Home >  81081.シーズプリンセスの06 >>  81 . ビヨンドマイリーチ(シーズプリンセスの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

81 . ビヨンドマイリーチ(シーズプリンセスの06)

【馬名】 81 . ビヨンドマイリーチ(シーズプリンセスの06)
【由来】Beyond My Reach 「高嶺の花」の意。見るものをうっとりとさせるような華麗な走りを期待して。母名(プリンセス)より連想。(英語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 ワイルドラッシュ
【母】 シーズプリンセス (母父 カコイーシーズ )
【生年月日】 2006年3月9日 生まれ
【生産牧場】 谷川牧場
【募集価格】 2,000 万円(一口価格 5 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 がっちりとした容量のある骨格、ワイルドラッシュ産駒らしく伸びのある胴部、しなやかな首差しなど、とにかくバランスの良さが目に付く馬体をしています。夜間放牧も難なく過ごした、屈強な体力は他馬を凌ぐものがあります。普段は非常におとなしく、人間の言うことをよく聞く従順な馬で、入れ込みによる無駄な消耗や、暴れて余計な怪我をするような心配がありません。雨の日など荒れた放牧地をものともしない力強い走り、母よりも父によく似たパワーを感じる馬体から、高いダート適性を感じます。タイプこそ違いますが、牝馬の重賞戦線を賑わした母のような活躍が期待されます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 9 戦 2 勝
【主な勝ち鞍】 KBSファンタジーS(GIII)、阪神3歳牝馬S(GI)2着、報知杯4歳牝馬特別(GII)2着
【母の馬場・距離適性】 芝、短-中距離
【母のデビュー時期】 2歳8月
【母の引退時期】 1997/5/25 (引退年齢 3 歳)
----------
【初仔の生年月日】 1999/3/28
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 11 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 6 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 0 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 歳を経るごとに産駒のデビュー時期が遅くなっています。
【産駒の馬場・距離適性】 ダート、短-マイル前後が主戦場です。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母が歳を経るごとに産駒デビューが遅くなっているのは極めて悪い傾向で、こういう繁殖にはなんからの体質的な弱さを遺伝する場合も多いです。一方で、これまでの配合相手との相性が悪かった可能性も十分にあって、自身が芝で活躍した場合で、産駒に芝で走った馬がまったくいないという場合には、単に相手種牡馬との相性が悪いという場合があります。この繁殖も、芝の産駒が出ていないというので、後者の可能性が残っています。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ニアークティック 系× レイズアネイティヴ 系
【同系の主な活躍馬】 メイショウドトウ、エアエミネム、シーキングザダイヤ、コンゴウリキシオー、オースミハルカ、アサクサデンエン、ビハインドザマスク、ビッグショウリ、ラスカルスズカなど
【本馬のクロス】 ネイティヴダンサーの5×5
【牝系の特徴】 やはり最近は母の活躍が一番輝いていますね。非常にタフに走る血統ですが、地方で活躍した馬が多いのが気になります。
【近親の活躍馬】 メイジガルボ(5勝、福島大賞典、中京3歳S、安田記念(GI)2着)
----------
【父ワイルドラッシュ】
【競走成績】 米で2~4歳時に16戦8勝。カーターH-GⅠ(ダ7F)、メトロポリタンH-GⅠ(ダ8F)、イリノイダービー-GⅡ(ダ9F)、ケンタッキーCクラシックH-GⅢ(ダ9F)、スワップスS-GⅡ3着、クラークH-GⅡ3着。
【種牡馬実績】 99年より米で、04年より日で供用。ステラージェイン(マザーグースS-GⅠ、ガゼルH-GⅠ、ラフィアンH-GⅠ)、ハリウッドストーリー(ハリウッドスターレットS-GⅠ、ヴァニティ招待H-GⅠ)、パーソナルラッシュ(ダービーグランプリ-GⅠ、ダイオライト記念-GⅡ、エルムS-GⅢ2回)、クイントンズゴールドラッシュ(レキシントンS-GⅠ)、バンクオーディット(ディスタフBCH-GⅡ、ジェニュインリスクH-GⅡ)、ウインブルドン(ルイジアナダービー-GⅡ)、フェンスラインネイバー(サンゴルゴニオH-GⅡ)、カーマンディア(ベッドオロージズBCH-GⅡ)、ドリームラッシュ(ナッソーカウンティBCS-GⅡ、オールドハットS-GⅢ)
【2007年種牡馬リーディング】 183 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 7 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 0 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 6 %、2歳勝馬率 9 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
【種牡馬の寸評】 "産駒は、ダート、マイル-中距離を主戦場にしている産駒がほとんどです。

血統を見てみるとポイントになっていると感じるのは、父ワイルドアゲインの母系にあるへイペリオン系、ダンテ、マームードの血の構成と、母プラグドニクルの父系にあるリボー系、バックパサー、トゥルビオン系My Babuの血の構成ですね。いずれも”底力”と”タフなスタミナ”を底上げしており、他の血の弱点を補っているように思います。産駒はちょっと重い馬場が合っているようですので、父系の血の特徴を若干強く受け継いでいるのかもしれません。相手繁殖は難しいですが、中途半端に軽い芝を得意とする繁殖よりも、むしろダートのスピード持続系の繁殖との配合の方がワイルドラッシュ自身の良さがでるのかもしれません。ちなみに代表産駒のパーソナルラッシュは、母父がパワーとスタミナに優れたネイティヴダンサー系アリダーです。"
----------
【母父カコイーシーズ】
【競走成績】 ターフクラシック-GⅠ、キングエドワードVIIS-GⅡ、英ダービートライアルS-GⅢ。
【種牡馬成績】 コンサートボーイ(帝王賞-GⅠ)、エスプリシーズ(川崎記念-GⅠ)、プルザトリガー(エンプレス杯-GⅡ)、ナミ(エーデルワイス賞-GⅢ)、ブルーロバリー(東京プリンセス賞)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 血統的にこれというセールスポイントがあるわけではないのですが、母父がアリダー系だということ、父の産駒が一貫してダートであるということを考えると、バランスはまずまずの血統ではないでしょうか。母父カコイーシーズは、地方競馬では、その産駒が非常にタフによく走ったと記憶しています。ダートであれば、かなりタフに走れそうです。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 松永幹夫
【所属名】 栗東
【2007成績】 リーディング 114 位
9/14現在 勝ち数 6 勝、勝率 9.0% 、連帯率 11.1%


◆楽天馬の評価◆ ★☆☆☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 今年調教師デビューですが、よく検討していますね。騎手は四位騎手、横山騎手などを多く使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:432kg
体高:155cm
胸囲:176cm
管囲:18.5cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体は、皮膚が薄そうで、パンパンの馬体ですね。首はちょっと短めで、肩の角度は立っていますので、距離は短めでしょうね。ちょっと胴回りが窮屈に見えますが、ダート短距離と考えれば、許容範囲内でしょう。繋ぎもちょっと立ち気味で、柔らかいながらもしっかりしているのは良い感じです。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 血統的には、ダートで一貫性があるのは好感が持てます。距離ステージも、短めですが、逆にスペシャリストになる素養は十分秘めていますし、タフに走ってくれそうで、かなりたくさんのレースで楽しめそうです。
----------------------------

カテゴリー: 81081.シーズプリンセスの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

81 . ビヨンドマイリーチ(シーズプリンセスの06)を紹介する。

関連記事

81 . ビヨンドマイリーチ(シーズプリンセスの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー