬率 44 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "3歳の勝馬率をみていただければわかるとおり、かなり優秀な種牡馬の1頭です。高速馬場に適した種牡馬で、脚質はやや不器用ですが、優れたスピード持続力を遺伝します。これまでのデータを総合すると、芝・ダートがほぼ同じくらいの勝馬率で、まさに兼用の種牡馬です。ただ、本質的にはダートですので、馬体も筋肉質の産駒が多いです。デビューした産駒の約半数が3歳春には勝ち上がっているというのは驚異的ですね。

さて、血統構成ですが、”パワー”、”スピード持続系”のTourbillon系Ambiorixに、タフでスピード持続力に優れたボールドルーラー、”スタミナ”十分のプリンスローズ系Hold Your Peaceが入って、”スタミナ”、”パワー”、”スピード持続力”と一見すると良いバランスのようですが、実はボールドルーラー系のスピード値はそれほど高くなく、 さらに”決め手”に欠ける感は否めません。相手繁殖には、スピード値が高く、決め手、あるいは粘りのある血統が望ましいですね。"
----------
【母父ミスタープロスペクター】
【競走成績】 米で14戦7勝。カーターH-GⅡ2着、ファイアクラッカーH-GⅢ2着、ポーモノクH-GⅢ3着
【種牡馬成績】 フサイチペガサス(ケンタッキーダービー-GⅠ)、コンキスタドールシエロ(ベルモントS-GⅠ)、タンクスプロスペクト、キングマンボ、ラヴィネラ、ガルチ、リズム、フォーティナイナー、チェスターハウス、シーキングザゴールド、スキャン、ゴーンウエスト、アフリート、マイナーズマーク、ファピアノ、ジェイドロバリー、ミスワキ、マキアヴェリアン、ウッドマン、スキャターザゴールド、クラフティプロスペクター、ダミスター
【母父成績】 ノーリーズン(皐月賞-GI)、チョウカイキャロル(優駿牝馬-GI)、スパイツタウン(BCスプリント-GI)、ダンスホール(パリ大賞-GI)、ゴールデンオピニオン(コロネーションC-GI)、ラハーン(英1000ギニー-GI)、ファインダーズフィー(エイコーンS-GI)、ゴッドオブチャンス、ビハインドザマスク、ビッグゴールド、フサイチエアデールなど

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母系の底流には、”スピード持続力”のあるボールドルーラー、”スタミナ十分”のリボー系トムロルフ、”タフなスタミナ”と”粘り”のあるニジンスキーがいて、どちらかというと”タフなスタミナ”血統ですが、そこにミスタープロスペクターが入ることで、”スピード優先”に大きく舵を切っています。本馬の父フレンチデピュティは、”スピード持続型”の種牡馬ですが”パワー”もあります。そして芝・ダート兼用種牡馬ですが、基本的は米血脈のダート主戦ですので、母父のダート適性も考えると、本馬は極めてダートに出る確率の高い血統構成です。ということで、母父が強く出れば、ダート短距離をスピードで押しきる競馬をするでしょうし、父が強く出れば、ダートマイル前後で、直線でロングスパートをかけるような競馬をしそうです。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 平田修
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 175 位
勝ち数 7 勝、勝率 6.3% 、連帯率 14.3%
主な管理馬 ストラタジェム

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業2年目のトレーナーですが、今年は既に17勝(9/14現在)と一気の躍進していますので、これから楽しみなトレーナーですね。管理馬にはあのオークス2着のベッラレイアがいます。そう考えると、開業2年目でオークス制覇するところだったんですね。惜しかったですね。騎手は秋山騎手、福永騎手などを使っているようです。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:389kg
体高:152cm
胸囲:170cm
管囲:18.8cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 △
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 -
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体は父フレンチデピュティが強く出た感じで、筋肉隆々でありながらも脚元は軽そうで、芝・ダート兼用でいけそうな馬体です。首が細くて、動きが軽そうです。肩から胸前の筋肉は立派で、腕っぷしが強そうで、繋ぎの角度は良く、トモは幅、奥行きともあって、角度も良い感じです。ただ、馬体は小さく380キロ台は、牝馬ということや成長途上ということを考えても★一つマイナスです。歩様は、肩の出が少ないのがちょっと気になりました。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ これといった特筆すべきものもないのですが、バランスは非常に良く、いろいろなポイントで及第点と言って良いでしょう。ダート血統ですので、丈夫に長く走って欲しいですね。
----------------------------

カテゴリー: 73073.メヤディーニの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

73 . オートキュイジーヌ(メヤディーニの06)を紹介する。

関連記事

73 . オートキュイジーヌ(メヤディーニの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー