Home >  74074.フーラクサの06 >>  74 . エスプリヌーヴォー(フーラクサの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

74 . エスプリヌーヴォー(フーラクサの06)

【馬名】 74 . エスプリヌーヴォー(フーラクサの06)
【由来】Esprit Nouveau 「新しい精神」の意。母フーラクサと同じく、フランスで活躍した建築家ル・コルビュジエが創刊した雑誌名。またパリ万国博覧会では装飾のないモダニズム建築で「エスプリ・ヌーヴォー館」を設計。彼の提唱した近代建築の五原則はモダニズム建築の礎となった。競馬の新時代を築いて欲しいという思いを込めて。(仏語)

【性別】 牡
【毛色】 芦毛
【父】 ファルブラヴ
【母】 フーラクサ (母父 リナミクス )
【生年月日】 2006年2月1日 生まれ
【生産牧場】 英国
【募集価格】 2,800 万円(一口価格 7 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 フランスにおいて活躍馬を輩出しているファミリー出身である母の期待の初仔です。父の産駒らしく、コンパクトにまとまったパワフルな馬体を見せており、それを支持する四肢も狂いはなく頑丈です。また胸が深いこと、放牧地を駆け回った後の息の入りも早いことを考慮に入れると心肺機能の高さは疑う余地がありません。回転数の高いフットワークはスピード感十分で、その持続力も申し分なく、中距離戦でベストパフォーマンスを見せてくれそうです。本馬の前向きな気性と完成度の高い馬体を見ると、早期デビューも視野に入れておきたい一頭です。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2001 生まれ、本馬は 5 歳の時の産駒
【母の戦歴】 仏3勝
----------
【中央で勝ち上がった産駒数】 本馬が初仔

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖としては、適期に差し掛かる前です。フランスでどのくらい走ったのかわかりませんが、ネット上で検索すると、2004年10月18日の仏のレースPrix du Lieu Gaugainで2着に入っているのは、確認することができます。そのレースで引退したとしたら、半年近く休んで繁殖入りしたことになり、まったく問題ないことになりますね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 メイショウサムソン、フサイチコンコルド、ローレルゲレイロ、エイシンプレストン、メジロブライト、マグナーテン、ハギノハイグレイドなど多数
【本馬のクロス】 ヘイルトゥリーズンの5×4、Prince Johnの5×5、Lalun(牝馬)の5×5
【牝系の特徴】 重賞馬が世代に1,2頭はいます。なかなか勝ち上がっている牝系ですね。ブラックタイプに2-4勝馬が多数います。曾祖母ヒポダミアは仏2歳牝馬チャンピオンです。
【近親の活躍馬】 ウザミクス(仏3勝、ニエル賞(GII)、トーマスブライアン賞(GIII))、アレキサンダータンゴ(英2勝、愛1000ギニートライアル(GIII))
----------
【父ファルブラヴ】
【競走成績】 伊仏英愛米香日で2~5歳時に26戦13勝。03年欧州最優秀古馬、02年伊年度代表馬、03年英年度代表馬。共和国大統領賞-GⅠ(芝2000m)、ミラノ大賞-GⅠ(芝2400m)、ジャパンC-GⅠ(芝2200m)、イスパーン賞-GⅠ(芝1850m)、エクリプスS-GⅠ(芝10F7Y)、英インターナショナルS-GⅠ(芝10F88Y)、QEIIS-GⅠ(芝8F)、香港C-GⅠ(芝2000m)、伊ダービー-GⅠ2着、愛チャンピオンS-GⅠ2着、グイドベラルデリ賞-GⅢ2着、ガネー賞-GⅠ3着、BCターフ-GⅠ3着。
【種牡馬実績】 04年より供用。05年は英で供用。04~06年はシャトル種牡馬(豪州)として供用。07年の2歳世代が初年度産駒。ビーチアイドルが新馬戦(3回阪神・芝1200m)、フェニックス賞(2回小倉・芝1200m)と連勝。また、産駒のJRA初出走初勝利も達成した。
【2007年種牡馬リーディング】 224 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 24 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 24 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 0 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 22 %、2歳勝馬率 29 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
【種牡馬の寸評】 "まだ、一世代だけですが、なかなか検討していますね。特に産駒が芝しか走っていないのは特筆すべき点です。やはり高速の芝向きの種牡馬と言っても良いかもしれませんね。
血統構成は、父フェアリーキングが、ノーザンダンサー系の中でも特に良い遺伝資質を伝える種牡馬で、それはおそらく名牝スペシャルの血のなせる技なのではないでしょうか。母系にはスピード持続力のあるボールドルーラー系シアトルスルー、タフなスタミナ血統のリボー系Lithiot、”パワー”&”スピード”の高速芝を得意とするClarion、”スタミナ”血統のハイペリオン系Buisson d'Orの名前が見えます。これも非常にバランスが良いですね。何よりファルブラヴの種牡馬としてもポテンシャルは、父フェアリーキングの遺伝資質の伝達力にほかなりません。
馬場さえ合うようなら、世界で大繁栄をしてもおかしくないクラスの種牡馬だと言えます。"
----------
【母父リナミクス】
【競走成績】 仏4勝、仏2000ギニー-GⅠ、フォンテンブロー賞-GⅢ、ラロシェット賞-GⅢ。
【種牡馬成績】 サガミクス(凱旋門賞-GⅠ)、チェリーミクス(ジョッキークラブ大賞-GⅠ)、ヴァオリミクス(仏2000ギニー-GⅠ)、ミスサタミクサ(ジャックルマロワ賞-GⅠ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 母フーラクサの血統は、実におもしろい血統です。父リミナクスは、マイラーでしたが、産駒は凱旋門賞を勝ったサガミクスに代表されるように中-長距離で活躍する馬も多く、ちょうどサッカーボーイの産駒にステイヤーが多いのと似ていますね。実際に血統を見てみますと、父メンデスは、産駒にマイラーが多いものの、父系は”スピード持続力”と”タフさ”のあるリファール系で、、メンデスの母父には、切れ脚を遺伝するCaroがいます。これだけだとスタミナが不足しているんですが、ワキを固めているのが、スタミナ血統であるセントサイモン系のルファブリュー(Le Fabuleux) 、ハイペリオン系のOlympia、さらにリナミクス自身の母系には、テディ系Tanerko、ブレニム系Alycidon、ハイペリオン-Owen Tudor系のAbernantと、これでもかというくらいスタミナ系の配合が重ねられています。つまり本馬の母父リナミクスは、スタミナベースに、”スピード持続力、”タフさ”、”切れ”の血を配合された非常にバランスの良い種牡馬と言えると思います。一方、フーラクサの母系は、母系に入って優れたスピード持続力を補完するネヴァーベント系リヴァーマン、”スピード”と”切れ脚”では随一のナスルーラの血が入って、決め手に鋭い印象があります。ここに良い遺伝資質を伝える血を持ったファルブラヴが配合されていますので、母の血統のバランスの良さが十分に引き出される可能性があります。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 石坂正
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 16 位
勝ち数 33 勝、勝率 14.2% 、連帯率 27.2%
主な管理馬 アロンダイト

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業10年目で、4年目から毎年のように30勝以上あげてきました。名トレーナーの仲間入り間近というところでしょうか。サンライズペガサス、ヴァーミリアン、サカラート、アロンダイト、アストンマーチャンなどを管理してきました。武豊騎手をよく使います。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:471kg
体高:154cm
胸囲:176cm
管囲:20.2cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 -
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体は、顔が軽そうで、首はちょっと短めですが、首差しは良いですね。肩の角度かた中距離向きなのは間違いないところです。前後のバランスが良くて、肘から下が短め、繋ぎも短めで、故障も少なそうです。後肢も非常に良くて、バネをしっかり推進力につなげられそうな感じです。ファルブラヴの産駒は、筋肉質でがっちりしたタイプが多いように思いますので、本馬は、それに比べると薄くて、華奢な感じに見えますが、たとえ母に似たのだとしても、母系の資質も非常に良いので、問題はありません。歩様から繋ぎが柔らかく、前肢にブレがないのが非常に好感が持てます。初仔ですがサイズもちょうど良いですね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ この馬はあらゆる要素で、ほとんど文句の無い馬ですね。母がちょっと若いですが、初仔で良いサイズにでましたので、本馬にはかなり大きな期待を持って良いと思っています。
----------------------------

カテゴリー: 74074.フーラクサの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

74 . エスプリヌーヴォー(フーラクサの06)を紹介する。

関連記事

74 . エスプリヌーヴォー(フーラクサの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー