Home >  76076.キャサリーンパーの06 >>  76 . プラセンティア(キャサリーンパーの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

76 . プラセンティア(キャサリーンパーの06)

【馬名】 76 . プラセンティア(キャサリーンパーの06)
【由来】Placentia キャサリンパー妃の夫・イングランド王のヘンリー8世が誕生したロンドン郊外のグリニッジにある宮殿名。母名より連想。(英語)

【性別】 牝
【毛色】 黒鹿毛
【父】 トワイニング
【母】 キャサリーンパー (母父 リヴァーマン )
【生年月日】 2006年5月15日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 2,400 万円(一口価格 6 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 当クラブにGⅠ勝ちをもたらした母の最後の産駒になります。5月生まれですが、馬体はそれを感じさせないくらい伸びがあり、胸の深さは心肺機能の確かさを示しています。母の晩年の産駒ということで懸念される体質の弱さは全くなく、ここまでケガ知らずの健康優良児です。全身をバネのように使い、大きなストライドを繰り出し放牧地を駆け回る姿は、母系の良さをしっかり受け継いでいることを表しています。ミスプロ系のエルコンドルパサーを配合した兄弟3頭は、GⅠ勝ちの兄を筆頭に全て勝ち上がっており、同系種牡馬のトワイニングとの相性も良いでしょう。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1987 生まれ、本馬は 19 歳の時の産駒
【母の戦歴】 仏入着
【主な勝ち鞍】 オマール賞(GIII)2着、プシケ賞(GIII)2着、アスタルテ賞(GII)3着
----------
【競走年齢に達した産駒数】 9 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 5 頭
【代表産駒】 アロンダイト(父エルコンドルパサー、5勝、最優秀ダート馬、ジャパンカップダート(GI)、銀蹄S)、シースルーオール(5勝、淡路特別、白鷺特別)
【産駒のデビュー時期の傾向】 2歳秋-3歳春
【産駒の馬場・距離適性】 芝、短距離-長距離を主に走っています。ダートで試した馬も何頭かいますが、うまくいかず、この繁殖の産駒は芝中距離だと思われてきましたが、アロンダイトがダートで成功し、ちょっと印象が変わりました。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖としてはかなりの高齢で、活躍馬も多数出していることから、ピークは完全に終わった感じです。アロンダイトが晩期の産駒でありながら活躍したことから、まだまだやれるとついつい思ってしまいますが、むしろ例外と捉えるのが自然ではないでしょうか。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× ネヴァーベンド 系
【同系の主な活躍馬】 コクトジュリアン、ヤマカツリリー、アロンダイト、シャドウグラス、フィフティーワナー、ビッググラス
【本馬のクロス】 ネヴァーベンドの3×3、リボーの5×3
【牝系の特徴】 祖母リーガルイクセプションは、愛オークス(GI)馬で、英オークス(GI)も2着、凱旋門賞(GI)4着の名牝です。産駒にはローマ賞(GI)を勝ったオーバン(英伊5勝)、トワイライトアワー(フィユ ド レール(GIII))がいて、自身の兄弟にもエスプリデュノール(伊3歳牡馬チャンピオン、仏独伊4勝、ミラノ大賞典(GI)、オイロパ賞(GI)、英セントレジャー(GI)2着、仏ダービー(GI)3着、種牡馬)がいます。
----------
【父トワイニング】
【競走成績】 米で3歳時に6戦5勝。ピーターパンS-GⅡ(ダ9F)、ウイザーズS-GⅡ(ダ8F)、ドゥワイヤS-GⅡ2着。
【種牡馬実績】 95年より米で、00~01年は日にてリース、04年より日で供用。トゥーアイテムリミット(デムワーゼルS-GⅡ、ブラックアイドスーザンS-GⅡ、テンプティドS-GⅢ、カムリーS-GⅢ、ラスヴィルヘネスS-GⅠ2着、ガゼルH-GⅠ2着、BCディフタス-GⅠ3着)、ドーンオブザコンドル(ニッカーボッカーH-GⅡ)
【2007年種牡馬リーディング】 68 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 20 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 5 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 9 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 10 %、2歳勝馬率 14 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
【種牡馬の寸評】 "2000年度、2001年度に日本で供用され、03年新種牡馬リーディング2位となりました。ちなみに1999年は3頭中3頭、2000年は4頭中3頭勝ち上がり、2004年には97頭中40頭が勝ち上がり、勝ち馬率が実に41.2%を記録、通算でも9/14時点でこれまで日本でデビューした産駒の勝ち馬率は52.7%と驚異的な数字を記録しています。産駒は芝・ダートとも同じくらいの勝ち上がりで、距離は短-マイルがかなりの割合を示しています。2004年度に日本に買い戻され、2007年が本邦再デビューということになります。

血統構成としては、父フォーティナイナーは、ダートのマイル-中距離を中心に活躍しました。母系にスタミナ豊富なリボー系のトムロルフがいます。母父は高速馬場を得意とするネヴァーベントです。ナスルーラのクロスが3本入っていますが、これがこの種牡馬の決め手につながっていると思います。産駒は芝・ダート兼用で、距離はマイル前後までいけそうですね。"
----------
【母父リヴァーマン】
【競走成績】 英仏で8戦5勝。仏2000ギニー-GⅠ、イスパーン賞-GⅠ、ジャンプラ賞-GⅡ、英チャンピオンS-GⅠ2着、シャンペンS-GⅠ2着、キングジョージⅥ世&QES-GⅠ3着
【種牡馬成績】 デトロワ(凱旋門賞-GⅠ)、ゴールドリヴァー(凱旋門賞-GⅠ)、アイリッシュリヴァー(仏2000ギニー-GⅠ)、トリプティック(愛2000ギニー-GⅠ)、ポリスマン(仏ダービー-GⅠ)
【母父成績】 エルバーブ(英ダービー(GI))、カーネギー(凱旋門賞(GI)、サンクルー大賞典(GI))、スピニングワールド(BCマイル(GI)、愛2000ギニー(GI)、ジャックルマロワ賞(GI))、シックスパーフェクションズ(BCマイル(GI)、ジャックルマロワ賞(GI)、グランクリテリウム(GI))、バーリ(セントジェームズパレスS(GI)、QEIIS(GI))、エリモエクセル(オークス(GI))

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母父がタフなスピード持続力があるネヴァーベンド系リヴァーマン、その母系にはスタミナ豊富なプリンスローズ系の血がタフネスさを下支えしています。母系には、本馬のクロスにもなっている”タフさ”、”スタミナ”に良さがあるリボーや、同じくプリンスローズ系が入っており、全体としてタフなスピード持続型の血統構成の繁殖です。そこのスピードと切れのある父トワイニングで、マイル-中距離で長く良い脚を使う感じの血統構成になっています。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 石坂正
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 16 位
勝ち数 33 勝、勝率 14.2% 、連帯率 27.2%
主な管理馬 アロンダイト

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業10年目で、4年目から毎年のように30勝以上あげてきました。名トレーナーの仲間入り間近というところでしょうか。サンライズペガサス、ヴァーミリアン、サカラート、アロンダイト、アストンマーチャンなどを管理してきました。武豊騎手をよく使います。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:425kg
体高:154cm
胸囲:172.5cm
管囲:19cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 △
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ まずこの母の産駒で見栄えが悪かった産駒は見たことがありませんね。首さし、肩の筋肉、繋ぎ、ジョイント、背中のライン、飛節からトモの後ろにかけての雰囲気はすごく良い感じです。顔もすごく良いですね。大きな欠点は見あたりませんが、しいて上げれば、肩の角度が立っていて前肢の稼働域が狭そうなこと、それとトモにもう少しバネというか力強さが欲しいことですね。この2点については、走る距離との兼ね合いが出てきそうです。歩様は、前肢がブレないのは良いですね。ただ繋ぎはちょっと固そうで、脚を地面に突いて歩いているようです。これを見るとダートですかね。馬体重は少なめですが、体高もあるし、牝馬ですので、測尺は問題ないでしょう。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母が高齢であること以外は、欠点も少なく、アロンダイトと同型のミスプロ系×ネヴァーベンド系の配合は期待感があります。あとは牝馬の割に高めなので、何勝できる馬なのかをしっかり見極めてということになりますね。
----------------------------

カテゴリー: 76076.キャサリーンパーの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

76 . プラセンティア(キャサリーンパーの06)を紹介する。

関連記事

76 . プラセンティア(キャサリーンパーの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー