Home >  85085.ヤマヒサローレルの06 >>  85 . ポエットロリエット(ヤマヒサローレルの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

85 . ポエットロリエット(ヤマヒサローレルの06)

【馬名】 85 . ポエットロリエット(ヤマヒサローレルの06)
【由来】Poet Laureate 「桂冠詩人」の意。英国王室付きの詩人に与えられる称号。美しくそして気高く頂点を極めて欲しいという願いを込めて。母名より連想。(英語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 ステイゴールド
【母】 ヤマヒサローレル (母父 ノーリュート )
【生年月日】 2006年4月12日 生まれ
【生産牧場】 白老ファーム
【募集価格】 800 万円(一口価格 2 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 小柄で一見すると線の細い印象の馬体ながら、鋭い決め脚を持った活躍馬を多数輩出している父の産駒らしく、素軽いバネを持った一頭です。日頃は穏やかな気性で人馬共に付き合いの上手なタイプですが、時折見せる機敏なダッシュからは鋭い悍性も感じ取ることができます。ノーリュートの代表産駒で、強豪連なる世代の中で春のクラシックトライアルを2つとも制した母ですが、不運が重なった事もあってこれまでは期待された程の繁殖成績は残せていないだけに、本馬には母の代表産駒になるべく、今後も順調にトレーニングを消化し、直線で弾ける末脚に磨きをかけたいものです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1990 生まれ、本馬は 16 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 12 戦 4 勝
【主な勝ち鞍】 サンスポ4歳牝馬特別(GII)、報知杯4歳牝馬特別(GII)、桜花賞(GI)4着
【母の馬場・距離適性】 芝、短-マイル
【母のデビュー時期】 2歳11月
【母の引退時期】 1993/10/24 (引退年齢 3 歳)
----------
【初仔の生年月日】 1996/3/27
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 18 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 5 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 0 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 2歳デビューは1頭だけで、あとは3歳春以降のデビューです。比較的遅めのデビューと言って良いでしょう。
【産駒の馬場・距離適性】 ダート、短-中距離

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母の現役時代の成績から考えると、本来は重賞馬を輩出してもおかしくないくらいの繁殖ですが、これまで思うような産駒成績が残せていません。確かに母の現役時代の成績はすごく立派なのですが、走った期間は11ヶ月とタフに走ったとは言いがたく、産駒も03年度から産駒無し、死亡、死亡と3世代続けてうまくいきませんでした。体質的な弱さが、産駒に遺伝するというここ数年のマイナス面をなんとかカバーしようと、体質の強かったステイゴールドを配合相手に選びました。まさに背水の陣という感じですね。牧場もこの仔にこの繁殖の命運をを託したという感じでしょうか。この産駒には是非成功して欲しいですね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× クラリオン 系
【同系の主な活躍馬】 ダイワエルシエーロ、ビッグプラネット、コイウタ、トーホウエンペラー
【本馬のクロス】 5代アウトブリード
【牝系の特徴】 地方競馬主体で活躍している馬が多く、中央ではあまり良績を残した馬はいません。その中では本馬の母ヤマヒサローレルとその兄弟ヤマヒサボーイ(4勝、別府特別、玄海特別、セントウルS(GIII)5着)は良く活躍したと言えます。
----------
【父ステイゴールド】
【競走成績】 日香UAEで2~7歳時に50戦7勝。01年JRA特別賞。香港ヴァーズ-GⅠ(芝2400m)、ドバイシーマクラシック-GⅡ(芝2400m)、目黒記念-GⅡ(芝2500m)、日経新春杯-GⅡ(芝2400m)、天皇賞・秋-GⅠ2着2回、天皇賞・春-GⅠ2着、宝塚記念-GⅠ2着、同3着、有馬記念-GⅠ3着。
【種牡馬実績】 02年より供用。ドリームジャーニー(朝日杯FS-GⅠ、神戸新聞杯-GII、芙蓉S、弥生賞-GⅡ3着、東京スポーツ杯2歳S-GⅢ3着)、ソリッドプラチナム(マーメイドS-GⅢ、同3着、愛知杯-GⅢ3着)、エムエスワールド(白百合S、マーガレットS)、ゴールドキリシマ(京都2歳S)、マイネルネオス(奥の細道特別、信夫山特別)、テンシノゴールド(かきつばた賞、生田特別)、エイプリルウインド(ぶっぽうそう特別)、コスモプラチナ(対馬特別)、パーフェクトジョイ(和田岬特別)、シゲルダイハッカイ(マカオJCT)、サンライズマックス(若葉S2着)
【2007年種牡馬リーディング】 28 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 19 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 8 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 4 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 20 %、2歳勝馬率 25 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 7 %、3歳勝馬率 23 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "朝日杯FS(GI)と神戸新聞杯(GII)を勝ったドリームジャーニーの印象が強烈ですが、勝ち馬率も勝率もまずまずと言って良いでしょう。産駒は自身に似て小さいのが多いですが、小さい方がよく走っている感じもありますし、これまで主流血脈を築いてきた名種牡馬達の中にはノーザンダンサー、ミルリーフ、ハイペリオン、リボーなど馬体が小さい馬が多かったことを考えても、気にするには値しません。むしろ、ヘイルトゥリーズン系の中で、比較的スピードに勝ったヘイロー系の父サンデーサイレンスの産駒の中で、”スピード持続力”と、”タフさ”には特筆すべきものがある種牡馬と言って良いでしょう。その根拠は、おそらく母父ディクタスの血の中にあると思います。

父ディクタスは競走成績17戦6勝。G1勝ちが1600mのジャック・ル・マロワ賞だけなので、1981年に日本に種牡馬として輸入された時は、産駒はマイラーに出ると思われていましたが、その父Sanctusが仏ダービー、パリ大賞典を制しているように、もともとは長距離実績を持った血統で、ディクタスも、ブランドフォード系ブレニムの5×5×5、Ksarの5×6、Gainsboroughの5×6×6というクロスを持つように、むしろスタミナに良さを持つ血統構成をしていました。それを裏づけるように2000mのG1競走チャンピオンSでは、Nijinskyの4着と好走し、一般レースでも2400mの距離のレースを勝っています。また、種牡馬として日本に輸入された後、Palikaraki(G1・アーリントンH)などを出し、1983年にはフランスのリーディングサイアーの座に着いています。そういえば、ディクタス産駒のサッカーボーイも、自身がマイルを中心に良績を上げたにも関わらず、その産駒はナリタトップロード、ゴーゴーゼット、ファストタテヤマなど中距離以上で活躍していますね。ということで、ステイゴールドの母父ディクタスは、実に奥の深い種牡馬であると言って良いでしょう。

ステイゴールドは、父サンデーサイレンスから平均スピードの底上げと、気性的な”決め手”をもらいましたが、距離が長く出た分、日本の高速馬場では競走実績につながらなかった感じがあります。しかしながら現役50戦も、しかも重賞戦線で走る馬はなかなかいませんので、これ以上の馬主孝行な馬は考えられないですね。ちなみにサンデーサラブレットクラブの本馬の出資者達で、感謝の気持ちを込めて香港ヴァーズ(GI)に応援に海外まで行ったんだそうですが、そこで出資者の見ている前でGIを勝っちゃっうんですから、大したものだとノーザンファームの中尾さんが言っていました。個人的には、ドバイシーマクラシックでファンタスティックライトを破ったのを見ても、海外の時計のかかる馬場の方が良さがでる馬だと思いますので、ドリームジャーニーも今年凱旋門賞に挑戦して欲しかったですね。"
----------
【母父ノーリュート】
【競走成績】 仏2勝、リュパン賞-GⅠ。
【種牡馬成績】 ツジユートピアン(きさらぎ賞-GⅢ)、ブロードマインド(中山大障害2回、東京障害特別2回)、ヒカリルーファス(羽田盃、全日本3歳優駿、東京シティ盃、かしわ記念)、グラールストーン(早池峰賞)、フジノモンスター(ジュニアクラウン)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母ヤマヒサローレルの血統を見てみると、母父ノーリュートは、”パワー”と”スピード持続力”に優れたトゥルビオン系クラリオンと、”タフなスタミナ”に良さがあるブランドフォード系My Babuの血が良く利いたベースとしては決して悪くない種牡馬です。母系はナスルーラ、ハイペリオン、マンノウォー系レリックなど、決め手、スタミナ、底力をちょっとずつ足した血統で、相対的にスピードと底力はやや不足気味ですが、スタミナやスピード持続力に裏付けされたベースとなるには悪くない血統だと思います。父ステイゴールドは、ヤマヒサローレルと同じような血統で、スタミナベースに、決め手とスピードが追加された血統で、互いに相性は良いのではないでしょうか。後はスピード値がどのくらい高いかによって、距離レンジが決まってくるような気がしますが、個人的には父の影響が強くでそうな感じがしますので、芝の中-長距離で良さが出るような気がします。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 飯田雄三
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 151 位
勝ち数 9 勝、勝率 4.2% 、連帯率 13.2%
主な管理馬 トーセンザオー

◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業8年目で、2年目から4年続けて10勝を越えたものの、20勝の壁を越えられず、昨年は9勝。今年は既に14勝(9/14現在)を上げて、巻き返している。これまでの主な管理馬としてはミスティックエイジがいます。騎手は結構まんべんなく使う方で、秋山騎手、赤木騎手などが比較的多い方でしょうか。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:392kg
体高:150cm
胸囲:168.5cm
管囲:18.4cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 △
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体は、ちょっと華奢ですが、顔が小さく、首さしよく、前後躯のバランスに優れています。バランスがあまりに良いので、一見個性が無いように見えますが、むしろ柔らかさとバネの強さはしっかりと脚もとに出ており、芝中距離を滑るように走りそうです。線が細い分、仕上げには手間取らないと思いますが、できればもう少し太くなってくるとさらに良いですね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 個人的には800万円の馬ではないと思っています。確かに馬体は小さいので、これは現時点では減点の対象になりますが、父ステイゴールドということ、牝馬で、生まれも遅めですし、体質の弱ささえ出なければ、意外と早い時期から走るのではないでしょうか。歩様もこの時期としては柔らかい方で、今後の成長過程を追ってみたい一頭ですね。
----------------------------

カテゴリー: 85085.ヤマヒサローレルの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

85 . ポエットロリエット(ヤマヒサローレルの06)を紹介する。

関連記事

85 . ポエットロリエット(ヤマヒサローレルの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー