Home >  0808.ビワビーナスの06 >>  8 . ベッロカリーノ(ビワビーナスの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

8 . ベッロカリーノ(ビワビーナスの06)

【馬名】 8 . ベッロカリーノ(ビワビーナスの06)
【由来】Bello Carino 「見事な可愛さ」の意。魅力のある、そして皆に愛される名馬に育って欲しいと願いを込めて。(伊語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 キングカメハメハ
【母】 ビワビーナス (母父 トニービン )
【生年月日】 2006年3月20日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 1,800 万円(一口価格 4.5 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 まだ可愛らしさの残る上品な顔立ちをしている本馬は、顔に似合わずボリューム感溢れる馬体をしており、それを覆う上質な筋肉は柔らかみを帯び、血統の良さを物語っています。軽い脚捌きの常歩から、一気にキャンターに移る際の重心の低いフォームには、抜群の瞬発力を感じさせます。人間に対しては穏やかでとても素直ですが、馬に対しては逆らう者は許さないといった女王的な存在感を漂わせています。最近鳴りを潜めているパシフィカス一族ですが、その破壊力はまだまだ侮れず、大王キングカメハメハがその眠っている血を呼び起こす可能性は十分あるでしょう。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 25 戦 3 勝
【主な勝ち鞍】 特になし
【母の馬場・距離適性】 芝中-長距離
【母のデビュー時期】 2歳12月
【母の引退時期】 1999/10/23 (引退年齢 5 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2001/3/3
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 6 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 4 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【代表産駒】 特になし
【産駒のデビュー時期の傾向】 競走年齢に達した産駒4のうち2頭は未出走。残り2頭は、3歳4月、2歳10月デビュー。
【産駒の馬場・距離適性】 バラバラですが勝ち上がったアンテヴォルテを見ると芝中-長距離がやはり本質なのでしょう。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母の繁殖ポテンシャルはそれほど低くはありませんが、産駒の脚質が中-長距離ということと、デビューもそれなりに遅くなる傾向があると思われ、牝馬ではちょっとおもしろみに欠ける印象です。ただ、もちろんオークスという大きな舞台には距離的にはマッチしてくるのは確かです。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× グレイソヴリン(ゼダーン) 系
【同系の主な活躍馬】 アドマイヤドン、レッドチリペッパー、オーガストバイオなど。
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの5×5×4、ネイティヴダンサーの5×5
【牝系の特徴】 ビワビーナスと言えば、パシフィカスの産駒で、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、ビワタケヒデの兄弟です。
【近親の活躍馬】 ファレノプシス(父サンデーサイレンス、牝)7勝、桜花賞(GI)、エリザベス女王杯(GI)、秋華賞(GI)、ローズS(GII)など。サンデーブレイク(父サンデーサイレンス、牡)米4勝、ビーターパンS(GII)、ベルモントS(GI)3着など、種牡馬。
----------
【父キングカメハメハ】
【競走成績】 現役時代8戦7勝。NHKマイル、ダービーの変速2冠馬。他に毎日杯(GIII)、神戸新聞杯(GII)勝ち。
【種牡馬実績】 本邦新種牡馬
【種牡馬の寸評】 父は、ミスタープロスペクター系で日本での実績十分のキングマンボ、母父も日本で実績のあるラストタイクーン。競走馬としての実績以上に非サンデーサイレンス系ということで、サンデーサイレンス系牝馬と交配可能であることから、需要は非常に高く、年間種付頭数256頭という日本記録も持っています。期待の種牡馬には違いないのですが、1歳の産駒は総じて馬体バランスが悪いのが多く、成長と共にこれが良くなっていくのか個人的に注目しています。ただ種牡馬としては血統的バランスは良くて、父ミスプロ系は典型的なスピード血統、母父ラストタイクーンは高速馬場を得意とし、長く良い脚を使うタイプです。この辺のバランスがNHKマイルとダービーの変速2冠を成し遂げたバックボーンになっている感じがします。
----------
【母父トニービン】
【競走成績】 英仏伊日で27戦15勝。凱旋門賞-GⅠ、ジョッキークラブ大賞-GⅠ、ミラノ大賞-GⅠ2回、共和国大統領杯-GⅠ2回、フェデリコテシオ賞-GⅢ
【種牡馬成績】 ジャングルポケット(東京優駿-GⅠ、ジャパンC-GⅠ)、ウイニングチケット(東京優駿-GⅠ)、エアグルーヴ(天皇賞・秋-GⅠ、優駿牝馬-GⅠ)、サクラチトセオー(天皇賞・秋-GⅠ)、オフサイドトラップ(天皇賞・秋-GⅠ)、ベガ(優駿牝馬-GⅠ、桜花賞-GⅠ)、ノースフライト(安田記念-GⅠ、マイルCS-GⅠ)、レディパステル(優駿牝馬-GⅠ)、テレグノシス(NHKマイルC-GⅠ)
【母父成績】 ハーツクライ(ドバイSC-GⅠ、有馬記念-GⅠ、京都新聞杯-GⅡ)、アドマイヤベガ(東京優駿-GⅠ、京都新聞杯-GⅡ)、アドマイヤドン(フェブラリーS-GⅠ、朝日杯FS-GⅠ、帝王賞-GⅠ、JBCクラシック-GⅠ3回)、アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯-GⅠ2回、ローズS-GⅡ)、リンカーン(日経賞-GⅡ、京都大賞典-GⅡ、阪神大賞典-GⅡ)、アドマイヤボス(セントライト記念-GⅡ)、ドリームパスポート(きさらぎ賞-GⅢ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母ビワビーナスは、ゼダーン系の父トニービンからは”瞬発力”と”持続力”を得、さらに母パシフィカスからは底力と粘りの血統といわれるスタミナ豊富なテディ系のダマスカスの血を得、トニービンに内包するスタミナ型のハイペリオンの血を合わせて、かなりタフに走りそうな血統構成です。ミスプロ系の父キングカメハメハはスピード持続力に優れ、”決めて”がやや不足していますが、母父トニービンの”切れ”がそれを補ってくれれば、ゴール前できっちり指しきる競馬のできる競走馬になるでしょう。牝系もかなり優秀です。ただ、ちょっと気がかりは、調べてみると同じような血統構成の馬に意外と活躍馬が少ないんですよね。これから増えてくるのでしょうか。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 萩原清
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 33 位
勝ち数 26 勝、勝率 12.0% 、連帯率 25.0%
主な管理馬 プリサイスマシーン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ この厩舎は毎年コンスタントに勝ち星をあげている厩舎です。超大物こそ出ていませんが、仕上げは上手で、複勝率が高い厩舎です。騎手は後藤騎手、横山騎手、松岡騎手などを主に使います。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:424kg
体高:156cm
胸囲:177cm
管囲:19cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 △
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 -
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 顔は冷静そうです。首差しがすごくよくて、長さもちょうど良いですね。胸前もそこそこで、脚はまっすぐですね。トモにはすご柔らかそうな筋肉がついています。尾が力強く、トモ全体もバネがありそうです。繋ぎの角度がちょっと立ち気味ですが、許容範囲ないではないでしょうか。成長途上で、歩様がしっかりしていない部分がありますが、馬体重も成長を見込めば現時点でちょうどよく、トータルではまず良い感じです。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母としてはそろそろ1頭産駒に活躍馬が欲しいですね。できれば父の良さが出て、デビューが早くなることを祈りたい1頭ですね。特に欠点もない馬ですが、1点だけ言うとすれば、本馬も牧場で、ちょっと繋ぎが硬めという評価でした。キンカメ産駒は、ブロードアピールの産駒も同じような感じということでしたので、それがまだ良いのか、悪いのかはわかりません。まあ、今気にしてもしょうがないですね。厩舎もすごく良いので、期待したいですね。
----------------------------

カテゴリー: 0808.ビワビーナスの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

8 . ベッロカリーノ(ビワビーナスの06) を紹介する。

関連記事

8 . ベッロカリーノ(ビワビーナスの06)   

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー