Home >  77077.マイワイルドフラワーの06 >>  77 . アンプレヴー(マイワイルドフラワーの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

77 . アンプレヴー(マイワイルドフラワーの06)

【馬名】 77 . アンプレヴー(マイワイルドフラワーの06)
【由来】Imprevu 「予期せぬ意外な出来事」の意。皆が信じる状況では勿論のこと、強豪ひしめく大舞台においても期待を大きく上回る走りを見せてくれることを期待して。(仏語)

【性別】 牝
【毛色】 栗毛
【父】 トワイニング
【母】 マイワイルドフラワー (母父 トップサイダー )
【生年月日】 2006年2月8日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 2,000 万円(一口価格 5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 正方形型のグラマラスなボディラインは重厚感に溢れており、父のシルエットにそっくりです。その支えとなる脚元は、牝馬らしからぬ大きな関節、しっかりとした蹄で構成され、馬体全体のまとまりの良さにつながっています。前躯と後躯をつなぐ要である背中の使い方が上手く、しっかりとした造りをしているため、どんな動きにもブレがありません。それが全体の安定感、各部位への負担軽減につながり、本馬の丈夫さの基盤になっています。強い気性を持ちながらも普段はどっしりと構えており、どんな位置からでも乗り手の指示に瞬時に反応出来る冷静さを持った競走馬になってくれそうです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1986 生まれ、本馬は 20 歳の時の産駒
【母の戦歴】 英米2勝
----------
【競走年齢に達した産駒数】 8 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 6 頭
【代表産駒】 ジョイフルハート(父サクラバクシンオー、8勝、BSN賞、エニフS、安芸S、サロマ湖特別、天王山特別)、ブルーメンブラット(父アドマイヤベガ、4勝、斑鳩S、大倉山特別、矢車賞、フラワーC(GIII)3着、阪神牝馬S(GII)5着)
【産駒のデビュー時期の傾向】 3歳デビューの産駒がほとんどです。
【産駒の馬場・距離適性】 芝・ダート、短-中距離と幅広い。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 高齢出産なので、あまり強気にはなれませんが、繁殖適期をはずれた時期の産駒であるブルーメンブラットが活躍したことから、年齢を重ねても繁殖ポテンシャルはそれほど大きく下がるタイプではないと思われます。よって、ここでも期待感はあります。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 スィープトウショウ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、キングカメハメハ、エルコンドルパサー、マイネルラヴ、アメリカンボスなど多数
【本馬のクロス】 War Admiralの4×5、ナスルーラの4×5、Princequilloの5×5、ネアルコの5×5、ネイティブダンサーの5×5
【牝系の特徴】 母の甥っ子に名種牡馬コジーン(米芝牡馬チャンピオン、米10勝、BCマイル(GI)、ロングフェローH(GII)、米チャンピオンサイアー)がいる牝系です。大きく世界に枝葉を広げていますが、本馬のラインもまずまずの広がりと言って良いのではないでしょうか。
【近親の活躍馬】 ダイキチムスメ(3勝、小倉2歳S(GIII)3着)
----------
【父トワイニング】
【競走成績】 米で3歳時に6戦5勝。ピーターパンS-GⅡ(ダ9F)、ウイザーズS-GⅡ(ダ8F)、ドゥワイヤS-GⅡ2着。
【種牡馬実績】 95年より米で、00~01年は日にてリース、04年より日で供用。トゥーアイテムリミット(デムワーゼルS-GⅡ、ブラックアイドスーザンS-GⅡ、テンプティドS-GⅢ、カムリーS-GⅢ、ラスヴィルヘネスS-GⅠ2着、ガゼルH-GⅠ2着、BCディフタス-GⅠ3着)、ドーンオブザコンドル(ニッカーボッカーH-GⅡ)
【2007年種牡馬リーディング】 68 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 20 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 5 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 9 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 10 %、2歳勝馬率 14 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
【種牡馬の寸評】 "2000年度、2001年度に日本で供用され、03年新種牡馬リーディング2位となりました。ちなみに1999年は3頭中3頭、2000年は4頭中3頭勝ち上がり、2004年には97頭中40頭が勝ち上がり、勝ち馬率が実に41.2%を記録、通算でも9/14時点でこれまで日本でデビューした産駒の勝ち馬率は52.7%と驚異的な数字を記録しています。産駒は芝・ダートとも同じくらいの勝ち上がりで、距離は短-マイルがかなりの割合を示しています。2004年度に日本に買い戻され、2007年が本邦再デビューということになります。

血統構成としては、父フォーティナイナーは、ダートのマイル-中距離を中心に活躍しました。母系にスタミナ豊富なリボー系のトムロルフがいます。母父は高速馬場を得意とするネヴァーベントです。ナスルーラのクロスが3本入っていますが、これがこの種牡馬の決め手につながっていると思います。産駒は芝・ダート兼用で、距離はマイル前後までいけそうですね。"
----------
【母父トップサイダー】
【競走成績】 米英で18戦8勝。スポーツペイジH
【種牡馬成績】 アサティス(ジョッキークラブ大賞-GⅠ)、ノースサイダー(サンタマルガリタ招待H‐GⅠ)、サルス(フォレ賞-GⅠ、チャレンジS-GⅡ2回)、トップコールサージ(スピンスターS-GⅠ)、タワフェアジ(モイグレアスタッドS-GⅠ)
【母父成績】 ガイデッドツアー(ワシントンパークH-GII、スティーブンフォスターH-GII、サンアントニオS-GII、ケンタッキーCクラシックH-GII、BCクラシック-GI5着)、リジ(ベストターンS-GII、ボールドルーラーH-GIII)、バインバーガー(ローンスターパークH-GIII)、レンII(ドルメーロ賞-GIII、ファルマスS-GII2着)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ きめ細かい5本のクロスが印象的です。特にナスルーラとプリンスキロのニックスのクロスは好感が持てます。母父トップサイダーは、ダート短距離で8勝した馬ですが、ほとんど印象はありません。ただ、産駒は芝で走った産駒も多く、極端なダート偏重の種牡馬ではありません。母系は、全体的に、良い遺伝資質を伝える種牡馬たちが多く、母系に入って底力を発揮するプリンスキロのクロスが、相手種牡馬の良いところを引き出してくれそうな感じがする血統構成です。母系の底流にはスタミナに良さがあるブレニム系、プリンスローズ系の血も入っています。基本的には父トワイニングの個性が良い形で出てきそうです。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 藤原英昭
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 16 位
勝ち数 33 勝、勝率 15.8% 、連帯率 23.0%
主な管理馬 トーホウアラン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業2年目から4年間20勝以上して、昨年はついに30勝を越えました。走らない馬はすぐに使わなくなるとか、いろいろ批判的なことを言う人もいますが、勝負の世界ですので、結果が全てです。そう考えると、この実績は立派ですね。これまでの管理馬にはエイシンツルギザン、テンザンセイザなどがいます。騎手は、岩田騎手、藤田騎手などを使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:414kg
体高:155cm
胸囲:175cm
管囲:19cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 -
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 芯がしっかりした感じの顔つきですね。きかない感じですが手綱からそれほどではないでしょう。顔が軽そうで、首も細くて、首さしも良いです。肩の角度が急で、ちょっと距離は短い感じです。繋ぎはしっかりしていて、ちょっと立ち気味に見えますが、許容範囲でしょう。トモはボリューム感があり、奥行きもあって良い感じです。飛節からトモの後ろ側のラインもまずまずですね。バネがありそうなので、短-マイルでおもしろそうですが、どちらかというと馬体から芝でしょうか。牝馬ですし体高もあるので、馬体重は気になりませんね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ なにぶん母が高齢ですので、体質が気になるところですが、その点では本馬はなかなか良いものを持っていそうです。馬体も気性もしっかりした感じです。管が細めに見えますが、管囲は問題ない範囲ですね。正直言って父との相性次第という感じですね。
----------------------------

カテゴリー: 77077.マイワイルドフラワーの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

77 . アンプレヴー(マイワイルドフラワーの06)を紹介する。

関連記事

77 . アンプレヴー(マイワイルドフラワーの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー