Home >  84084.ジラベルの06 >>  84 . オーロツェッキーノ(ジラベルの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

84 . オーロツェッキーノ(ジラベルの06)

【馬名】 84 . オーロツェッキーノ(ジラベルの06)
【由来】Oro Zecchino 「純金」の意。競走生活で一つでも多くの金(1着)を獲ってもらいたい。父名より連想。(伊語)

【性別】 牡
【毛色】 黒鹿毛
【父】 ステイゴールド
【母】 ジラベル (母父 ジルザル )
【生年月日】 2006年4月8日 生まれ
【生産牧場】 北島牧場
【募集価格】 1,600 万円(一口価格 4 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 平均よりやや小柄ながらも均整の取れた馬体は、現役時代の父の姿を彷彿とさせるものがあります。一見すると華奢に映りますが、それは余計な脂肪がなくスッキリとしているからで、むしろ現時点での仕上がりの良さを物語っており好感が持てます。気性面ではまだ幼くテンションが上がりやすいのですが、一度火がついた時の動きの素早さには驚くほどのものがあり、その一瞬の動きには鋭い瞬発力が感じられます。無駄肉のつきにくい仕上げやすいタイプで、順調ならば早い時期のデビューも可能ですが、徐々に力をつけていった父同様に息の長い活躍が期待出来そうです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
----------
【競走年齢に達した産駒数】 6 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 2歳デビューした馬は2頭のみで、比較的デビューは遅めです。
【産駒の馬場・距離適性】 相手種牡馬で中距離まで走っている産駒や、芝・ダート兼用の産駒も違いますが、総じてダート短距離が多いです。

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 産駒成績だけから見ると繁殖としてのポテンシャルはあまり高くありません。ただ、体質が弱さを伝える繁殖でもないようで、タフに走っている産駒もいれば、年齢とともに極端に成績が悪くなるような傾向もありません。相手種牡馬を選ぶ繁殖なのかと言えば、それも結構いろいろなタイプと配合されていますが、うまくいっていないようです。ただ、これまでの配合相手はノーザンダンサー系とミスタープロスペクター系だけなんですね。ヘイルトゥリーズン系とは初めての配合で、そこに唯一の望みがかかりますね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 ナリタブライアン、グラスワンダー、ライスシャワー、ファレノプシス、ステージチャンプ、タイムパラドックス、ハギノリアルキング、サニーブライアン、シルクプリマドンナなど多数
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの5×4
【牝系の特徴】 祖母ベルドジュールから、米年度代表馬、米3歳牡馬チャンピオンのスペンドアバック(米10勝、ケンタッキーダービー(GI)、モンマスH(GI)、アーリントンフューチュリティ(GI)、種牡馬)が出ています。また、孫の代には愛1000ギニー馬フーラエンジェルなどがでていますが、それほど広がっている牝系でもない感じです。
----------
【父ステイゴールド】
【競走成績】 日香UAEで2~7歳時に50戦7勝。01年JRA特別賞。香港ヴァーズ-GⅠ(芝2400m)、ドバイシーマクラシック-GⅡ(芝2400m)、目黒記念-GⅡ(芝2500m)、日経新春杯-GⅡ(芝2400m)、天皇賞・秋-GⅠ2着2回、天皇賞・春-GⅠ2着、宝塚記念-GⅠ2着、同3着、有馬記念-GⅠ3着。
【種牡馬実績】 02年より供用。ドリームジャーニー(朝日杯FS-GⅠ、神戸新聞杯-GII、芙蓉S、弥生賞-GⅡ3着、東京スポーツ杯2歳S-GⅢ3着)、ソリッドプラチナム(マーメイドS-GⅢ、同3着、愛知杯-GⅢ3着)、エムエスワールド(白百合S、マーガレットS)、ゴールドキリシマ(京都2歳S)、マイネルネオス(奥の細道特別、信夫山特別)、テンシノゴールド(かきつばた賞、生田特別)、エイプリルウインド(ぶっぽうそう特別)、コスモプラチナ(対馬特別)、パーフェクトジョイ(和田岬特別)、シゲルダイハッカイ(マカオJCT)、サンライズマックス(若葉S2着)
【2007年種牡馬リーディング】 28 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 19 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 4 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 20 %、2歳勝馬率 25 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 7 %、3歳勝馬率 23 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "朝日杯FS(GI)と神戸新聞杯(GII)を勝ったドリームジャーニーの印象が強烈ですが、勝ち馬率も勝率もまずまずと言って良いでしょう。産駒は自身に似て小さいのが多いですが、小さい方がよく走っている感じもありますし、これまで主流血脈を築いてきた名種牡馬達の中にはノーザンダンサー、ミルリーフ、ハイペリオン、リボーなど馬体が小さい馬が多かったことを考えても、気にするには値しません。むしろ、ヘイルトゥリーズン系の中で、比較的スピードに勝ったヘイロー系の父サンデーサイレンスの産駒の中で、”スピード持続力”と、”タフさ”には特筆すべきものがある種牡馬と言って良いでしょう。その根拠は、おそらく母父ディクタスの血の中にあると思います。

父ディクタスは競走成績17戦6勝。G1勝ちが1600mのジャック・ル・マロワ賞だけなので、1981年に日本に種牡馬として輸入された時は、産駒はマイラーに出ると思われていましたが、その父Sanctusが仏ダービー、パリ大賞典を制しているように、もともとは長距離実績を持った血統で、ディクタスも、ブランドフォード系ブレニムの5×5×5、Ksarの5×6、Gainsboroughの5×6×6というクロスを持つように、むしろスタミナに良さを持つ血統構成をしていました。それを裏づけるように2000mのG1競走チャンピオンSでは、Nijinskyの4着と好走し、一般レースでも2400mの距離のレースを勝っています。また、種牡馬として日本に輸入された後、Palikaraki(G1・アーリントンH)などを出し、1983年にはフランスのリーディングサイアーの座に着いています。そういえば、ディクタス産駒のサッカーボーイも、自身がマイルを中心に良績を上げたにも関わらず、その産駒はナリタトップロード、ゴーゴーゼット、ファストタテヤマなど中距離以上で活躍していますね。ということで、ステイゴールドの母父ディクタスは、実に奥の深い種牡馬であると言って良いでしょう。

ステイゴールドは、父サンデーサイレンスから平均スピードの底上げと、気性的な”決め手”をもらいましたが、距離が長く出た分、日本の高速馬場では競走実績につながらなかった感じがあります。しかしながら現役50戦も、しかも重賞戦線で走る馬はなかなかいませんので、これ以上の馬主孝行な馬は考えられないですね。ちなみにサンデーサラブレットクラブの本馬の出資者達で、感謝の気持ちを込めて香港ヴァーズ(GI)に応援に海外まで行ったんだそうですが、そこで出資者の見ている前でGIを勝っちゃっうんですから、大したものだとノーザンファームの中尾さんが言っていました。個人的には、ドバイシーマクラシックでファンタスティックライトを破ったのを見ても、海外の時計のかかる馬場の方が良さがでる馬だと思いますので、ドリームジャーニーも今年凱旋門賞に挑戦して欲しかったですね。"
----------
【母父ジルザル】
【競走成績】 英5勝、サセックスS-GⅠ、QEⅡS-GⅠ、クリテリオンS-GⅢ、ジャージーS-GⅢ。
【種牡馬成績】 オールウェイズロイヤル(仏1000ギニー-GⅠ)、アマングメン(サセックスS-GⅠ)、シャンクシー(ロンポワン賞-GⅡ)、フェイスフルサン(プリンスオブウェールズS-GⅡ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父ジルザルは、ヌレイエフの血そのままにスピードに勝ったマイラー血統です。そして同時にヌレイエフの産駒に見られるズブさも内包した種牡馬であると言って良いでしょう。高速馬場においては一瞬の切れにいささか欠けるものの、平均スピードそのものは超一流と言えます。そこにはセントサイモン系のLe Fabuleuxや、ボールドルーラー系のボールドラッドによる”持続力”の補強が利いているようにも思います。

母系の底流には、底力を強化するプリンスキロや、スピードと切れのあるナスルーラ、タフなスピード持続力とスタミナに良さがあるトゥルビオンなどの血も入り、なかなかバラエティに富んでいますが、しかしながらちょっと決め手に欠ける印象を持つのは私だけでしょうか。

本馬は、父ステイゴールになって、決め手はやや不足気味ではあるものの、スピード持続力に優れた長く良い脚を使う競走馬になってくれるのではないでしょうか。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 作田誠二
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 100 位
勝ち数 14 勝、勝率 7.5% 、連帯率 16.6%
主な管理馬 ハードクリスタル

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ ここのところ10勝から20勝前後を行ったり来たりしています。今年はまだ4勝(9/14現在)とふるいません。これまでの管理馬にはアドマイヤサンデーがいます。騎手は、横山騎手、藤岡佑騎手を使っています。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:421kg
体高:150.5cm
胸囲:170cm
管囲:19.1cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体のサイズは父ステイゴールドですので、こんなものでしょう。この時期としては比較的しっかりした歩様をしています。馬体は窮屈さがなく、父の芝中-長距離を引き継いだ馬体をしていますが、母父はマイラー血統で、どちらにでるのかはわかりませんね。馬体は、顔が小さく、首指しよく、肩の角度から前肢の稼働域が広い感じがします。トモは幅、奥行きもこの馬体サイズにしては十分で、飛節も力強いですね。繋ぎは柔らかく、直線でよくストライドが伸びそうな馬です。気性がおもしろく、牧場で聞くと、普段はしずかなのですが、スイッチが入ると止まらないくらい暴れるようです。実際にミニツアーの時も大暴れしていました。DVDで見てもわかるとおり、立ち姿勢の時から手綱をあご下まで短く持っていることからもこの馬の気性がよくわかります。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ はっきり言って、当たるかはずれるかという馬ですが、私は当たる方に賭けました。血統背景から決め手に欠ける印象がありますが、決め手は本馬の気性であって欲しいというのが私の願いです。祖父サンデーサイレンスの”闘争心”が、隔世遺伝で花開いて欲しいですね。父に似てくれれば、中距離を中心に活躍してくれそうです。リスクがあるので、★は5つまでですが、順調にいってくれれば、大化けするかもしれません。ダメもとでいかがでしょうか。
----------------------------

カテゴリー: 84084.ジラベルの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

84 . オーロツェッキーノ(ジラベルの06)を紹介する。

関連記事

84 . オーロツェッキーノ(ジラベルの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー