Home >  86086.タイキポーラの06 >>  86 . ポーラシークエンス(タイキポーラの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

86 . ポーラシークエンス(タイキポーラの06)

【馬名】 86 . ポーラシークエンス(タイキポーラの06)
【由来】Polar Sequence 天の北極付近にあり、星の等級の基準となる星の集まり。満点に光り輝く恒星のような美しい成績を収められるように願いを込めて。母名の一部を引用。(英語)

【性別】 牝
【毛色】 栗毛
【父】 アグネスデジタル
【母】 タイキポーラ (母父 トウカイテイオー )
【生年月日】 2006年3月28日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 2,000 万円(一口価格 5 万円)
----------------------------


【カタログのコメント】 芝・ダート、コース、馬場状態等々、条件を不問とした稀代のオールラウンダーとして名を馳せた父ですが、本馬は、ゴム鞠のような弾力のある筋肉、柔軟性ある繋としっかりとした四肢にかたどられ、まさに父の特徴を受け継いだ一頭と言えます。その素直で利発な性格は高い学習能力も備え、放牧地で見せる躍動感溢れる身のこなしと加速力には目を見張るものがあります。群を抜く俊敏な動きはマイルから中距離戦で切れ味を活かす競馬を披露してくれる原動力となりそうです。本馬は成長力と総合力を持った父と、卓越したスピードを武器に重賞ウイナーとなった母の夢の結晶と言える一頭です。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1996 生まれ、本馬は 10 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 32 戦 7 勝
【主な勝ち鞍】 マーメイドS(GIII)、飛鳥S、道頓堀S、不知火特別、阪神牝馬S(GII)4着、クイーンS(GIII)5着、京都牝馬S(GIII)5着
【母の馬場・距離適性】 芝、マイルー中距離
【母のデビュー時期】 3歳1月
【母の引退時期】 2002/1/27 (引退年齢 6 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2003/5/5
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 4 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 3 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 0 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 初仔は3歳9月デビュー、2番仔以下はデビューできていません。
【産駒の馬場・距離適性】 初仔はダート短距離です。

◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 重賞戦線で32戦は走りすぎですね。引退直前の4ヶ月で重賞レースばかり5戦しています。それにしては現役引退後、繁殖入りまでに4ヶ月程度と、短いですね。これはかたり疲労感一杯で引退した繁殖ですね。ポテンシャルは相当低いと思いますね。唯一の救いは繁殖適期内ということですね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× トゥルビオン 系
【同系の主な活躍馬】 マイネルハーティー
【本馬のクロス】 ノーザンダンサーの5×5
【牝系の特徴】 5代母デュラニから大きく繁栄している牝系ではありますが、その枝の一つである本馬の系列は思うような良績を残せていません。その中での本馬の母タイキポーラの活躍は特筆すべきところです。
----------
【父アグネスデジタル】
【競走成績】 日香UAEで2~6歳時に32戦12勝。02年最優秀4歳以上牡馬。香港C-GⅠ(芝2000m)、天皇賞・秋-GⅠ(芝2000m)、安田記念-GⅠ(芝1600m)、マイルCS-GⅠ(芝1600m)、フェブラリーS-GⅠ(ダ1600m)、南部杯-GⅠ(ダ1600m)、全日本3歳優駿-GⅡ(ダ1600m)、ユニコーンS-GⅢ(ダ1800m)、名古屋優駿-GⅢ(ダ1900m)、NTV盃-GⅢ(ダ1800m)、QEⅡC-GⅠ2着、武蔵野S-GⅢ2着。
【種牡馬実績】 04年より供用。07年の2歳世代が初年度産駒。コスモビットが未勝利戦(2回福島・芝1200m)を快勝し、産駒のJRA初勝利を達成した。
【2007年種牡馬リーディング】 218 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 10 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 6 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 0 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 6 %、2歳勝馬率 10 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
【種牡馬の寸評】 "まだ、この時点では勝ち馬率が低かったのですが、9/23現在で勝ち馬率が25%まで上がってきています。芝・ダート両方のGIを勝っていますが、特に圧巻はマイルチャンピオンシップ(ダートGI、1600m)、天皇賞秋(芝GI、2000m)、香港C(芝GI、2000m)、フェブラリーS(ダートGI、1600m)の芝・ダートの異なる距離のGI4連勝ですね。こんな芸当ができた馬は後にも先にもこの1頭になるかもしれません。

血統構成を見てみますと、父クラフティプロスペクターは、今やアメリカではノーザンダンサーを凌ぐ父系に発展しており、産駒のファピアノ、ミスワキ、シーキングザゴールド、孫のアンブライドルド、サンダーガルチなどが種牡馬として成功をおさめています。今、一番勢いのある父系のひとつです。産駒はマイルが中心ですが、アグネスデジタルのように中距離をこなす産駒も出ています。スピードの絶対値が高いにもかかわらず十分な持続力を持っている種牡馬と言えます。

一方母系を見てますと、母父チーフズクラウンは、ノーザンダンサーの中でも高速馬場の破壊力抜群のダンジグ系で、産駒の距離は総じて短めですが、一流馬はクラシックディスタンスもこなしています。本馬の母父に当たるリボー系のアレッジドは、凱旋門賞を連覇した名馬ですが、リボー系の血は母系に入って、”タフさ”、”スタミナ”、”底力”など良い競走資質を伝えます。母系の底流には、セントサイモン系Rialtoと、ハイペリオン系Tudor Minstrelと、タフなスタミナ血統でかつ母系に入って良質な競走資質を伝える血が入り、全体的にはスタミナ血統の上に、スピード血統が配合されている非常にバランスの良い母系と言えます。

アグネスデジタルの種牡馬としての可能性には、二通りの考え方ができると思います。ひとつは、父と母父のスピード優先の血の影響を色濃く受け継いでいながら、母系のタフさによって驚異的な”スピード持続力”を発揮したという考え方です。この場合は、産駒成績はそこそこであるものの、マイル-中距離まで距離レンジが幅広く、父に似た芝・ダート兼用の産駒が多くなるでしょう。一方、もうひとつの考え方としては、自身は2000mまで距離をこなせたものの、中身は父クラフティプロスペクターの遺伝資質がそのまま受け継がれたものであるという考え方です。この場合は、走る遺伝資質はかなり高い確率で産駒に伝わるものの、産駒のほとんどがマイラーに偏り、デジタル自身のような距離や、芝・ダートの融通が利く産駒だ出るのは極めて稀だと思われます。現時点の産駒成績だけを見ると後者の可能性が高いですね。いずれにしても、スピードが勝っている種牡馬なので、相手繁殖には、”タフなスピード持続型”か、あるいは”スタミナ”や”粘り”のある血統を求めたいですね。"
----------
【母父トウカイテイオー】
【競走成績】 日で2~5歳時に12戦9勝。91年年度代表馬、最優秀3歳牡馬。ジャパンC-GⅠ(芝2400m)、東京優駿-GⅠ(芝2400m)、有馬記念-GⅠ(芝2500m)、皐月賞-GⅠ(芝2000m)、産経大阪杯-GⅡ(芝2000m)。
【種牡馬成績】 トウカイポイント(マイルCS-GⅠ)、ストロングブラッド(かしわ記念-GⅠ)、ヤマニンシュクル(阪神JF-GⅠ)、トウカイパルサー(愛知杯-GⅢ)、タイキポーラ(マーメイドS-GⅢ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母父トウカイテイオーは、BMSとしては未知数の種牡馬ですね。トウルビオン系パーソロンからシンボリルドルフ、トウカイテイオーとつながり、日本で一時代を築いた血統の出身なのですが、近大競馬ではトウルビオン系というより、三大始祖の一つであるバイアリーターク系そのものが、主流としては残れないくらいの先細り血脈となっていますので、このトウカイテイオーになんとか奮起してもらって、系譜を繋いで欲しいところです。さて、母系は、スピード持続型のボールドルーラー系のChief Singer、その母系にはタフなスタミナに良さがあるセントサイモン系のLe Fabuleuxがいます。母系の底流にはこれも母系に入って良い遺伝形質を伝える”タフなスタミナ”型のリボー系トムロルフがいます。 スピード優先のアグネスデジタルの相手としてはかなりバランスが良い繁殖だと思います。
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 松元茂樹
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 23 位
勝ち数 30 勝、勝率 12.1% 、連帯率 21.0%
主な管理馬 エンシェントヒル

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ ここ数年は20勝後半から30勝台をコンスタントにマークしています。母ビリーヴの管理厩舎でした。他の管理馬ではウインクリューガーがNHKマイル、今年はローブデコルテがオークスを制しました。騎手は所属の金折騎手が多く、その他では福永祐騎手、小牧騎手、安藤勝騎手を多く使います。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:428kg
体高:156cm
胸囲:175cm
管囲:19.4cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体は非常にバランスが良いですね。顔は小さく、首はちょうど良い長さで、首さしも良いですね。肩の角度かた前肢の稼働域は広いのではないでしょうか。背中もしっかりしていて、トモは幅、奥行きとも文句なしですね。飛節から大腿二頭筋にかけて非常に良い筋肉がついています。繋ぎも柔らかく、軽そうな脚元をしています。動きの上々で、サイズも牝馬としてはちょうど良いでしょう。体高があるので、馬体重も450キロは超えそうです。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体から考えても、本来であれば★5つは楽に付けられる馬だと思いますが、繁殖としてのポテンシャルがこんなに低いと、個人的にはあまり強くは推せません。順調にいければ、かなりの成績をだせる血統だし、馬体です。この馬の場合、順調に調教ができて、体質的な弱さが出ないことが、成功するための全てだと言っても過言ではないと思います。
----------------------------

カテゴリー: 86086.タイキポーラの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

86 . ポーラシークエンス(タイキポーラの06)を紹介する。

関連記事

86 . ポーラシークエンス(タイキポーラの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー