Home >  80080.シュートザピットの06 >>  80 . ディレクトリーセ(シュートザピットの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

80 . ディレクトリーセ(シュートザピットの06)

【馬名】 80 . ディレクトリーセ(シュートザピットの06)
【由来】Direktrice 「女性支配人」の意。牝馬ながら競馬界全体のリーダー的存在になってほしい。(独語)

【性別】 牝
【毛色】 黒鹿毛
【父】 ホワイトマズル
【母】 シュートザピット (母父 バブルガムフェロー )
【生年月日】 2006年2月23日 生まれ
【生産牧場】 白老ファーム
【募集価格】 1,200 万円(一口価格 3 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 頭部の付き方や流れるような首差しから背・腰のラインは綺麗な曲線を描く独特なもので、世界的な名種牡馬であるリファールのインブリードを持つ美点が表れているかのようです。初仔でコンパクトなサイズですが、柔軟性に富んだ踏み込みの力強いフットワークは実馬以上に大きく見せており、運動能力の高さを垣間見ることができます。人当たりの良い素直さと、ここぞという場面で集中できる気性は、堅実な競走成績をあげている母系の特性のようで、本馬もレースセンスの良さで馬場状態や距離の長短を問わずに活躍してくれることでしょう。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2001 生まれ、本馬は 5 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 4 戦 0 勝
【母の馬場・距離適性】 芝、短距離
【母のデビュー時期】 3歳3月
【母の引退時期】 2004/7/11 (引退年齢 3 歳)
----------
【初仔の生年月日】 本馬が初仔
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 21 ヶ月

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 十分な休養をとって繁殖入りしていますので、繁殖としてのポテンシャルが高いのは疑いようがありません。楽しみな繁殖です。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ヘイルトゥリーズン 系
【同系の主な活躍馬】 ブラックホーク、ポップロック、イングランディーレ、ブルーコンコルド、キングヘイロー、フサイチリシャール、ピンクカメオなど
【本馬のクロス】 ピットカーン、ヴァリィフォージュの全兄弟クロスの4×3、リファールの3×4
【牝系の特徴】 なんといっても祖母ルイジアナピットですね。最優秀古牝馬で6勝。阪神牝馬特別(GIII)、牝馬東京タイムズ杯(GIII)、マイルチャンピオンシップ(GI)4着、マイラーズC(GII)4着、セントウルS(GIII)4着などマイル前後の重賞戦線で活躍しました。
【近親の活躍馬】 ダイカツリュウセイ(2勝、新潟3歳S(GIII))、アズマサンダース(京都牝馬S(GIII)、桜花賞(GI)2着)
----------
【父ホワイトマズル】
【競走成績】 英仏米伊加日で2~4歳時に16戦6勝。93年伊最優秀3歳馬。伊ダービー-GⅠ(芝2400m)、ドーヴィル大賞-GⅡ(芝2500m)、KジョージⅥ世&QES-GⅠ2着2回、凱旋門賞-GⅠ2着。
【種牡馬実績】 95年より供用。シャドウゲイト(シンガポール航空国際C-GⅠ、中山金杯-GⅢ)、イングランディーレ(天皇賞・春-GⅠ、日経賞-GⅡ、ブリーダーズGC-GⅡ、ダイヤモンドS-GⅢ、白山大賞典-GⅢ)、スマイルトゥモロー(優駿牝馬-GⅠ、フラワーC-GⅢ)、ビハインドザマスク(スワンS-GⅡ、セントウルS-GⅢ、京都牝馬S-GⅢ)、トーセンダンディ(オールカマー-GⅡ、七夕賞-GⅢ2着)、プリンシパルリバー(全日本2歳優駿-GⅡ、羽田盃、北海道2歳優駿-GⅢ2着、ジャパンDD-GⅠ3着)、アサクサキングス(菊花賞-GI、きさらぎ賞-GⅢ、東京優駿-GⅠ2着)、マイシーズン(グランシャリオC-GⅢ、名古屋優駿-GⅢ2着)、フレアリングマズル(マイルグランプリ、JBCスプリント-GⅠ3着)、マズルブラスト(大井記念、東京記念)、オンユアマーク(東京記念)、コメディアデラルテ(京都新聞杯-GⅡ2着)
【2007年種牡馬リーディング】 22 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 23 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 0 %、2歳勝馬率 0 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 11 %、3歳勝馬率 30 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "産駒数も少なく、相手繁殖にも決して恵まれているわけではありませんが、それでこの産駒成績は立派です。そしてこの度、ついにクラシックを制しました。菊花賞馬アサクサキングスですね。この馬は、父の産駒らしい脚質の持ち主ですので、これから世界の舞台でも活躍が期待されます。

さて、ホワイトマズルの血統ですが、もともと父系ノーザンダンサー-リファール系も、かなりタフなスピード持続力を持っている血統ですが、母系はもっとすごくて、母父エラマナムーは芝の中長距離馬で、キングジョージの勝ち馬で、その母系にスタミナに良さのあるハイペリオンがいます。母系をたどっていくと、スピード持続型のボールドルーラーや、タフなスタミナ血統のトゥルビオン系のMy Babu,66戦43勝の芝・ダート兼用のタフな名馬ラウンドテーブルがいて、タフさにタフさをこれでもかと重ねた重厚な血統になっています。

この種牡馬から菊花賞馬、天皇賞馬が出るのは、必然だったのかもしれませんね。"
----------
【母父バブルガムフェロー】
【競走成績】 日で2~4歳時に13戦7勝。2歳時は新馬~府中3歳S~朝日杯3歳S-GⅠを3連勝。3歳時はスプリングS-GⅡ快勝後、骨折に見舞われるも復活を遂げた秋は天皇賞・秋-GⅠで古馬を一蹴し、3歳馬で史上初の天皇賞馬となる。4歳時も鳴尾記念-GⅡ、毎日王冠-GⅡで勝利を挙げた他、宝塚記念-GⅠ、天皇賞・秋-GⅠで2着、ジャパンC-GⅠで3着するなど、常にハイレベルの走りを見せた。
【種牡馬成績】 ロッカバブル(ブラッドストックブリーダーズS-GⅠ)、コンフェクショナー(クレイグリーS-GⅡ)、アッパレアッパレ(名古屋GP-GⅡ)、マイネルボウノット(佐賀記念-GⅢ)
【母父成績】 アグネスソリッド(2勝)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "カタログのコメントで、”世界的な名種牡馬であるリファールのインブリードを持つ美点が表れているかのよう”というコメントがありますが、世界はわかりませんが、日本の競走馬でリファールの強いインブリードを持って活躍した馬はほとんどいません。(インターマイウェイくらいでしょうか。種牡馬にもいないと思います。)リファール系の馬は、傾向としてはスピード持続力とタフさが売りで、高速馬場を得意とする馬が多く、走り出すと手が付けられませんが、一方でムラがあるとも言われています。

さて、本馬の血統ですが、父は中長距離を得意とするタフなスピード持続力をもつホワイトマズル、対して母系はというと、バブルガムフェローは自身は芝で活躍しましたが、勝ち上がった産駒は7割近くがダートです。しかも距離も中距離が多く、スタミナとパワーが卓越した印象です。総合的に見るとダート中距離というステージが向いてそうですが、そうなるとルイジアナピットから受け継がれている芝向きのスピードと決め手はもったいないことになりますね。単純に説明しきれない難解な配合です。
個人的には、どちらかに強く似ている方が良い気がしますね。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 野村彰彦
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 34 位
勝ち数 25 勝、勝率 10.1% 、連帯率 20.6%
主な管理馬 スプリングゲント

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 昨年は25勝しましたが、あまり成績が安定したトレーナーではありません。平均すると15勝-20勝でしょうか。これまでの管理馬にはキョウエイマーチ、カネトシガバナー、アルーリングボイスなどがいます。騎手は、秋山騎手、幸騎手、武豊騎手を比較的使っているようです。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:408kg
体高:146cm
胸囲:170.5cm
管囲:19cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体は、頭が小さく首さしよく、肩の筋肉が立派ですね。写真から柔らかそうな繋ぎで、クッションも良さそうに見えますが、実際DVDで見た歩様から柔らかさは顕著です。トモもパンパンで、飛節からトモの裏にかけて良いラインをしていて、かなりバネがありそうです。背中がちょっと長めですが、許容範囲でしょう。脚元から短-マイルという感じにも見えますが、全体のつくりは中距離っぽい馬体ですね。牝馬ですが、早生まれで、体高も低いので★1つマイナスします。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "キャロットで募集されて、その後も成長を見ていましたので、馬体も良く覚えています。本馬の方が母シュートザピットより募集時の馬体バランスは数段良いですね。シュートザピットは名牝ルイジアナピットの産駒として、注目されましたが、そのルイジアナピット自身が重賞戦線で32戦しており、疲弊して繁殖入りしており、産駒はコンスタントに勝ち上がるものの成績は頭打ちでした。シュートザピットも馬体バランスはあまり良い方では無かったので、デビューすら厳しいかなと思って見ていましたが、実際に調教が進んでいくと、さすがにこの牝系の高い素質のおかげか、きちんとデビューして、未勝利を勝ち上がれそうなところまで行きましたが、脚元や体質の弱さがあって、最後はしようがなかったですね。

その点、本馬は馬体バランスが良く、母馬であるシュートザピット自身があまりレースで使われなかったことも幸いして、本来のこの牝系の優秀さを思いっきり発揮できる気がします。実際に同じような境遇の姉妹であるバトンルージュの産駒にはサザンツイスターが出ており、本馬も大いに期待できるではないでしょうか。"
----------------------------

カテゴリー: 80080.シュートザピットの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

80 . ディレクトリーセ(シュートザピットの06)を紹介する。

関連記事

80 . ディレクトリーセ(シュートザピットの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー