Home >  87087.タイキラビリンスの06 >>  87 . イラクリオン(タイキラビリンスの06)

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

87 . イラクリオン(タイキラビリンスの06)

【馬名】 87 . イラクリオン(タイキラビリンスの06)
【由来】Iraklion ギリシャ・クレタ島の都市名。迷宮で有名なクノッソス宮殿が存在する。母名より連想。(ギリシャ語)

【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 フサイチコンコルド
【母】 タイキラビリンス (母父 クレヴァートリック )
【生年月日】 2006年3月24日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンファーム
【募集価格】 1,200 万円(一口価格 3 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 父の産駒らしいゆとりある骨格をベースに、前・中・後と均一な筋肉に覆われた本馬は、内臓面の充実を感じさせる毛艶と張りのある好馬体が特徴です。この手のタイプはコンスタントにレースに臨めるタフさを備えていると言えます。形の良い蹄を土台に窮屈さのない四肢の造りは、全身を使った重心の低い安定したフォームを生み出し、レースでは長く良い脚を使う脚質を持ち味にスリリングな競馬が期待できます。また、人馬に対しても順応性があり物覚えも早いことから馴致・調教がスムーズに進み、将来は芝・ダートを問わない堅実さをステップに飛躍する一頭と言えます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 6 戦 4 勝
【主な勝ち鞍】 河口湖特別(900万下)
【母の馬場・距離適性】 ダート、短距離
【母のデビュー時期】 3歳11月
【母の引退時期】 1998/11/1 (引退年齢 4 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2000/2/21
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 5 ヶ月
【競走年齢に達した産駒数】 5 頭
【中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー時期の傾向】 傾向は特にありませんが、総じて遅いデビューです。
【産駒の馬場・距離適性】 ダート、短距離

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖ポテンシャルは、かなり高いはずですが、産駒成績はさっぱりですね。母は3歳11月と遅いデビューで、しかも6戦だけで引退しました。母は、体質がもともと弱かった可能性が高いですね。それが産駒に遺伝しているのであれば、かなり慎重に検討しなければなりません。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ニアークティック 系
【同系の主な活躍馬】 メジロブライト、メイショウサムソン、ヒシアマゾン、エイシンプレストン、ダイワテキサス、マグナーテン、フサイチコンコルド、ブゼンキャンドルなど多数
【本馬のクロス】 ニアークティックの5×5×4×4、ノーザンダンサーの4×4、ネイティヴダンサーの5×5
【牝系の特徴】 母タイキラビリンスは、その兄弟にクロフネミステリー(6勝)、タイキエニグマ(7勝)がいます。本馬の従兄弟にはナムラビッグタイム(4勝)、タイキメビウス(4勝)がいて、重賞馬こそいないもののなかなか繁栄している牝系と言えます。
----------
【父フサイチコンコルド】
【競走成績】 日で3歳時に5戦3勝。東京優駿-GⅠ(芝2400m)、すみれS(芝2200m)、菊花賞-GⅠ3着。
【種牡馬実績】 98年より供用。01年ファーストシーズンリーディングサイアー。ブルーコンコルド(JBCマイル-GⅠ、JBCスプリント-GⅠ、東京大賞典-GⅠ、南部杯-GⅠ、かしわ記念-GⅠ、同2着、京王杯2歳S-GⅡ、シリウスS-GⅢ、プロキオンS-GⅢ、黒船賞-GⅢ、ガーネットS-GⅢ、フェブラリーS-GⅠ2着、帝王賞-GⅠ2着)、バランスオブゲーム(毎日王冠-GⅡ、中山記念-GⅡ2回、オールカマー-GⅡ、弥生賞-GⅡ、セントライト記念-GⅡ、新潟2歳S-GⅢ、宝塚記念-GⅠ3着、安田記念-GⅠ3着)、オースミハルカ(クイーンS-GⅢ2回、チューリップ賞-GⅢ、府中牝馬S-GⅢ、エリザベス女王杯-GⅠ2着2回)
【2007年種牡馬リーディング】 27 位 (2007/07/29現在)
(勝馬率 16 %)※参考 アグネスタキオン 40%)
(芝勝率 4 %)※参考 アグネスタキオン 13%)
(ダート勝率 7 %)※参考 アグネスタキオン 14%)
(2歳勝率 0 %、2歳勝馬率 0 %)
※参考 アグネスタキオン (2歳勝率 24 %、2歳勝馬率 40 %)
 (3歳勝率 6 %、3歳勝馬率 23 %)
※参考 アグネスタキオン (3歳勝率 16 %、3歳勝馬率 53 %)
【種牡馬の寸評】 "2歳デビュー馬自体が少ないので、2歳のデータは参考外ですね。現役時代の成績どおりの良質な種牡馬であると思いますが、残念なことに日本では今、次から次に新しい種牡馬が内外に誕生してきており、その余波を受けて、この種牡馬に合った繁殖にはあたっているとは言い難いですね。ファーストシーズンリーディングサイアーに輝いたように、本来は2歳から活躍馬を出せる比較的早熟系の種牡馬ではないかと思います。現役時代の体質の弱さもあって、産駒もと不安視されるのもマイナス材料ですね。また、自身がノーザンダンサーの近親配合という点で、ノーザンダンサー系の繁殖が多い日本では相手を選ぶ種牡馬になってしまっている点も障害になっています。これからでも母父サンデーというような繁殖が当たればかなりおもしろい種牡馬だと思いますが、そういう繁殖は人気のある種牡馬にいってしまいがちですので、今後も厳しいでしょうね。

血統的には、父が粘りがあるニジンスキー系カーリアン、母父が重たい芝が得意なサドラーズウェルズです。カーリアンの母系にはタフなラウンドテーブルがいます。母バレークイーンの血統は、それほど個性的ではないものの良質な遺伝資質を伝える血統です。"
----------
【母父Clever Trick】
【競走成績】 米18勝、イリノイダービー-GⅢ2着。
【種牡馬成績】 ビショップボブ(ウィニペグフューチュリティ-GⅠ)、ハーディフ(ニアークティック-GⅠ)、ヴィクトリアストリック(シリーンS-GⅠ)、フォーントリック(トゥルーノースH-GⅡ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "ニアークティックのラインクロスですね。牝系は申し分ないと言いたいところですが、実は血量としては底力アップ系の種牡馬の血が比較的多いという以外は、個性的なものを感じません。逆に言えば、その分相手種牡馬との相性が強く出る繁殖という感じでもあります。

父フサイチコンコルドが、どちらかと言えば重たい種牡馬なので、牝系がこのくらい軽い方が良いのかもしれません。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 梅田 智之
【所属名】 栗東
【2007成績】 リーディング 154 位 (10/29現在)
勝ち数 8 勝、勝率 6.4% 、連帯率 10.4%
主な管理馬 エアセレソン、マチカネメニモミヨ

◆楽天馬の評価◆ ★☆☆☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 今年デビューのトレーナーです。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:436kg
体高:153cm
胸囲:173cm
管囲:19.4cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 △
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 馬体は、バランス良く、測尺も牝馬としては非常に理想的です。首さしから、肩にかけて重苦しさがなく、軽そうです。距離は中距離の肩の角度で、脚もとはすっきりして、繋ぎの角度もかなり良いです。トモは、幅、奥行きとも申し分なく、背中は筋肉が足りない感じで、背タレで、背腰も弱そうですが、調教で変わっていくことを期待したいですね。飛節も力強く、尻尾の周りの筋肉も盛り上がって、いかにもトモにバネがありそうです。 馬体はなかなか良いと思います。歩様は、前脚が若干ブレて遊ぶのがちょっとマイナスです。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母の体質の弱さが、本馬に遺伝していないか、それを見極めないといけませんね。それが本馬の全てのような気がします。
父フサイチコンコルドも、体質が弱かった馬です。そして母もとなると、かなり警戒は必要です。
経験上、こういう産駒の場合、調教が進むと、どこかに何かが出てきて「ああーやっぱり」と思うことがよくあります。
一方で、馬体だけを見ると、実際に何も支障が出ないで無事デビューをむかえそうな感じもあり、その場合にはかなり走りそうですので、この値段なら一丁賭けてみようかなと思ってしまう馬であるのも事実です。
実際に、この牝馬から活躍馬が出るとしたら、この馬ではと思いたくなるくらい、これまでの産駒よりはるかに馬体は良い方に出ましたね。
もう少し様子見して、無事にいけそうならおもしろいのではないでしょうか。今後も牧場のコメントを要チェックですね。"
----------------------------

カテゴリー: 87087.タイキラビリンスの06

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!新着記事

87 . イラクリオン(タイキラビリンスの06)を紹介する。

関連記事

87 . イラクリオン(タイキラビリンスの06)  

募集馬一覧

当サイトは管理人「楽天馬」が収拾した情報を基に製作・運営しているサイトです。キャロットクラブ2007年募集馬に対する出資のご検討にご利用頂ければ幸いと存じます。

なお、内容については、一部間違いがある場合もございます。そのような間違いがあった場合でも、故意に間違ったものではございませんので、ご容赦願いたいと思います。また、そのような場合には、キャロットクラブ及びJRA等の公式サイトにて改めてご確認ください。

本サイトの使用しているクラブ募集馬の写真等は、キャロットクラブの許可をいただいて転載しているものですので、無断で他への転用などをしないようにお願いします。

このサイトの内容に間違いなどが見つかった場合には、コメントにてお寄せ頂ければ幸いと存じます。

RSSリーダー登録!

キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をGoogleに登録

My Yahoo!
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をMy Yahoo!に登録

ライブドア
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をライブドアRSSに登録

はてな
キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!をはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

カテゴリー